TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

雑記

井澤です。 いざわ

下町紹介ならぬ地元紹介になりますが、私はひばりヶ丘に住んでおりまして、近くに「ひばりが丘団地」があります。
日本住宅公団(現UR都市機構)のマンモス団地の先駆けとして有名ですが、老朽化により立て替えが進み、今ではストック再生実証試験のほうでも有名になっており、1級建築士試験でも平成24年に計画No.11で次のような出題がありました。

問題 『ひばりが丘団地(東京都東久留米市)は、解体せずに再生・活用する技術的手法を検証するため、解体予定の住棟を用いてストック再生実証試験が行われた団地である。』

これは正しい記述です。
解体(スクラップ&ビルド)ではなく改修(リノベーション)というわけです。ストック対策は社会的に重要性が高まっており、建築士試験でも重要テーマとして出題が増えています。
下の写真は躯体だけを残して開口部や手すり等が撤去された状態です。

hibari
 

さて、今年の2級建築士「構造」No.19で次のような出題がありました。

問題 『建築物の最上階又は最上階から複数階を撤去する改修は、建築物の重量を低減できるので、耐震性の向上に有効である。』

これも正しい記述です。
地震力は、建築物の重量に地震層せん断力係数を乗じて求めることから分かるように、建築物の全体の軽量化は、耐震性の向上に有効なわけですが、このような「減築」の事例にどのようなものがあるかを調べてみたら、これまた「ひばりが丘団地」が先駆けでした。
下記、UR都市機構ホームページをご覧ください。

http://www.ur-net.go.jp/rd/rn1/technical/

http://www.ur-net.go.jp/rd/rn1/technical/pdf/07.pdf

 

こんにちは!
事務局のヤマザキです。 やまざき



 試験合格に絶対必要なもの、それは「時間」です

教材があっても、やる気があっても、
そもそも勉強する時間がなくては、何もはじまりません。

a0002_005753



特に社会人の方は、意識して「勉強する時間をつくる」ことが重要です。

まとまった時間をとれなくても、方法はあります。

毎日の生活の中で、勉強に使える「スキマ時間」を見つけてください。

些細な時間でも、継続して積み上げれば、少なくない勉強時間になります。



こうしてせっかく確保した勉強時間も、
有効的に使わなくては意味がありませんよね。

そこで役立つツールの1つが「学習計画表」です。

TAC出版のWebサイトでも、無料でダウンロードできます(PDFとエクセル形式)。

個人情報の登録も不要ですよ

⇒ TAC出版Webサイト「Cyber book store」はこちら



試験日から逆算して、専門校のカリキュラムなどを参考に
「どの項目」を「いつまで」に終わらせるか、学習計画表に書き込みます。


あとは、自ら立てた計画どおりに学習を進めるだけです。

もちろん、実際に進んだ学習内容も記録しておきます。



当然、計画どおりに勉強が進まないこともあります。

そのときは、ムリのない範囲で学習計画を見直してください。

計画変更にも対応できるよう、日程に少し余裕を持つこともポイントです。



これって、実際の仕事の管理と全く一緒ですよね

試験勉強を通じて、時間管理(タイムマネジメント)も身についてしまいます。

最終的なゴール=合格に向かって進んでいるか常に意識し、
貴重な時間を有効的に管理・運用してください!

時間を制して、試験を制しましょう


⇒ 皆さまの試験合格を応援しています!TAC建築士講座はこちら

こんにちは、ホンダですほんだ

試験が続いたりで、しばらくぶりの下町紹介です。

私が子供のころ、浅草の六区にはたくさんの映画館がありました。
東映、東宝、松竹の常設館があり、
その他にいわゆる3本立て名画座系のトキワ座、電気館など、10件近くあったと思います。

また、現在JRAの場外馬券場となっている敷地には、
「新世界」というアナーキーなレジャー施設があったり、
花やしきも当時は入場無料で、入口の前の見世物小屋では、
「オオイタチ」や「ろくろっ首」とかやっていたのを覚えています。

ビートたけしさんが修行をしていたフランス座や成人映画専門の映画館の前には、
子供心をドキドキさせる宣伝用のペンキ絵があって、いつも横目で見てました(笑)
ちなみに、ビートたけしさんは、高校の先輩でもあります。

ところが、現在の六区は、映画館がゼロです。
ボーリング場等も取り壊され、大型の再開発でごらんのとおりです。
IMG_1014

大型の量販店やホテル等が建設されるようですが、
新しい浅草らしい風景が生まれるといいんですが。。。

ちなみに、雷門の前には隈 研吾さんの設計した浅草観光センターがそびえ、
新しい浅草の風景になりつつあります。
IMG_1025

古いものがいいとはいいませんが、
個性的な浅草でいて欲しいと、つい思う昨今です。




こんにちは、ホンダです。ほんだ

東京復活大聖堂って知ってますか?
そう、御茶ノ水のニコライ堂のことです。

日本では数少ないビザンティン様式の教会建築で、
国の重要文化財に指定されている石造りの平家建て建物です。

実は、母の付き添いでニコライ堂の隣にある井上眼科に行き、
長~い待ち時間に飽きて、11階から外を見たらこんな感じでした。
ドーム形の屋根の緑青がきれいですね。

IMG_0982

上からだと分かりにくいかもしれませんが、
屋根の突端には十字架が飾られています。


ここから徒歩1分で聖橋、橋を渡ると湯島聖堂があります。
江戸時代に昌平坂学問所として用いられていたものです。
これも立派な建物で、孔子や孟子が祀られています。

http://www.seido.or.jp/


さだまさしさんの「檸檬」という曲の冒頭に、
「あの日、湯島聖堂の石の階段に腰掛けて・・・」
というくだりがありますが、
私は湯島聖堂をこの曲で知りました。


湯島聖堂を出て2分で神田明神です。
江戸三大祭で有名な神田祭でおなじみですね。
今年は本祭りが4年ぶりに行われました。

http://www.kandamyoujin.or.jp/


本殿は国の登録有形文化財となっていて、
ここの本社神輿はかなり大きい!


湯島聖堂も神田明神も関東大震災で消失し、
RC造で復元されたものです。

でも、御茶ノ水の駅から徒歩5分圏内にこんなに素晴らしい
建物があるんです。


えっ?ここらが下町かって?
神田といやぁ下町でしょ~

こんにちは、ホンダですほんだ

やたらに早く梅雨が明け、連日猛暑ですね。
うちのフータ(ミニチュアダックス)とシマ(トラねこ)も、
エアコンが欠かせません。

IMG_0063

IMG_0055

間抜けなフータと小賢しいシマは、犬と猫ながら、トムとジェリーのようです。

トムとジェリー知ってますよね? 
間抜けなネコのトムと小賢しいネズミのジェリーが活躍するアニメです。
うちのフータも、シマにちょっかいを出して、いつも叱られています。

ただ、シマは暑い夏が苦手で、
ここ何年か、夏場になるとげっそり痩せてしまい、
今年はついに自分で餌を食べれないようになってしまいました。
 ※ 上の写真は元気な頃のものです。

シマは、もう18歳ほどになるので、かなり高齢なおばぁちゃんです。
今年の暑い夏を乗り切れるか心配ですが、
頑張ってほしいなぁ。



↑このページのトップヘ