TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

ホンダ

ほんだお久しぶりです、ホンダです。

 平成ラストイヤーも押し詰まってまいりました。二級の合格発表があり、あとは一級の発表を待つばかりです。
 そんななか、建築士制度にとって大きなニュースが飛び込んでまいりました。
 建築士の受験資格の緩和にかかる建築士法の改正です。
 
 本改正案は、今回の臨時国会で成立しました。入管法の改正で国会が大荒れのなか、12月7日の未明(正しくは8日)に参議院本会議で全会一致で可決されました。
 提出時の法案が衆議院のページに掲載されていますので、詳細はこちらをご覧ください。

 改正の概要は、次の5項目でしょうか。
 ● 学歴要件を満たせば、実務経験がなくても一級建築士試験を受験できる。
 ● 学歴要件を満たせば、実務経験がなくても二級建築士試験を受験できる。
 ● 二級建築士は、二級建築士としての実務経験がなくても一級建築士を受験できる。
 ● 建築士の免許を受けるためには、所定の実務経験年数を要する(実務経験は試験合格の前後を問わない)。
 ● 施行期日は公布後2年以内で政令で定める日


 従来、一級受験のためには大学卒業後2年の実務経験が必要でしたが、今回の改正により、卒業年に受験することができるようになります。そのうえで、一級の免許を受けるには実務経験が2年必要ということになりました。

 現在、詳細な政省令は公表されていませんが、実務経験の範囲の拡大や学科試験合格の恒久化なども当初の提案に入っていましたので、このあたりの動向も気になるところです。

 いずれにせよ、技術者不足が深刻となっている社会背景のもの、建築士試験が受け易くなったことは間違いありません。このブログでは、今後もいち早くこの情報をお伝えして参ります。

ほんだこんにちは、ホンダです。

9月6日に発生した地震によって中止となった北海道地区の二級設計製図本試験について、
下記の期日に実施予定である旨が、建築技術教育普及センターより公表されました。

試験日:平成30年11月4日(日)

対象の受験生の皆様には、9月14日に案内が送付されています。

いまだ余震が続いているようですが、北海度地区で受験される皆様、
頑張ってください。

ほんだこんにちは。ホンダです。

いよいよ今週の日曜日9月9日は、2018年の二級建築士設計製図試験です。
これまでの学習の成果を思う存分発揮していただきたいと思います。

本ブログでは、試験当日に第一報と参考答案プランを公開いたします。
時間は21時半頃を予定していますが、遅くなってしまった場合はごめんなさい。

また、翌10日の午後3時頃に講評を掲載する予定ですので、併せてご覧ください。

皆様の合格を心よりお祈りしています。

ほんだこんにちは、ホンダです。
本日、2018年二級建築士学科本試験の合格発表がありました。

実受験者数 19,557人(前年19,649人)
合格者数    7,366人(前年7,197人)
合格率        37.7%(前年36.6%)
合格基準点 総合60点 各科目13点

このように、ほぼ、前年と同程度の結果となりました。
各問題の正解番号及び合格基準点は、TACが試験後に推定したとおりでした。

各問題の正解番号→
合格基準点→


さて、合格した皆様、本当におめでとうございます。製図試験が近づいていますが、一気の合格を目指して頑張ってください。

また、残念な結果に終わった皆様、気持ちを新たに次年度に向けてがんばりましょう!

---------------------------
◆2019年合格を目指す方に、早割第一弾で学科講座50,000円割引中です!(9月末まで)
 アンダー25などの更にお得なコース設定も用意しています。こちらをご覧ください。



ほんだこんにちは、ホンダです。

いよいよ、今週の土曜日から、2018年の二級設計製図本科生がスタートします。
TACで建築士講座をスタートさせて5年経過しましたが、
おかげさまで近年は多くの皆様のご支持を受け、今年もいくつかの教室は既に満員御礼となっています。

ゼロから立ち上げた講座が、たった5年ほどでこんなに大きく育つなんて、
本当に皆様に対して感謝の言葉もありません。

本年も、講座初日は無料体験受講をすることができますので、
是非ともご参加ください。開催日程はこちらを

一発合格を目指している受験生を、TACは全力で応援します!

↑このページのトップヘ