TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

雑記

ほんだこんにちは、ホンダです。

その後の平成中村座の写真をご覧ください。できるのが早い!!
IMG_1599

ついでに現場掲示物の写真です。
IMG_1600

小さくで見えないかもしれませんが、
用途は「仮設興行場」
構造は「骨組膜構造」
建築面積は「1823.155」
延べ面積は「2483.792」
階数2です。

とても大きな膜構造の仮設建築物ですね。

ちなみに、看板の前にかかっている枝は、今にも咲きそうな「ソメイヨシノ」です。
うーん・・・不釣り合いだなぁ。。。
 

ほんだこんにちは、ホンダです。

この写真をご覧ください。
 FullSizeRender

これは、たった今建設中の平成中村座です。
別に私は歌舞伎好きじゃありませんが、ご興味のある方はこちらを

あっ、こんな写真だからと言って、構造の話題ではありませんのであしからず。
実は、とっても個人的にですが、怒っているのです。

平成中村座の完成予定は5月らしいのですが、
浅草で5月といえば、なんといっても「三社祭」です。

「三社祭」では、本社神輿が渡御する日曜日〔5/17〕が注目を浴びますが、
前日の土曜日〔5/16〕には、氏子44町会の神輿約100基が集合する、
「連合渡御」という行事が行われます。

で、その100基の神輿が毎年集合する場所に、今年は平成中村座が建築されています。
勘九郎さん!今年、神輿はどこに集合すればいいんでしょう!

御父上の勘三郎さんは、本当に浅草を愛していたし、三社祭も大好きのようでした。
勘三郎さんの時代にも、平成中村座が同じ敷地に建てられましたが、
三社祭りの季節を外していたのを思い出します。

浅草を愛しているのなら、
この時期にその敷地を使ってしまうなんて、
野暮なことはしないと思うのです。

ちなみに、平成中村座の入場料ですが、
松席で14,500円とか。

なんだか、本当に残念です。



 

こんにちは、講師の清田ですせいた

講師業務もろもろでバタバタしてまして、すっかりご無沙汰しておりました

さて、今日は私の趣味の1つである「料理」の腕前?を少しご紹介します。
料理するんですか?意外!よく言われます・・・
簡単で、とっても美味しい「男の料理」ですよ

今日ご紹介するのは、「アクアパッツァ」です
アクアパッツァ02



何ですか?それ?と言う方のために
魚介類をトマト、オリーブオイルなどで煮込んだ、イタリアン料理です
先日、とっても新鮮な鯛が安く手に入ったので、久しぶりに作ることに!
お店で食べると高いですからね


作り方はとっても簡単。
新鮮な魚介類とミニトマト、ドライトマト、オリーブ、ローズマリーなど材料を入れてオリーブオイルで炒めるだけ(笑)
アクアパッツァ01


皆さんも建築士の試験勉強や仕事に疲れたら、気分転換にぜひ作ってみてください
とても簡単で、美味しくて、そしてオシャレですよ

皆様、明けましておめでとうございます。
ホンダですほんだ

午年の新年につき、富士とポニーの写真などいかがでしょうか。
写真

あっという間に三が日が過ぎ去りましたね。
この三日間で飲んだアルコールの種類と総量を考えるとゾッとしますが、そろそろ正月気分から抜け出さないと。

今年はソチのオリンピックやらワールドカップやら国際的な大イベントが目白押しですが、
建築士受験生の皆様は年末の合格という吉報に向けて、一気に突っ走りましょう。
皆様にとって、最高の1年になりますように。

ほんだこんにちは、ホンダです。
今回紹介するのは、「井澤 真悟」講師いざわです。
井澤先生は、某有名建築家のアトリエ系事務所で修業をした一級建築士で、その後教育業界に入ってから15年程の経験を有しています。

そのころの彼は見事なまでの好青年。弁舌爽やかで知見も深く、頭髪も豊かで、まさに将来のTOP講師候補でした。
ところが、ある日突然、頭を丸めてきたのです。
何か悪い事でもしたのかな、と思って聞いたところ、ただの心境の変化と言われ、微妙に信じられませんでした。
でも真実、たいした理由はなかったようで、その思い切りの良さに感心した覚えがあります。

本人はけっこう気に入っているようですが、客観的には怪しい風貌となり、奥様にも「そんな人と結婚した覚えはない!」と罵倒されたとか。
いろいろ苦労しちゃうタイプなんですね。

そんな彼は和弓の有段者で、今でも毎週数回弓の練習を続けています。
和弓は的に当てること以上に、弓を引く際の立ち居振る舞いが重要らしく、まさに弓道という芸術の道であるそうです。
まぁ、なんとなく、確かに弓を射る姿は似合いそうですが。

TACでは計画や環境設備のテキスト等を執筆するほか、講義では学科の全科目を担当し、受講生から厚い支持を受けています。
受講生を合格させようとする熱意も強く、自身の知識向上にも貪欲です。

うーん、この紹介を描く前に、いろいろとプレッシャーをかけられ、ちょっと筆が甘くなっちゃいました。
書きたいことを書けない、欲求不満な講師紹介でしたが、ご勘弁を。


↑このページのトップヘ