TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

本試験情報

こんにちは、講師の清田(セイタ)ですせいた

本日、平成30年の二級建築士設計製図試験の課題が発表されました。

課題から読み取れることを、どこよりも早く、速報としてお伝えします!


■平成30年二級建築士「設計製図の試験」の発表課題

---------------------------------------------------------------------------------
「地域住民が交流できるカフェを併設する二世帯住宅」
 鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3階建て

◆要求図面
  1階平面図兼配置図[縮尺1/100]
  • 2階平面図[縮尺1/100]
  • 3階平面図[縮尺1/100]
  • 立面図[縮尺1/100]
  • 断面図[縮尺1/100]
  • 部分詳細図(断面)[縮尺1/20]
  • 面積表
  • 主要構造部材表
  • 計画の要点等

(注)答案用紙には、1目盛が5ミリメートル(部分詳細図(断面)については10ミリメートル)の方眼が与えられている。
-----------------------------------------------------------------------------------

■課題の分析■

1.「鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3階建て」について

予想どおり今年はRC造でした。

なお3階建ての要求は、前回のRC課題(平成27年)に続いて2回連続の出題となります。

この文末に類似課題である平成
21年本試験のTACオリジナル答案例を掲載しましたので、RC造3階建ての作図内容等の参考にしてください。

 

2.「二世帯住宅」

二世帯住宅(親世帯、子世帯(夫婦、子供)が共に住まう住宅)で、居間・食事室・台所、浴室、洗面などを共用するのか、あるいは別に設けるのか、で計画は大きく変わります。いろいろなパターンを学習する必要がありそうです。

 

3.「地域住民が交流できるカフェ」

地域住民が気軽に集い、コミュニケーションがとれる「コミュニティカフェ」と呼ばれるカフェがあります。カフェとして飲み物や軽食を食べられるだけでなく、地域社会の中での「たまり場」として、地域の人が作った作品を展示するための「展示スペース」や作った商品を「販売するスペース」があったり、あるいは地域交流のためのイベントやワークショップを行ったりなど、そのためのスペースも大いに考えられます。つまり、カフェ機能+地域コミュニティの核としての機能が求められるでしょう。


そして、これまでの試験でよく出題されてきた、店舗などの「併用住宅」ではなく、「併設」というキーワードがポイントです。「併用住宅」では、店舗を経営する人は、主に建物の住人ですが、今回は「併設」とあるので、カフェを経営するのは建物の住人ではない可能性が高いと考えられます。
その場合、住宅とカフェの管理区分を考慮した、ゾーニングや動線計画が求められるのではないでしょうか。

 

4.計画のポイント

上記のキーワード「二世帯住宅」、「地域住民が交流できるカフェ」において、計画上の大きなポイントは次の3点が考えられます。

●二世帯の共用と分離

・二世帯が共用する空間・分離する空間のパターンに応じた、ゾーニングと動線計画

●バリアフリー

・親世帯に配慮し、段差や通路幅員、エレベーターなどのバリアフリーに配慮した計画

・カフェを利用する幅広い年齢層の客(高齢者~妊婦、乳幼児など)にも使い易い、バリアフリーに配慮した計画(ユニバーサルデザイン)

●カフェと住宅の動線計画

・カフェと住宅について、敷地外から玄関までのアプローチをどう計画するのか

・建築物内では、カフェと住宅について1~3階までの縦動線(階段およびエレベーター)をどう計画するか

 

5.要求図面について

要求図面について注目すべきは、「部分詳細図(断面)〔縮尺1/20です。木造課題では、近年の定番として出題されていますが、RC造で部分詳細図が求められたのは、今回が初めてでしょう。なお、だいぶ前の試験ですが、平成10年以前においては「矩計図(かなばかりず)」の要求があったことがあります。

「部分詳細図(断面)」とは、「部分的な矩計図」です。次の3つの部分の部分詳細図のどこが出題されるのか試験当日まで分かりませんので、全ての練習が不可欠です。

●基礎部分

●2・3階床部分

●屋根部分

なお、これまでのRC課題で要求されていた「仕上げ表」については要求図面からは外れましたが、部分詳細図内に仕上げ名称を記入することになるので、主な仕上げ材料名は覚える必要があります。

 

6.近年の出題傾向を踏まえた受験対策を

近年はサプライズがなくオーソドックスな出題となっています。

消化しきれないほど多くの課題を解くことははっきり言って遠回りです

厳選された良問をしっかり消化すること。これが合格の秘訣です

 

――――――――――――――――――――

以上、課題から読み取れることを速報としてお伝えしました。

 

■TACの二級建築士設計製図コースについて■

TACの二級建築士設計製図コースは7課題です。

厳選された課題であれば7課題で十分合格できます

無理なく無駄なく合格しましょう

 

試験対策としては、まずは作図です。

お申込みをされるとすぐに作図練習セットが届きます。設計製図試験から受験される方は今から作図練習をしておきましょう。

講義の中でも作図の仕方から丁寧に指導していきますので、初受験の方も安心してくださいね

 

●TAC二級建築士設計製図コースのHPはこちらです。

https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_crs_2kyu_16seizu.html

定員がありますので、お申込みはお早めにお願いします。

 

●二級建築士「課題の概要説明会」を、なんと本日実施いたします

渋谷校  6/6(水)190020:00

どこよりも早くやります!そして、しつこい勧誘もありません。

奮ってご参加ください。

一緒にニ級建築士を勝ち取りましょう!

 

 

■参考図面■

以下は、平成21年本試験「商店街に建つ陶芸作家のための工房のある店舗併用住宅〔鉄筋コンクリート構造(ラーメン構造)3階建て〕」
H21-2Q製図-オリジナル答案例









いざわ
井澤です。

受験生の皆さんへ

受験経験者の方で、インターネットによる受験申込をされる方、もう受付しましたか?

416日(月曜)16時までですよ。(平成30年受験)
インターネットによる受付期間は、一級建築士も二級建築士も一緒です。

なお、一級建築士では、
・郵送による受験申込の受付は、416日(月曜)~51日(火曜)
・受付場所における受験申込の受付は、510日(木曜)~514日(月曜)(土・日曜日を含む)です。
・設計製図試験のみの方もこの期間に忘れずに申込みをしてくださいね。

さあ、ギアを一段上げて、試験勉強に励みましょう!




ほんだこんにちは、ホンダです。

本日、2017年一級建築士 設計製図試験の合格発表がありました。

実受験 8931人(前年比+278人)
合格者 3385人(前年比-308人)
合格率 37.7% (前年比-4.7ポイント)
ランクⅠ 37.7% ランクⅡ 21.2% ランクⅢ 29.9%   ランクⅣ 11.2%

以上の結果でした。合格率で40%を切ったのは過去5年ではなかったことです。
課題自体の難易度も高かったうえ、結果的にも狭き門の試験ということになりました。

まずは、合格者の皆様、心よりお祝いを述べさせていただきます。
皆様の努力が実を結んだ結果です。本当におめでとうございます。
 ※ TAC生の皆様は、1月8日の祝賀会場でお待ちしています。是非ご参加ください!

残念な結果に終わった皆様、この年末年始は結果を忘れましょう。
そして、お正月明けから、次年度の合格に向けて対策を考えてください。

TACは、がんばる皆様を全力で応援いたします!




 

かんべこんにちは、カンベです。

※第一報から、更に分析をして一部更新するとともにプランをアップしました。

設計課題「小規模なリゾートホテル」

 

 今年度の課題は、細かな条件の指定が多く、問題条件を読み取ることに苦労した方も多いと思います。結果として、難易度の高い試験であったと思います。その要因として、大きく次の2点があげられます。

 

 配置図については、平面図兼用配置図の出題でした。南傾斜の敷地で、北道路の設定は順当な出題でしたが、「車回しが12m円内接の条件」から北西部分に大きなスペースを計画しなければならず、建築物の計画が一部L型となるなど、配置計画に大きな影響を与える条件でした。

 

 次に、客室の配置計画が非常にむずかしい課題だったと思われます。「全居室を明峰(東南方向)や湖の眺望に配慮する」という条件から、北側配置は避けるべき条件でした。そのため、客室の配置については、最良景観の東側及び南側、それに準ずる西側(湖の眺望が得られる)に限定されました。客室数を確保するためには、「間口心々4m以上」の条件から、スパンを二つ割りの計画とし、8m×6mのグリッド計画とするか、又は6m×7mのグリッドとするならば、1階に一部の客室を南側に配置するなどの対応が必要です。

 

〔課題の概要〕

.建築物の規模について

 今年の延べ面積は、順当に計画すると上限2,800㎡程度の計画となり、かつ、屋内利用のピロティは面積に算入することから、面積調整に注意が必要な課題でした。一方、建ぺい率60%の条件については、車回しの計画があることから特に計画上厳しい制約にはならなかったと考えられます。

 

.アプローチ計画について

 アプローチは、北側道路であり、「車回しから西側共用駐車場へのアプローチができるようにする」との条件から、車回し、車寄せ及び駐車場の配置は、敷地の北西配置が妥当で、共用駐車場への車と人の車路及び歩行者通路の計画が求められます。サービスアプローチは、北東側又は北西側のいずれかとなります。

 

.屋外スペースの計画

 リラクセーションスペースは、湖側の地上に50㎡以上の出題でした。5m×10m程度のスペースがあれば、配置計画に影響する規模ではなかったと思います。配置については、「名峰や湖の景色を楽しむ」条件から、東南の位置が最適です。特に、浴室とトレーニングルームとの動線に配慮する条件でしたので、浴室とトレーニングルームの設置階は地下1階と考えられます。

 

【TACオリジナルプラン 6×7グリッド

本試験プランスキャン1 


.課題の特色に係る要点の整理

①バリアフリー法に規定する特別特定建築物の計画

 特に留意すべき点として、車いす使用者用客室である客室Bは、便所浴室ユニットの寸法を2m×3mとし、室内に1.5mの転回スペースを設けるほか、扉を引き戸にし、段差を設けない計画が求められます。

②パッシブデザインを積極的に取り入れた計画について

 要求にはありませんでしたが、積極的に、積極的に吹き抜けを設け、勾配屋根を活用した天井高さ、空間構成、自然採光や通風経路の確保がプラス評価につながる課題です。

③斜面地に考慮した計画について

 斜面地の高低差を活用した、地下1階の階高を4mとする計画となります。また、斜面地部分に関し、良好な地盤である北側平坦部分は出来るだけ造成を最小限にとどめて、南側の軟弱地盤を造成し、地下1階を計画するのが妥当なところです。したがって、地下1階のスパン割は、南北2~3スパンの計画が最も適切です。

④車回し、車寄せ、駐車場の計画について

 北側のエントランス部分については、車回しが12m円内接の条件であったことから、北側道路から最低14m(車回し12.5m+歩行者通路2.5m)後退させた位置としなければならない条件です。

 

.ゾーニング・動線計画について

①地下1階について

 ・地下1階の構成としては、屋外のリラクセーションスペースと関連付けて、浴室(260㎡)及びトレーニングルーム(100㎡)を配置し、その他機械室(電気室70㎡+機械室140㎡)を設けるのが妥当なところです。

 ・空調機械室は約30㎡~40㎡程度必要となりますが。地下1階に設けられない場合は、1階に計画することも考えられます。

 ・浴室については、露天風呂が要求されましたが、上部階からの傍観に配慮してピロティ形式で計画するのが適切です。その場合、「屋内用途等に供するピロティは、床面積に算入する」との課題条件ですから、床面積に算入し、かつ浴室の要求面積に含めます。

 ・地下1階は通風経路の確保や自然採光の確保が難しいことから、余裕があれば吹抜を積極的に取り入れた計画が望まれます。

②1階について

 ・1階は、エントランス、ラウンジ、地域ブランドショップ、レストラン、コンセプトルーム(ワークショップ等ができる多目的室と考えておいてよいでしょう)及び管理部門を計画しなければなりません。

 ・コンセプトルームは、設計条件から、その体験を通して「地域住民との交流」が条件ですから、なるべくアクセスしやすいエントランス近くが望ましいと思われます。

 ・北側に設けるエントランスホールは、パッシブデザインに配慮し、出来るだけ吹抜けを計画するなど明るく開放的にすることでより良い計画となります。

 ・レストラン厨房へは管理側動線の通用口からアプローチさせるか、又はそれとは別に外部から直接アプローチさせるかのいずれかとして、食材の搬入やゴミ出しに配慮しなければなりません。

 ・レストラン客席は、名峰や湖を臨む側に配置しなければなりません。

③2階について

 ・先述のように、全室眺望側に客室を配置する点が、この課題を最も難しくしている要因です。8mスパンの二つ割りとした計画として客室を2階だけで計画するか、又は6mスパンで計画する場合は、一部の客室(車いす使用者用客室B2室)を1階に配置する計画が考えられます。

 ・二つの直通階段に至る歩行距離、及び重複距離の図示が求められました。直通階段の一つに至る歩行距離は、50m(最長60m)、重複距離は25m(最長30m)です。2階の計画は、L型配置となりますので、直通階段に至る歩行距離の規定に十分注意しなければなりません。歩行距離又は重複距離に難があるようであれば、屋外階段を計画して対応することができます。

 

.パッシブデザイン及び設備計画について。

 ・計画の留意点で、太陽熱、地中熱、井水の自然エネルギー利用がうたわれています。

 ・太陽光発電だけでなく、太陽熱集熱パネルを利用した給湯設備とすることができます。

 ・空調設備は、「外気処理空調機+ファインコイルユニット方式とする」と指定されました。すなわち単一ダクト方式で給気・還気し、各客室にも冷温水を送り、パーソナル空調する方式です。空調機械室から各階へのDSの計画が必要です。空調負荷を低減するために、アースチューブを利用した地熱利用システムを採用することが有効です。

 ・給水設備への井水利用などがあげられます。

 

 

.構造計画について

 地盤条件については、片側土圧・水圧が作用し、南の一部が軟弱地盤であることから、滑動抵抗が高く、軟弱地盤の不同沈下に配慮して、根入れ2.5m(軟弱表土の深さ)程度のべた基礎とした計画が順当なところです。

 
【TACオリジナルプラン2 8×6グリッド】
10_08


以上、平成29年 一級設計製図試験の講評です。

 

こんにちは、シミズです。

本日、2017年一級建築士学科本試験の合格発表がありました。

実受験者数 26,923人(前年26,096人)
合格者数       4,946人(前年4,213人)
合格率       18.4%(前年16.1%)

このように、対前年で合格率は2.3ポイント増加しました。
合格基準点は、学科Ⅰ(計画)11点、学科Ⅱ(環境・設備)11点、学科Ⅲ(法規)16点、学科Ⅳ(構造)16点、学科Ⅴ(施工)13点、総得点87点でした。

各問題の正解番号はTACが当日18:31に更新したとおりでした。

さて、合格した皆様、本当におめでとうございます。設計製図試験が近づいていますが、一気の合格を目指して頑張ってください。

また、残念な結果に終わった皆様、気持ちを新たに次年度に向けてがんばりましょう!

↑このページのトップヘ