TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

雑記

こんにちは、ホンダですほんだ

二級の学科試験が終わり、少し落ち着いてきたようです。
今年の問題は例年になく難易度が高く、科目別の基準点や総合点について、
補正されるか否かが注目されています。

近年、二級の学科試験では、総合点60点の基準が補正されたことはありませんが、
一級では、新試験になった第1回で大きく補正されていますから、
その可能性は十分にあり得ると考えられます。

一方、二級はもともと基準が6割と低く、
これを引き下げると試験の妥当性という点で批判を受ける可能性があること、
また、このあと設計製図という二次試験があるため、
最終的な合格者数は、そこで調整できるという考え方があります。

以上から、総合点の補正については判断しにくいところですが、
計画以外の3科目の難易度から、ある程度の合格者数を確保するため、
多少は補正されるのではないかと個人的には予想しています。
 ※あくまで個人的見解です。

60点から数点満たない受験生にとって、辛い日々が続きます。
製図学習について、気が入らない気持ちもよくわかります。

しかし、おそらく来年の設計製図も木造課題と思いますので、
今年の勉強が全く無駄になるわけではありません。
独学にせよ、スクールを利用するにせよ、
そういった方も、製図学習をスタートさせるべきでしょう。

それにしても、国家試験では、こういったことがよくありますね。



こんにちはホンダですほんだ

おそらく浅草寺を知らない方は少ないと思います。
今でもハトバスツアーの定番ですし、三社祭や初詣など、
イベントも数多い東京の観光地です。

その浅草寺グループ(?)が経営している幼稚園(私の出身園です)の隣に、
伝法院という浅草寺の本坊があります。
ここのお庭が素晴らしいんです。

江戸時代に小堀遠州という人が作庭したと言われる廻遊式庭園で、
中心の池、茶室、つつじ、枝垂桜などが、素晴らしいバランスをとっています。
写真 (4)

こんな風景が浅草にあるなんて、
地元でも知らない人が少なくありません。

遠景の五重塔も、RC造とは思えない風情です(笑)
また、ちょっと角度を変えるとスカイツリーがドーンと。
写真 (5)

実は、この庭園は普段は閉鎖していて、
春先からゴールデンウィークまで、開放していました。
たぶん、来年も開放すると思いますので、是非お勧めします。

この庭園の裏側には、伝法院通りという商店街があり、
とても浅草らしい風情をみせています。

写真 (6)

先日、会社帰りに何気に撮ったものですが、
映画のセットのようですね。
ここは絶対に夕刻がお勧めです。



ほんだこんにちは、ホンダです。

取り壊し工事が始まっている同潤会上野下アパートに行ってきました。
1929年に建てられたRCの集合住宅で、最後まで残っていた同潤会アパートです。
同潤会2

当日は、平日の夕方でしたが、様々な人が撮影にきていました。
私もスマホで撮影していたら、近所のおじさんから、突然「寂しくなるよなぁ~」と話しかけられました。

同潤会1

ごらんのとおり、既に仮囲いで立ち入りはできず、取り壊しの準備が進められていました。
実は、比較的自宅に近いため、数十年前からたまに横目で見ていたのですが、いつまでも変わらない形で維持されていたんですね。

このアパートの裏には「寿湯」という銭湯が有ります。
知る人ぞ知る銭湯で、上野駅から徒歩10分程度の場所にもかかわらず、広めの露天風呂や薬湯、サウナなどがあるんです。

入浴料450円でゆっくり下町の風情を感じることができます。
タオルセット50円なので、手ぶらで行けますよ。
http://www7.plala.or.jp/iiyudana/

同潤会の反対側には、スカイツリーが見えました。
写真 (3)






↑このページのトップヘ