TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

ホンダ

ほんだお久しぶりです。ホンダです。

国土交通省が建設産業界のリカレント教育として、「建設技能トレーニングプログラム」を開発して、5月17日より公開されています(通称「建トレ」というようです)。

基礎編、職長編、指導者編とレベル分けされ、誰でも無料で使用することができます。また、無料の会員登録をすることで、しおりや赤ペンの書き込みといった機能も使用することができるようです。

左官・タイル貼り、鉄筋施工など、文字と図と動画で分かりやすく技能が説明されていて、建築士の施工学習でも理解やイメージに大変役立つ内容になっています。

アプリでの視聴もできるようですが、今日現在は確認できませんでした。「ActiBooks」という電子ブックのポータルで公開されるようです。

非常に見やすい画面構成で、何より無料で学習できます。
是非ご覧ください。

ほんだこんにちは、ホンダです。

いよいよ平成30年がスタートしました。
個人的には戌年につき、1年中うろうろして多くの棒に当たってみようと決心しています。

さて、TACでも下記の日程で一級建築士学科本科講座が順次スタートします。
13日 土曜日 渋谷校・町田校LIVEクラス
20日 土曜日 池袋校
21日 日曜日 新宿校・八重洲校・横浜校・名古屋校・梅田校


いずれも初回講義日は無料体験受講ができますので、当日10時スタートの講義に間に合うようお越しください(八重洲校のみ、9時15分スタートです!)。
無料体験受講は予約等をする必要がありませんし、特典として計画のテキストを進呈します!

平成30年の合格を目指す皆様、奮ってご参加ください!!

ほんだこんにちは、ホンダです。

昨日1月8日に、2017年建築士試験の合格祝賀パーティーを開催しました。

恒例の井澤講師のズラ芸やだるまの目入れ儀式などのほか、
今年はブルゾンねたが飛び出し、盛況のなかで合格した皆様をお祝いすることができました。

本人の名誉のため、ブログにアップするのは躊躇しましたが、
ちょっとだけネタをお見せします。怒られるかなぁ。。。
buru2

サトー先生です。
彼女は、一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーターといった業界資格だけでなく、行政書士や、なんとなんと司法書士までお持ちのTAC建築士講座きっての才女です。
しかも、趣味が総合格闘技RIZIN(見る側ではなくやる側です)。

ちなみにwithB役がヒガシヤマ先生とオオマメウダ先生。。。。

もー全然かないません。
TAC建築士講座の先生って、凄すぎるわ。


ほんだこんにちは、ホンダです。

クリスマス当日、TACから建築士の皆様にプレゼント?です。
TACは、国土交通大臣より建築士定期講習の実施機関として登録を受けました。

そして、平成30年1月より、定期講習を開催致します。
TACの定期講習の特長は、次のとおりです。

◆ 受講料は、8,000円(8%税込、教材費込み)!
◆ 当日AM10時まで、会場で申し込みができる

当面は一級建築士定期講習のみ、下記の日程で実施いたします。
渋谷校 1月24日(水)、2月21日(水)、2月28日(水)、3月14日(水)
新宿校 2月14日(水)、3月7日(水)、3月22日(木)

 ※ いずれも講習はAM10時20分から開始となります。

受講対象者は、建築士事務所に登録をしている一級建築士の方です。
なお、当日申込みの場合、必ず下記の2点をお持ちになっていただく必要があります。
◇ 免許証のコピー・・・保有する全ての資格(一級・二級・木造)のものが必要です。
◇ 顔写真1枚・・・3×2.4で、カラーか白黒かは問いませんが、不鮮明な写真はNGです。

その他、マークシートの修了試験を実施しますので、HBまたはBの鉛筆かシャープペンと消しゴムをご用意ください。

ホームページの掲載、各校舎への定期講習パンフレットの納品、申込み開始は2018年1月5日(金)予定です。

講座も講習もお財布にやさしいTACを、是非ご利用ください。


ほんだこんにちは、ホンダです。

本日、2017年一級建築士 設計製図試験の合格発表がありました。

実受験 8931人(前年比+278人)
合格者 3385人(前年比-308人)
合格率 37.7% (前年比-4.7ポイント)
ランクⅠ 37.7% ランクⅡ 21.2% ランクⅢ 29.9%   ランクⅣ 11.2%

以上の結果でした。合格率で40%を切ったのは過去5年ではなかったことです。
課題自体の難易度も高かったうえ、結果的にも狭き門の試験ということになりました。

まずは、合格者の皆様、心よりお祝いを述べさせていただきます。
皆様の努力が実を結んだ結果です。本当におめでとうございます。
 ※ TAC生の皆様は、1月8日の祝賀会場でお待ちしています。是非ご参加ください!

残念な結果に終わった皆様、この年末年始は結果を忘れましょう。
そして、お正月明けから、次年度の合格に向けて対策を考えてください。

TACは、がんばる皆様を全力で応援いたします!




 

↑このページのトップヘ