TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

本試験情報

井澤&佐藤です
いざわsato2

昨日、一級建築士設計製図試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした。
台風19号の混乱や不安のなかで受験された方も多かったのではないかと思います。

南北方向の縦長敷地で、敷地面積、建蔽率が小さく、短辺側の一面道路という敷地条件、さらに、スパン割りを工夫しないと計画がまとまりにくいという点で、難しい課題だったと言えます。
問題用紙は昨年に引き続きA2サイズで、計画の要点等の最後まででA3サイズを超えるという非常に長い課題文でした。

第一報のプランをUPします。

TAC plan 191014


今年の課題の主な特徴は次のとおりです。

1.敷地の特徴
① 南北方向の縦長敷地
南北方向に縦長の敷地のため、難易度が高くなっています。
② 敷地面積、建蔽率、床面積の合計が小さい
敷地が32m×48mと小さく、建蔽率が60%であるため、建築面積の上限は921.6㎡となります。
床面積の合計も2,000㎡以上2,400㎡以下と小さく、多目的展示室と屋上庭園の面積を過剰に計画すると床面積の合計の下限に近い計画となり、計画が難しくなります。
③ 短辺側の一面道路
短辺側の一面道路から、利用者のアプローチ、管理者のアプローチ、搬入トラックのアプローチを計画する、難易度が高い課題です。

2.スパン割りに工夫が必要
課題文の指定により設置階は迷わずに決められますが、スパン割りによって、各階の計画しやすさに差が生じます。
多目的展示室(200㎡以上)を7m×7mスパンで計画し、上部を屋上庭園で計画しようとすると、面積が過剰になり、他の部分の計画を窮屈にさせます。8mスパンを活用するのが有効です。

3.床面積の指定が複雑
「○○㎡以上(多目的展示室、創作アトリエなど)」と「約○○㎡」の違いのほか、「各展示室には「前室」及び「倉庫」を設ける。各展示室の床面積には、前室及び倉庫を含まないものとする。」の指定にも注意が必要です。

4.(短辺/長辺)の指定
多目的展示室、吹抜けでは「短辺/長辺を1/2以上」と指定され、屋上庭園では「10m四方以上」と指定されました。細長い形状は明確な減点となります。

5.屋上庭園
樹木を植栽するため、客土(きゃくど。外から搬入した土。)厚さ500㎜の部分を100㎡以上確保し、庭園内の通路と客土の上端を同レベル程度として計画することが求められました。

6.展示室への搬入経路の確保
計画の要点等(2)において「展示物等の移動に配慮した、荷解き室の搬入口から各展示室までの動線について考慮したこと」が求められましたが、多目的展示室、展示室A、B、Cの計4つの展示室すべてに利用者動線と交差しない搬入経路を確保することは難しい設定です。

7.補足図記入欄の図示指示
計画の要点等の(6)冷房時の日射負荷抑制、(7)屋上庭園の断面の構造等計画、(10)多目的展示室の空調用吹出し口の設置位置において、今年は補足図記入欄を必ず描くように求められました。例年「補足してもよい。」とグレーに表現されてきた部分です。

8.その他
① 地盤条件については「地盤は良好であり、杭打ちの必要はない。」という条件だけでした。
② バリアフリー法の「円滑化基準を満たすものとする。」と明記されましたが、「円滑化誘導基準」を満たした計画のほうが評価は高くなります。
③ 「「美術品収蔵庫」、「燻蒸室」、「修復作業室」を計画する必要はない。」と明記されました。
④ 「屋内ゴミ保管庫」が要求されました。
⑤ 「ポンプ室」が要求されました。給水方式は水道直結増圧方式を想定したものになります。「多目的展示室専用の空調機械室」及び「ポンプ室」以外は、すべて屋上設備スペースに設ける条件です。
⑥ トラックヤードが「2tトラック(6.2m×2m程度)が駐車できるものとし、荷解き室の搬入口に近接して設ける。」と要求されました。トラックの大きさが6.2m×2m程度なので、トラックヤードのスペースとしては6.5m×3m程度は必要です。

――――――――――――――――――――
長時間にわたる試験、及び、長きにわたる受験勉強、誠にお疲れ様でした。
果報は寝て待て、です。
しばらくはゆっくりと休んで下さい。
本当にお疲れ様でした。

――――――――――――――――――――
◇◇お知らせ◇◇
「無料セミナー開催」
TAC建築士講座では、建築士受験に役立つ様々なセミナーを実施しています。
セミナー終了後には個別受講相談もお受けします!
詳細はこちらから

――――――――――――――――――――





はじめに、このたびの台風19号の影響により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

一級建築士製図試験が中止になった地域の受験生や、
台風の影響を理由とする欠席となった受験生は、
再試験について不安を持っていることと思います。
再試験の実施予定については、建築技術教育普及センターのHPで告知されるとともに郵送で通知される予定です。


過去には、
① 平成26年一級建築士設計製図試験では、
台風の影響により沖縄県の試験日が10月12日予定から翌年1月11日に延期されました。
② 平成30年二級建築士設計製図試験では、
地震の影響により北海道の試験日が9月9日予定から11月4日に延期されました。この際には9月14日に郵送で通知、9月19日にHPで告知されています。

再試験までのTAC受講生に対するサポートについては、
再試験の実施予定等を見て判断し、後日ご案内いたします。

一級建築士製図試験が中止になった地域における検証講義は行いませんので、ご了承ください。






井澤ですいざわ
いよいよ日曜日13日は決戦の日、一級建築士設計製図試験日です。
台風19号が予断を許さない状況ですので、試験勉強に加えて、次の対策をご検討ください。

1.建築技術教育普及センターのHPを注視してください。
2.試験当日に製図板が濡れないような大きな袋、タオル、着替えなどをご用意ください。
3.試験会場が遠い場合は、試験会場近くでの前泊などもご検討ください。

様々な困難を克服して合格を勝ち取り、「武勇伝」を作りましょう!





seita2
講師のセイタです。昨日の速報に基づいた講評です。

令和元年の二級建築士設計製図試験の課題は、驚くほどのサプライズの要求条件はありませんでしたが、「既存樹木」が建物の配置に大きな影響を及ぼし、多くの受験生がプランに苦戦した模様です。



また外構についても、既存樹木、屋外テラス、駐車スペース2台、駐輪4台、屋外スロープなど要求のものを置くと、ほとんど余りのスペースがない状態で、屋外スペースの制約も厳しく、プランニング力が問われた試験であったと言えるでしょう。

 

以下に今年の設計製図試験のポイントを示します。


●既存樹木について

 今年の課題のキモとなった「既存樹木」。既存樹木の条件は過去にもよく出題されていますが、建築物の配置にここまで影響のある既存樹木は初めてでした

「既存樹木を活かした外構計画」といった条件や、敷地に余裕がなかったことから屋外テラスを既存樹木の部分に計画したほうがまとめ易かったと考えられます。

この部分に建築物や駐車、駐輪スペースを計画した場合は、失格または大きな減点となる可能性があります 
当然、建築物の外壁だけでなく、庇なども樹木にかかってはいけません


2019-2Q製図-課題2-敷地図
【↑TAC課題2の既存樹木】

 

●バルコニーの出題

 意外なことですが、試験として「バルコニー」は今回初めての出題でした。奥行き910㎜、幅1,820㎜以上、かつバルコニーは床面積には含めないという条件でした。

 →奥行き910㎜であれば建築面積にも算入されません

2階平面図にバルコニーを記入したら、立面図など他の図面と整合をとる必要があります

→床梁を910㎜延ばして片持ちの形でバルコニーを作る場合は、伏図についても記入が必要です。ただ、アルミ製の外付けバルコニーもあるので、文言でその旨を明記しておけば、伏図にバルコニーの記入がなくても良いのではないかと考えます。

TAC課題6インナーバルコニー
【↑TAC課題6のバルコニー】

 

●外壁の仕上げを乾式工法とする条件、踏面の寸法指定

この2つの条件は、平成29年(2年前の木造課題)で出題された条件と全く同じ設定条件の出題でした。これらは今後もスタンダードな条件として出題される可能性があるでしょう。

 

●部分詳細図

 2階屋根部分の部分詳細図は、今回初めての出題でした。ただ、課題の中でも学習していましたので想定内の出題であったと思います。

気になる所は、軒桁や小屋梁の部材寸法についてです。これらは、他の図面と整合を見ることができない事から、部材寸法についての採点はされず(採点できず?)、小屋組みの部材構成が描けているか、要求に対する部材や金物が描けているか、材料名が描けているか、などが採点ポイントでしょう。

TAC窯業系サイディング表現例
TACテキストより(窯業系サイディングの小屋組部分詳細図)】 


●事務所の床レベル

 応接室と多機能便所は、車椅子使用の来客を考慮するということなので段差はあったとしても乗り越えられる20㎜以下としなければなりません。他の事務室などについては、車椅子使用を考慮する必要はありません。

 

【総評】

この試験は相対試験です。プランは難しかったものの、時間内に多くの受験生が完成させていたようですので、大きな条件違反がなく、要求事項の記入漏れの少ない、表現の良い図面を描けたかどうか?で合否が決まってくるのではないでしょうか

後は結果を待ちましょう。
皆さまの合格を祈っています



※ブログにコメント頂いた皆様
個別の対応については際限がなくなるため、申し訳ございません

二級建築士_TACオリジナル解答プラン

↑まずは今年の試験のTACオリジナル解答プランです。
seita2
さて皆さんこんばんは、二級講師の清田(セイタ)です。

 

本日は二級建築士設計製図試験、大変お疲れ様でした。

皆さんは、いかがでしたでしょうか?

では、どこよりも早い速報(プラン)をお届けします

 

今年の課題は要求室に特に大きなサプライズ条件はなかったものの、既存樹木が建物の配置計画に大きな影響を及ぼし、難しく感じた受験生もいた模様です。
また平成29年の課題条件が引き続き出題されたことも大きな特徴でした。

以下、課題のポイントを示します。

●外壁の仕上げ→乾式工法
平成29年の出題と同じでした。乾式工法→窯業系サイディングなどとすれば良く、TACの課題でもやっていたので十分対応できたと思われます。

●バルコニーの出題
実務ではほとんどの住宅にあるものですが、なぜか試験では出題されなかった「バルコニー」
そろそろ出題の可能性を感じ、TACの課題でも課題の中でインナーバルコニーをやっていましたので対応できたのではないでしょうか。

●階段の踏面、蹴上げの寸法指定
こちらの条件も、過去の試験(平成29年の出題)と同じでした。TACの課題でも7課題中、2課題でやっていましたので大丈夫だったのではないでしょうか。

●部分詳細図
2階屋根部分の出題でした。TACの課題でもやりましたので、対応できたのではないでしょうか。


総体的には、大きなサプライズはなかったものの、やはり敷地の「既存樹木」が計画のキモとなり、プランニング力が試された試験であったと言えるでしょう


では、明日15時頃までの講評第2弾を本ブログにアップします。
お楽しみに





【お知らせ】
先日、令和2年試験より受験資格の緩和について公表されました!
二級から一気に一級まで合格を目指す方向けに2つのイベントをご用意しました

受験資格緩和イベント開催!!
Ⅰ「無料セミナー」参加無料・予約不要

令和2年より一級建築士の受験資格が緩和されることが決定しました。その詳細や、二級から一気に合格をするにはどうすればよいかなどを解説します!
終了後には個別の受講相談もできます。是非、ご参加ください。

【実施概要】
●日時 9/23(月・祝)14:00~15:00
●場所 TAC新宿校(地図はこちら→
●参加特典 TAC入会金免除券

Ⅱ二級受験生向け「奨学生選抜試験」受験無料
二級から一気に合格をする方をサポートするため、「奨学生選抜試験」を実施します!
成績上位者は対象コース「最大80%OFF」!自宅で受験可能!
参加者全員に入会金免除券進呈
(お申込み期間:9/18(水)~9/26(木))

【実施概要】
●日程 9/29(日)0:00~23:00
●実施形態 TAC Web SchoolのWeb上のみ
●対象コース 2020年一級総合学科本科生・学科本科生
●対象者 二級受験経験者

詳細はこちら(PDF)

↑このページのトップヘ