TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

本試験情報

井澤ですいざわ

一級建築士試験に見事合格された皆様、あらためて本当におめでとうございます!
課題発表後、4カ月にも渡る長い間の受験勉強、さらにもっと前からのすべての努力を思い出し、おおいに喜びに浸ってください!
自分を誉めてあげてください!
そして応援してくれたすべての人に感謝しましょう。


以下、標準解答例を基にポイントを確認します。
標準解答例、採点のポイントを参照してください。
https://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/1k-mondai.files/1k-2019-2nd-hyojunkaito-1208r.pdf
https://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/1k-mondai.files/1k-2019-2nd-gokakukijun-1208.pdf

1.合格率とランク

再試験の合格率は10月試験以上に厳しいものになりました。
ランクⅠ~Ⅳの割合は10月試験とほぼ同様でした。その割合に意外性はありません。10月試験に合わせてきたな、という印象です。

 

実受験者数

ランクⅠ

ランクⅡ

ランクⅢ

ランクⅣ

10月本試験

4,214

36.6

3.0

29.2

31.3

12月再試験

5,937

34.2

5.3

31.9

28.6


2.図面の表現・伝達
標準解答例を見ると、「風の流れ」「本館からのアプローチ」「公園からのアクセス」などの描き込みが目を引くここと思います。
採点のポイント(2)④にもあるとおり、「図面、計画の要点等の表現・伝達」が採点に大きく影響することが解ります。

3.「分館出口前のオープンスペース」
課題文は「分館出口と本館の敷地までの経路に(略)屋外空間(「分館出口前のオープンスペース」)を設ける。(分館の敷地内は30㎡以上)」という条件でした。
標準解答例①②ともに、オープンスペースの中を経路にしています。
「30㎡以上」という要求面積が、経路、彫刻、ベンチ等を設けるにはあまりに小さいので、経路の横にオープンスペースを設けた方も多数いましたが、受講生の答案と合否を見ると、どちらで計画しても合否にはほとんど影響ありません。

4.アプローチ
標準解答例①は利用者、サービス駐車場をまとめて北東に計画し、本館からの主な経路はクランクして北西のメインエントランスに至ります。
②は利用者、サービス駐車場をまとめて南に計画しているため、メインエントランスが南西になり、本館からの動線が長くなっています。

5.ゾーニング
標準解答例①、②ともに、アトリエ関連諸室は2階にまとめてゾーニングされています。

6.多目的ホール
標準解答例①は、多目的ホールを3階の利用者用階段、EVから最も遠い位置に計画しています。展示室A、B、Cは1階です。
②は、多目的ホールを1階の北東に計画し、10月試験に続き、壁心をずらして200㎡を確保しています。展示室A、B、Cは3階です。
①、②いずれも3階の面積が余りますので、屋根で面積調整しています。

7.特定防火設備
防火区画について、標準解答例①、②の右下に「今後の学習の参考」として、次のような説明があります。
「施設の用途を考慮し、高い安全性能を確保するため、竪穴区画を特定防火設備で区画した。」
今後は、すべて特定防火設備とすることが望まれているのでしょうか。。

8.基礎形式
採点のポイント(3)構造計画に「耐震性・経済性を考慮して計画された(略)基礎形式」と書かれましたが、標準解答例①はべた基礎、②は布基礎です。

9.TACオリジナルプラン
最後に、再試験後にTACの検証講義で用いたオリジナルプランの一つを参考にしていただければと思います。

TAC planB






井澤ですいざわ

本日、令和元年一級建築士設計製図「再試験」の合格発表が行われました。
合格された皆様、誠におめでとうございます!
台風による延期で例年になく大きな困難と闘ってきた皆様です。
おおいに武勇伝を語ってください!

――――――――――――――――――――
残念な結果になってしまった皆様、
すぐに気持ちを切り替えるのは難しいですし、
次の受験のことはまだ考えたくないとは思いますが、
下記、ご確認いただきたいと思います。

1.今年(2020年合格目標)のTAC渋谷校の体制
昨年は、土曜日生講義クラス、土曜日同時放映クラス、水曜日クラスを
私が他の講師とともに担当しましたが、
今年については、課題、講義録等の教材の充実を図るため、
私の担当は土曜日生講義クラスのみとさせていただくことになりました。

土曜日同時放映クラス、水曜日クラスは、
私の講義の同時放映やDVDを活用しながら、
町田校および私とともに渋谷校を担当してきた長村先生(おさむら先生)
osamuraが他の講師とともに指導していきます。
また、長村先生には昨年に引き続き町田校(日曜日)も担当していただきます。

2.「一級建築士設計製図試験対策:設計早期クラス」ガイダンス
2/16(日)11:00~12:00に渋谷校で「一級建築士設計製図試験対策:設計早期クラス」ガイダンスを行います。
ガイダンスの講師は、長村先生
osamuraです。
設計早期クラス渋谷校の水曜日クラス、土曜日クラスを担当していただきます。
設計早期クラスのテーマは「合格のための過去問・標準解答例活用術」です。
どのような講義を行っていくのか、ガイダンスで概要を説明します。
誰よりも標準解答例を分析している長村先生です。
奮ってご参加ください。

また、先行して2/12(水)19:00~20:00に新宿校、その後、八重洲校、横浜校、梅田校でもガイダンスを行いますので、下記URLをご確認の上、奮ってご参加ください。

「設計早期クラス」について、下記URLをご確認ください。
https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_crs_1kyu_sekkeisouki.html
https://www.tac-school.co.jp/file/tac/kouza_kenchiku/images/sekkeisouki2020nittei.png






こんにちはtashiro

本日、公益財団法人 建築技術教育普及センターより、
令和元年の一級建築士試験の12月実施分の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます


〇製図実受験者数 5,937名(9,251名)10月実施は4,214名
〇合格者      2,030名(3,827名)10月実施は1,541名
〇合格率      34.2%(41.4%)10月実施は36.6%
●学科からの最終合格率 12.0%(12.5%)
※( )内は昨年

ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。
ランクⅠ:34.2%(合格)10月実施は36.6%
ランクⅡ:5.3% 10月実施は3.0%
ランクⅢ:31.9% 10月実施は29.2%
ランクⅣ:28.6% 10月実施は31.3%


設計製図試験の合格率としては35%を切る厳しい結果となり、また最終合格率は12.0%で昨年より0.5%下がりました。

izawa
井澤講師からの講評は本日、夕方UPいたします!


【お知らせ】
TACでは来年の一級建築士設計製図試験に向けた「設計早期クラス」を開講します。
設計早期クラス詳細はこちら→
開講に向けて以下のイベントを開催します!

無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】
 2月12日(水)19:00~/新宿校
 2月16日(日)11:00~/渋谷校
 3月22日(日)11:00~/八重洲校
 4月4日(土)14:00~/梅田校
 4月11日(土)11:00~/横浜校

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券


いざわ
井澤です。

一級建築士設計製図試験に合格された皆様、誠におめでとうございます。

さっそくですが、合格発表を受けての講評です。

1.ランクの割合について

合格率36.6%という新試験制度以降最低の合格率となりましたが、学科試験の合格率が22.8%と高かったことも影響していると考えられます。

驚くのは、ランクⅡが3.0%、ランクⅢが29.2%、ランクⅣが31.3という内訳です。

(1)設計条件・要求図面等に対する重大な不適合

下記の「合格基準等について」をご覧ください。
https://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/1k-gokaku201912.files/1k-seizu-gokakuhappyo-2019.pdf
採点ポイント(5)⑥において「PS・DS・EPS」が明記され、それらが計画されていないものは、それだけでランクⅣに該当したおそれがあります。
⑦の「法令の重大な不適合等」については、次の(2)に大きく関連します。

(2)受験者の答案の解答状況

上記「合格基準等について」の「採点結果の区分(成績)」「受験者の答案の解答状況」には次のとおり記載されています。
――――――――――――――――――――
ランクⅢ及びランクⅣに該当するものが多く、具体的には以下のようなものを挙げることができる。
・設計条件に関する基礎的な不適合:
「要求されている室の欠落」や「要求されている主要な室等の床面積の不適合」
・法令への重大な不適合:
「延焼のおそれのある部分の位置(延焼ライン)と防火設備の設置」、「防火区画(特に吹抜け部の1階部分の区画)」や「直通階段に至る重複区間の長さ」等
・その他建築計画に基本的な問題があるもの:「吹抜けの計画(吹抜けとなっていないもの)」等
――――――――――――――――――――

①上記の「要求されている主要な室等の床面積の不適合」について
・多目的展示室の200㎡「以上」、創作アトリエの計150㎡「以上」、アトリエA・B、C・Dの「各」約50㎡、「各」約25㎡、屋上庭園の150㎡「以上」などに反した場合には、ランクⅢ、Ⅳという厳しい評価を受けたと考えられます。
・なお、標準解答例②では、多目的展示室の東側壁面を柱心からずらして200㎡を確保しています。
・また、標準解答例①、②では、荷解き室、ポンプ室については、要求面積の10%超が見られます。

②上記の「法令への重大な不適合」について
延焼ライン、防火設備、防火区画、重複区間についてのミスが、ランクⅢ、Ⅳという厳しい評価につながったと考えられます。

2.標準解答例について

https://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/1k-mondai.files/1k-2019-2nd-hyojunkaito.pdf


(1)標準解答例①

・多目的展示室の上部に屋上庭園を計画しています。
・展示関連諸室は、1階に多目的展示室と展示室C、2階に展示室AとBが計画されています。
・アトリエ関連諸室は、2階にアトリエA、C、D、準備室、3階に創作アトリエ、アトリエB、講師控室が計画されています。
・展示室C、アトリエC、Dなどは無窓です。

(2)標準解答例②

・多目的展示室の上部に創作アトリエを計画しています。
・メインエントランスを東側に計画しています。
・多目的展示室は、8mスパンを使い、東側壁面を柱心からずらして200㎡を確保しています。
・展示関連諸室は、多目的展示室以外はすべて2階にまとめて計画されています。
・アトリエ関連諸室は、すべて3階にまとめて計画されています。屋上庭園を最小限の150㎡としているため、3階にすべて計画できています。

3.まとめ

近年は設計製図試験の内容と水準について、「建築士が本来身に付けておくべき知識と能力」として、「建築基準法等が定める最低の基準に準拠した図面を作成できる能力」を確かめるものであるということが強調されており、採点上も「法令への適合」の比重が高まったことを強く感じさせる試験となりました。

合格した皆様、心よりお祝い申し上げます。
また、残念な結果に終わった方も捲土重来です。来年はぜひとも合格を掴み取ってください。
TACは全力で受験生の皆様を応援いたします。




こんにちはtashiro

本日、公益財団法人 建築技術教育普及センターより、
令和元年の二級建築士試験の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます


〇製図実受験者数 10,884名(10,920名)
〇合格者      5,037名(5,997名)
〇合格率      46.3%(54.9%)
●学科からの最終合格率 22.2%(25.5%)
※( )内は昨年

ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。
ランクⅠ:46.3%(合格)
ランクⅡ:12.5%
ランクⅢ:30.1%
ランクⅣ:11.1%


設計製図試験の合格率としては50%を切る数字となり、また最終合格率は近5年で平成27年の21.5%につぐ厳しい合格率でした。



皆さん、こんにちはseita2
TAC二級建築士講師の清田です。
ここからは、今年の結果を受けて簡単な講評をしたいと思います。

まずは、合格された皆さま、本当におめでとうございます


例年、設計製図試験の全国合格率は、おおむね52~55%程度で推移しておりました。
それが今年は、前述のとおり「46.3%」と非常に低い合格率であったことが大きな特徴です。

昨年と比較しても、合格率が8.6%も下がったことからも、今年の設計製図試験は非常に狭き門であったと言えるでしょう。
以下の直近3年の試験結果からも、今年の難しさが分かります。

(%)

合格

不合格

ランクⅠ

ランクⅡ

ランクⅢ

ランクⅣ(失格)

令和元年

46.3

12.5

30.1

11.1

平成30

54.9

14.5

24.2

6.4

平成29

53.2

15.1

25.4

6.3


ではランクⅠが減った分、不合格ランクの中で著しく増加したのがランクⅢ(大きなミス)とランクⅣ(失格項目に該当)です。


本日、建築技術教育普及センターから以下のように、「解答の傾向」というものが今年初めて発表されています。

●解答の傾向
「未完成」
「設計条件の違反(要求室の欠落、外壁の仕上げ、階段の計画)」
「要求図書の違反(断面図の切断位置)」
に該当するものが多かった。



ランクⅢ、Ⅳの増加については、まさに以上の要因によるものと推察することができます。
問題文の要求通りにできていない受験生が多かったということになりますね。
ここで気づくことは、今年の試験で皆さんを悩ませた「既存樹木」に関することや、設計事務所の応接室などの、車椅子使用車に対する床レベルの処理についての内容が上記の解答の傾向にないということ。
ということは、以前、試験後の講評にも書きましたが、この部分については合否を分けるような採点上の大きな差には繋がらなかった可能性が考えられます。


来年度以降の試験対策としては

①プランニング力の強化
②問題文の読み取り力の強化(読み落とし、読み間違い、思い込みのないように)
③条件に対する対応力


それと、これまで通り「作図表現力とスピード」を徹底的に行わないと、生半可なレベルでは合格できない試験となってきているとも言えます。

今年残念な結果に終わった方は、来年の課題発表(6月)まで何も手を打たずに待っているだけでは、今年と同じ結果になりかねません。
TACでは、下記のように「設計早期クラス」を2月から開講します。
早めのスタートを切って、他のライバルと差をつけましょう。



【お知らせ】
TACでは来年の二級建築士設計製図試験に向けた「設計早期クラス」を2月から開講します。
設計早期クラス詳細はこちら→
開講に向けて以下のイベントを開催します!

無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】2020年1月29日(水)19:00~/渋谷校
【特典】TAC入会金(10,000円)免除券


↑このページのトップヘ