TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

ホンダ

ほんだこんにちは、ホンダです。

昨年12月10日の第一報以来、ずいぶん経ちました。大変な反響をいただいた本件ですが、本日、建築士法の受験資格等に関する省令等についてパブリックコメントが公表されましたので、お知らせいたします。

パブリックコメント→こちら

上記ページの「関連情報」の「概要」というPDFに、今回の省令・告示の改正案の概要が記されています。特徴的なものは次のとおりです。
------------------------------------------
(4)建築士試験における学科試験の免除期間の見直し関係(建築士法施行規則第 12 条)
① 一級建築士試験の学科の試験を合格した者について、学科の試験に合格した一級建築士試験に引き続いて行われる4回の一級建築士試験のうち2回(学科の試験に合格した一級建築士試験の設計製図の試験を欠席した場合は3回)の一級建築士試験について、学科の試験を免除するよう見直す。
② 学科の試験の免除を受ける場合の事前申請を不要とする。
------------------------------------------
上記は原文のままです。非常に難しい言い回しですね。
①は、要するに、学科試験に合格した場合、その年を含む5年以内の試験で学科免除のチャンスを3回与える、という意味に読めます(間違っていたらごめんなさい)。ポイントはカッコ書きで、学科試験に合格した年に製図を受けない場合、今まではチャンスが1回減りましたが、今後は減らずに3回というように読めます。

そうだとすると、一級建築士試験の常識が変わる可能性がありそうです。
本年までは、初受験の方は、1年で学科と製図の両方を受験するのが常識でした。

しかし、今回の公表を前提とすると、初受験の年は学科に専念して合格すれば、翌年からの4年以内に3回製図のチャンスがあることになります。そうであれば、まずは学科を受験して、合格したら翌年から腰を据えて製図に臨む、というのが常識になる可能性があります。
もちろん、課題の公表のタイミングにも大きく左右されますので、一概には言えませんが。

また、短大等の一級受験資格について指定科目で40単位以上とか、工業高校の二級受験資格で20単位以上等も、今回公表されています。

今回の省令等の公布が9月上旬とされ、施行は改正法の施行の日とされていますので、やはり2020年試験から新試験になる模様です。

現状はパブリックコメントの段階なので確定的なことは一切言えませんが、一般的には、パブリックコメントの際の内容がその後に大きく変わることは多くありません。

今後も、新しい情報が入りましたら、いち早くお知らせいたしますのでご期待ください。


(注)パブリックコメントとは、法律や政省令等を定める事前に、その案を公開し、広く国民から意見、情報を募集する手続きをいいます。

ほんだこんにちは、ホンダです。

さて、二級学科試験も終わり、いよいよ一級学科試験となります。
今回は、東京・上野の西洋美術館の設計でも有名な、ル・コルビュジエ氏の作品から。

VILLA SAVOYE LE CORBUSIER_08

これは、パリ郊外にある「サヴォア邸」です。ピロティと連続した窓が特徴的なRC造の専用住宅ですが、室内も至る所がデザイン性あふれるつくりとなっています。
サヴォア

平成25年の一級本試験では、サヴォア邸が近代建築5原則(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、独立骨組みによる連続水平窓、自由なファザード)を具現化した建築物として出題されています。一度出題されたものは、要注意です!

では、いつものように、
建築物名 サヴォア邸
設計者  ル・コルビュジエ
所在地  フランス パリ郊外
施設完成 1931年

ほんだこんにちは、ホンダです。

さて、いよいよ二級の学科試験です。
今回も前回に引き続き、出題実績のあるものを中心にご紹介いたします。

まずは、こちらです。
塔の家

塔の家です。東孝光氏の設計による狭小住宅として有名な建築物です。
平成21年に設計者を問う問題が出題されたほか、平成26年の№の4では次のように出題されています。
「塔の家(1966年、東京都)は、都市部の狭い不整形な敷地に対し、住空間は極めて狭いながら垂直方向に積層して広がりを持たせた住宅であり、東孝光が設計した。」→正しい。

ブルーボックス

次は、ぶるーぼっくすです。箱型構造のボックスシリーズで有名な宮脇壇の作品で、平成21年に設計者を問う問題として出題されています。

住吉の長屋

最後は、余りに有名な安藤忠雄氏の住吉の長屋です。過去には、「ファサードに玄関以外の開口部がなく、住宅の中央部に光庭を設けた住宅である」とその特長が出題されています。


ほんだこんにちは、ホンダです。

二級建築士試験が近づいてきました。そこで、今回と次回は、過去に出題実績があるものも含めて、二級試験に出題されそうな国内の建築物を扱います。

まずは、薬師寺東塔です。
薬師寺東塔

本試験平成17年№1-1 「薬師寺東塔(奈良県)は、本瓦葺きの三重塔であり、各重に()(こし)が付いた建築物である。」→正しい
写真のように、各重に裳階(もこし)(軒下に設けた庇状の部分)という小さい屋根があるため、6重に見えますが、これはあくまで三重塔です。

続いて、円覚寺舎利殿です。
円覚寺舎利殿1

本試験平成17年№1-3 「円覚寺舎利殿(神奈川県)は、部材が細く、屋根の反りが強い等の和様の特徴をもった建築物である。」→誤り。
部材が細く、屋根の反りは強いのはそのとおりですが、和様式ではなく、禅宗
(唐様)の建築物です。

続いて、スカイハウスです。
スカイハウス

本試験平成19年№1-4「
菊竹清訓が設計したスカイハウス(1958年、東京都)は、4枚の壁柱に支えられた居住部分の側面に、取替えや位置の変更が可能な「ムーブネット」と呼ばれる設備ユニットを据え付けた住宅である。」→正しい。
壁柱とムーブネットがキーワードですね。

いずれも実際の写真で見ていただくことで、記憶に残り易いと思います。




ほんだこんにちは、ホンダです。

前回に引き続き、今回もバルセロナにあるガウディー作品をご紹介します。
コロニア・グエル教会です。これも2005年にガウディ作品群として世界遺産の登録を受けたもので、サグラダ・ファミリアと同じく未完成の建物です。

COLOフ€NIA GUフ・LL A.GAUDIフ\01

前回紹介のカサ・バトロ同様に、テーマパークのアトラクションかと思うようなデザインです。しかし、ここはれっきとした教会で、その内部をご覧ください。本当に見事なんです。
COLOフ€NIA GUフ・LL A.GAUDIフ\07

先般、サグラダ・ファミリアが正規の建築許可を受けたことがニュースとなりました。市に5億円以上のお金を払って許可を受け、違法建築を脱したとか。このコロニア・グエル教会も屋根は仮設のままで、未完成となっています。
colonia
壁の花びらの形のステンドグラス、特徴的な天井や玄武岩の柱など、すべてに目を見張ります。

では、
建築物名 コロニア・グエル教会
設計者  アントニオ・ガウディ
所在地  スペイン(バルセロナ)
一般公開 1955年

ガウディー好きにとっては、サグラダ・ファミリア以上とも言われています。



↑このページのトップヘ