TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

本試験情報

ほんだこんにちは、ホンダです。

本日、平成26年度一級建築士学科試験の合格発表がありました。
実受験者25,395名、合格者4,653名、合格率 18.3%、合格基準点90点(各科目は過半の得点)という結果でした。実受験者の減少傾向は、少し落ち着いてきたようですが(-1,406名)、合格者はついに5,000人を割ってしまいました。

125問の正解番号は、TACが当日公開した とおりでした。
また、合格基準点もピタリ的中です! 
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/?p=2

出題内容は昨年度とほぼ同レベルでしたが、
昨年度は法規で2問複数正解の問題があったことなどから、90点以上と考えていました。
新試験になってから初めて補正なしの90点で、今年は試験実施機関の想定通りの結果だったということでしょう。

おそらく次年度以降の本試験のお手本として、今年の試験問題は取り扱われることと思いますので、リベンジを誓う皆様にとっては、過去問題の出題割合など、じっくり検討する必要があると思います。

さあ、合格された皆様は10月の設計製図試験にまっしぐらです。
栄冠の10月をお祈りしています! 


こんにちは。講師の清田ですせいた

本日、2級建築士の学科試験の合格発表がありました


全国の実受験者数20,788人に対して、合格者7,881人で、合格率は37.9でした。

昨年の合格率は28.3%でしたので、比較すると約10%増し、近年の合格率と比較すると、H2433%、H2338.2%でしたので、ここ数年の中では一番高い合格率となりました。


合格基準点については、当ブログでも本試験当日に予想したとおり
各科目13点以上、総合点60点以上という結果で、基準点の補正はありませんでした

正答番号についても、試験当日に当ブログで発表したものと全て一致しておりました



惜しくも残念だった方・・・来年も一緒に頑張りましょうね


合格された皆さん、おめでとうございます

ようやく合否が分かって気持ちの整理もついたところで、今日から設計製図のラストスパート、本気モードで頑張りましょうね

 

 

 

 

 

ほんだこんにちは、ホンダです。

昨日実施された一級建築士学科試験の合格推定点について、問い合わせが増えています。

出題内容を客観的に分析する限り、昨年度と大きく変わらないため、
TACでは、昨年の合格基準点であった総得点92点が妥当と考えています。

ただし、総受験者数と一昨年からの学科合格率の上昇、
及び試験実施機関が原則として90点を合格基準点と考えていることを総合的に考慮し、
各科目過半以上の得点で、かつ総得点90点以上の方は製図の学習をスタートすべきでしょう。

-----------------------------------
(参考) 平成25年度合格発表時の国土交通省住宅局建築指導課のコメント

合格基準点:各科目及び総得点の合格基準点は下表のとおり。
               合格基準点
学科Ⅰ (計画)        11
学科Ⅱ (環境・設備)    11
学科Ⅲ (法規)        16
学科Ⅳ (構造)        16
学科Ⅴ (施工)        13
総得点              92
※ 各科目及び総得点の合格基準点すべてに達している者を合格とする。
※ なお、合格基準点について、各科目は過半の得点、総得点は概ね 90 点程度を基本的な水準として想定していたが、総得点の平均点が想定より高かったことから、上記合格基準点としている。
------------------------------------
 
以上により、各科目過半以上で総得点90点以上の場合には是非、TACで設計製図の勉強を
はじめてください。初回講義は無料で体験受講できます。
詳しくはこちら→   

各科目過半以上で総得点90点以上の方には、万一不合格の場合でも安心の返金制度もあります!
詳しくはこちら→ 

最終合格に向かって、頑張ってください!



ほんだこんにちは、ホンダです。

さてさて、皆様、お待たせいたしました。
平成26年度 一級建築士 学科試験の解答速報 全125問です。

計画・・・昨年並み
№  1 №  2 №  3 №  4 №  5
  4    4     3    3    2
№  6 №  7 №  8 №  9 №10
   1      3     2     1     1
№11 №12 №13 №14 №15
   4      4       3     2     2
№16 №17 №18 №19 №20
   2      4     1     4     1

環境・設備・・・易しい
№  1 №  2 №  3 №  4 №  5
  2   3   3    1    4
№  6 №  7 №  8 №  9 №  10
  4   1   4      3     2
№11 №12 №13 №14 №15
   3     4     3      2     1
№16 №17 №18 №19 №20
   2     1     4      2     4

法規・・・やや易しい
№  1 №  2 №  3 №  4 №  5
    2     1     3     4     2
№  6 №  7 №  8 №  9 №10
    1     2     4     3     2
№11 №12 №13 №14 №15
    4     3     3     2     3
№16 №17 №18 №19 №20
    3     2     4     3     4
№21 №22 №23 №24 №25
    4     2     4     1     2
№26 №27 №28 №29 №30
    1     1     1     4     3

さて、構造施工ですね。

構造・・・昨年並み
№  1 №  2 №  3 №  4 №  5
    3    3     1     2     1
№  6 №  7 №  8 №  9 №10
    3     4    2     4     4
№11 №12 №13 №14 №15
    2    1     3     4     2
№16 №17 №18 №19 №20
    4     1     1     2     4
№21 №22 №23 №24 №25
    2     3     3     1     2
№26 №27 №28 №29 №30
    3     2     4     1     4

施工・・・やや難しい
№  1 №  2 №  3 №  4 №  5
    4     2     2     1     1
№  6 №  7 №  8 №  9 №10
    3     3     4     4     2
№11 №12 №13 №14 №15
    4     1    1     2     3
№16 №17 №18 №19 №20
    2     3     4     1     1
№21 №22 №23 №24 №25
    1     2     4     3     4

皆様、暑い中、本当にお疲れ様でした。
総評もまもなくアップいたしますので、そちらもご覧ください。
TACでは、今年度の学科試験の総評と、設計製図の課題(道の駅)について、
7/31に渋谷校で18時30分より無料ガイダンスを開催します。
是非、お待ちしております。

なお、この解答番号はTACが独自に推定したものです。
後日変更する場合もありますことを、ご了承ください。
 

いざわこんばんは、井澤です。

平成26年 1級建築士学科試験 総評です。

 

はじめに、受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

持っている力を存分に発揮することができたでしょうか。

 
1.今年の試験は易しかったか、難しかったか 

今年の試験の難易度は、計画はほぼ例年どおりでした。環境・設備は非常に易しく、法規、構造も昨年に比べ、易しかったといえます。施工は例年に比べてやや難しい出題でした。全体的には例年に比べてやや易しいといえます。

 

合格基準点は、各科目は過半の得点、総得点は概ね90点が原則とされています。しかし、平成21年からの新試験制度においては、科目基準点は補正されていないものの、総得点は毎年補正されていますので、今年も総得点が引き上げられる可能性があります。 

内容的には、近年は過去の出題の記述そのままではなく、内容的に一歩踏み込んだ出題や、表現を変えた出題が多く見受けられる傾向にあったのですが、今年については、過去の出題で十分に対応できる問題が多く、特に解答枝が頻出ポイントで容易にわかるという問題が多かったといえます。「努力した人が報われる」という、資格試験のあるべき姿に近づいた感じを受けます。
 

科目別に見ると、

■計画:昨年同様、新規テーマも数多く見られましたが、解答枝は容易にわかるという問題が多かったようです。No.3では、藤井厚二による「日本の住宅」、槇文彦による「見えがくれする都市」、芦原義信による「街並みの美学」、クリスチャン・ノルベルグ・シュルツによる「実存・空間・建築」などの著書、No.10では、ニューアーバニズム、フリンジパーキングなど都市計画及びまちづくりの手法、No.12では、りえんと多摩平、求道学舎などの実例が新しく出題され、解けない受験生も多かったと思われます。No.7は昨年の応用で、「ソシオフーガル」⇔「ソシオペタル=親近性」から判断することができました。

■環境・設備:非常に易しい出題でした。総得点の平均にもよりますが、科目基準点が上がる可能性もあります。特に環境工学は新規テーマがほとんどなく、過去問の理解で18点は取れる問題でした。しかも、過去問の中でも易しいものからの出題が多かったといえるでしょう。

■法規:近年の中では、比較的易しい出題でした。建築基準法は、長文で難解な出題もなかったため、高得点を取られた方も多かったと予想されます。関係法令は例年と同様に10問出題されました。建築士法からは、建築基準法融合を含め4問、その他は、都市計画法、消防法、バリアフリー法、耐震改修法、省エネ法、融合問題からの順当な出題構成で、内容も基準法同様、昨年のような細部からの出題もなかったため、全体的な得点は上がるものと思われます。

■構造:近年の中では、比較的易しい出題でした。力学計算の中では、No.4の山形ラーメンの問題は、解答枝は消去法で見つけられる内容でした。No.7の固有周期の問題は、質量、曲げ剛性、柱の高さの3要素が同時に変化するという点で難しい問題でした。記述問題では新しいテーマがほとんど見受けられず、過去問題をしっかり理解していれば得点できる問題が多かったといえます。近年の傾向として顕著なのは、靭性確保、塑性変形能力の向上に関する出題が非常に多いことで、No.11No.12No.15No.16No.17No.19No.20No.24No.25など、ほとんどの問題に関わる最重要テーマとなっています。

■施工:例年に比べてやや難しい出題でした。新しいテーマは少ないものの、過去問をしっかり理解していないと判断できない問題が多く、得点しにくかったと思われます。逆を言えば、材料や工法の特徴を理解していれば解ける問題もあり、この部分で差が出たと思われます。また、№4届出、№8鉄筋工事、№15木工事などは新規問題が解答枝となっており、得点が難しかったと思われます。

 
2.今年の試験は何が変わったか

今年出題された主な新しいテーマとして次のようなものが挙げられます。 

主な新規問題のテーマ

今年の試験では、次のような新しいテーマの問題が出題されました。

■計画:藤井厚二、日本の住宅、見えがくれする都市、芦原義信、クリスチャン・ノルベルグ・シュルツ、実存・空間・建築、ニューアーバニズム、フリンジパーキング、りえんと多摩平、求道学舎

■環境・設備:平衡含湿率、送風機の羽根車の回転数と軸動力の関係、全熱交換器と外気冷房、耐震ストッパ

■法規:昨年末に改正された耐震改修法からの出題がありました。特に新しいテーマはないものの、時間との勝負という点で法規は最重要科目と言っても過言ではありません。

■構造:山形ラーメンの崩壊機構、ボーリング調査の箇所数、孔内水平載荷試験の対象深さ、応答変位法

■施工:宅地造成に関する工事の許可申請書、サンドコンパクションパイル工法、機械式継手のカップラー、高炉セメントC種、鉄骨製作工場のグレード、Nくぎ・FNくぎ、JASの防虫処理、帯電防止、泡消火設備格納箱、

3.製図試験対策

学科試験合格見込みの方は、さっそく設計製図対策をはじめましょう! 

厳選された課題・カリキュラム!「一級建築士 設計製図本科生」(全8回)

公表された本試験課題に基づき、プランニングから製図完成まで、合格レベルの設計力を養成する設計製図対策コースです!

2014合格目標「一級建築士 設計製図本科生」の詳細はこちら

4.来年の学科試験対策

① 構造力学と法規の克服

特に苦手とする方が多い「構造力学」と「法規」については、早い段階で基礎を理解しておくことが大事です。また、今年残念な結果だった方は、試験後、あまりブランクを設けずに学習を継続することが大事です。

② 最新の出題傾向に対応した学習

TACでは、最新の出題傾向に対応し、特に次の内容を充実させた教材を作成しています。イラストを豊富に用いながら試験の出題ポイントをわかりやすく講義していきます。

■計画:建築史、実例建築物は写真を豊富に掲載しています。

■環境・設備:省エネルギー

■法規:建築士法、関係法令の充実

■構造:耐震設計、技術の進歩・高度化

■施工:廃棄物の処理・改修工事

③ 法改正への対応

法令の改正等についての最新の情報にも注意が必要です。

例えば、建築基準法の天井脱落防止措置、エレベーター・エスカレーターの落下防止措置の義務化や、建設業法の人材育成義務、消防法の統括防火管理者などが要注意です。
 

万全の対策で合格を実現する!「一級建築士 総合学科本科生」(全60回)

特に苦手とする方が多い「構造力学」と「法規」について年内に基礎を固め、年明けの「本講義」に合流するコースです。充実のカリキュラムで合格まで導きます!

2015年合格目標「一級建築士 総合学科本科生」の詳細はこちら

 

 

以 上

↑このページのトップヘ