TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

イザワ

いざわ
井澤です。

「実例」暗記法は、今回が最終回です。
「比較暗記法」と同様に、近々に目次を作りますね。

――――――――――――――――――――――

カステルヴェッキオ美術館
(イタリア)
■問題216
ヴェローナ(イタリア)のカステルヴェッキオ美術館は、歴史的建造物であった古城を市立美術館へ再生させたものである。
(一級計画:平成24No.3改

■リンク
http://ameblo.jp/tonton3ab/entry-12066822930.html

■解答 正。平成
24No.3は「古城」の部分が「市庁舎」となっている誤りの枝で出題されました。設問は、それを正しくした問題です。「カステルヴェッキオ」とは「古城」という意味です。改修設計はカルロ・スカルパです。

――――――――――――――――――――――

ハイライン
(アメリカ)
■問題217
ハイライン(ニューヨーク市)は、1980年に廃線となった貨物列車用の高架線路上を緑道や公園へ再生させたものである。
(一級計画:平成27No.17

■リンク
http://www.newyorker.co.jp/magazine/pickup/from_ny/post_27/

■解答 正。平成
27No.17は「1980年に廃道となった高速道路を、路面上は緑道、高架下は大規模なショッピングモールへ再生させたものである。」という誤りの枝で出題されました。「高速道路」ではなく「高架線路」です。また、高架下は大規模なショッピングモールとして使われていません。

――――――――――――――――――――――

ジェミニ・レジデンス
(デンマーク)
■問題218
ジェミニ・レジデンス(コペンハーゲン市)は、港湾施設として使用されていたサイロを改修し、集合住宅へ再生させたものである。
(一級計画:平成27No.17

■リンク
https://www.mvrdv.nl/en/projects/frosilio
↑改修設計を行ったオランダの設計事務所 MVRDV(エム・ヴィ・アール・ディ・ヴィ)のホームページです。右下の「VIEW GALLERY」から15枚の写真を見ることができます。
2枚目がサイロ(穀物飼料などの貯蔵庫)です。これを集合住宅にコンバージョンするとは!

■解答 正。
MVRDVの他の作品も見てみてください。刺激的です!
https://www.mvrdv.nl/en/projects
MVRDVは、レム・コールハース氏(ネクサスワールド香椎レム棟・コールハース棟の設計者)の主宰する設計事務所OMAの出身者が主となって設立した設計事務所です。なお、ザハ・ハディド氏もOMAの出身です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

はじめにお伝えしたとおり、「実例」暗記法は、今回が最終回です。
最後の問題218で、現代最高の建築家とも称されるレム・コールハース氏つながりで最終回を迎えられたことに少し喜びを感じています。

実例を過去問の字面で覚えるほど苦痛なことはありません。
その一方、実例の写真を見るほど楽しい勉強もないように思います。

百聞は一見に如かず。
好きこそ物の上手なれ。

すごいな、面白いなと興味を持てたら「実例」は「勝ち」です。


さて、第1弾「比較暗記法」、第2弾「実例暗記法」が終了しまして、第3弾は、「井澤式 建築士試験 法規逐条解説(ちくじょうかいせつ)」を始めていきます。
法令を1条ずつ、あるいは1項ずつ、趣旨と出題を確認し、片っ端から丹念にマスターしていこうという企画です。

乞うご期待!




 

いざわ
井澤です。

問題214のテイト・モダンの改修設計を行ったのは、今注目のエルプフィルハーモニーを設計したヘルツォーク&ド・ムーロンです。
http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/tabirepo/1037713.html

――――――――――――――――――――――

目黒区総合庁舎
(東京都目黒区)
■問題211
目黒区総合庁舎(東京都目黒区)は、民間企業の本社屋として建築された建築物を、耐震補強、設備改修等を行ったうえで、庁舎として再生・転用したものである。
(一級計画:平成28No.

■リンク
http://www.japan-architect.co.jp/Project_Root/SK00007326/pict/pict_c3/SK00007326_21196_web.jpg
↑新建築の写真です。
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/chosha/muranotogo/index.html
↑目黒区のホームページです。6つのリンク先を確認してください。
http://www.yasui-archi.co.jp/ys/design/02.html
↑改修設計を行った安井建築設計事務所のホームページです。

■解答 正。元設計は村野藤吾氏です。

――――――――――――――――――――――

アイアンブリッジ渓谷博物館
(イギリス)
■問題212
近年の日本では、近代の建造物を近代化遺産として保存する動きがあるが、イギリスのアイアンブリッジ渓谷博物館(1973年一般公開)は、複数の産業・土木遺構を現地で再生して展示し、環境教育の場としている。
(一級計画:平成10No.25

■リンク
https://www.travelbook.co.jp/topic/69
アイアンブリッジ(鉄の橋)は、世界初の鉄橋です。2ページ目に渓谷博物館の写真があります。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

オルセー美術館
(フランス)
■問題213
パリ(フランス)のオルセー美術館は、鉄道の駅舎を印象派の作品を中心とする美術館へ再生させたものである。
(一級計画:平成24No.

■リンク
http://jp.france.fr/ja/discover/34977
↑TOPバナーの3枚の写真が自動で入れ替わります。
http://www.mmm-ginza.org/museum/special/backnumber/0612/special01.html
↑駅舎だった頃や改修工事中の写真もあります。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

テイト・モダン
(イギリス)
■問題214
ロンドン(イギリス)のテイト・モダンは、第二次世界大戦後の復興時に建設された火力発電所をモダンアートの美術館へ再生させたものである。
(一級計画:平成24No.

■リンク
http://viaggiare.blog.so-net.ne.jp/2006-07-07
http://gigazine.net/news/20140321-tate-modern/
↑「タービンホール」に巨大なタービンが置かれていたときのことをイメージするとワクワクしてきませんか?
http://livedoor.blogimg.jp/nappi11/imgs/e/0/e0374367.jpg
↑この写真はあくまでタービンのイメージです。テイト・モダンのものではありませんので悪しからず。
https://www.britishcouncil.jp/programmes/arts/topics/tate-modern-switch-house
↑新館です。

■解答 正。
「テイト(Tate)」とは、イギリスの国立美術館ネットワークのことです。

――――――――――――――――――――――

リンゴット工場再開発(イタリア・トリノ)
■問題215
リンゴット工場再開発(トリノ)は、巨大な自動車工場を、見本市会場、音楽ホール、ホテル、会議場等からなる複合施設にしたものである。
(一級計画:平成25No.

■リンク
http://www.rpbw.com/project/62/lingotto-factory-conversion/
↑設計者であるレンゾ・ピアノ氏のホームページです。
一番上にスケッチと写真が10枚あります。△で右に進みます。
下のほうにある「Drawings」で図面が5枚見られます。
http://japan.digitaldj-network.com/articles/13877.html
↑改修前のフィアットの自動車工場です。屋上のテストコースが有名でした。

■解答 正。




 

いざわ
井澤です。

問題206の旧大社駅舎、素敵ですね~。「大社」とはもちろん出雲大社です。

――――――――――――――――――――――

旧大社駅舎
(島根県出雲市)
■問題206
旧大社駅舎(出雲市)は、瓦屋根と漆喰(しっくい)壁による純日本風の木造平屋建ての駅舎である。
(オリジナル)

■リンク
http://www.izumo-kankou.gr.jp/4609

■解答 正。平成
25No.3では「赤レンガの外観」という誤りの枝で出題されました。旧大社駅舎は、和風駅舎の最高傑作と言われています。

――――――――――――――――――――――

りえんと多摩平
(設計:都市再生機構+ブルースタジオ)
■問題207
りえんと多摩平(東京都日野市)は、多世代の居住者が暮らす新たな街に生まれ変わらせる団地再生事業の一つとして、民間事業者が改修工事を行い、団地の一部の住棟をシェアハウスとして再生した。
(一級計画:平成26No.12

■リンク
http://www.share-place.com/project/tamadaira/
http://www.share-place.com/project/tamadaira/spec.html
↑りえんと多摩平を運営する株式会社リビタ(ReBITA)のホームページです。
http://www.ur-net.go.jp/rebuild/rn2/riento/
↑都市再生機構のホームページです。

■解答 正。
「りえんと」は「ReENT」と書きます。リノベーション(改修・再生)のReでしょう。

――――――――――――――――――――――

求道學舎(きゅうどうがくしゃ)
(東京都文京区)
■問題208
求道學舎(東京都文京区)は、大正15 年に建築された学生寮を「定期借地権+コーポラティブ方式」により共同で土地を借り受け、個々に好みの注文を付加しながら造る集合住宅として改修・再生したものである。
(オリジナル)

■リンク
http://www.shu-koh-sha.com/gakusha2.html
↑リノベーションを設計した集工舎のホームページです。15枚あります。
http://www.apartment-photo.gr.jp/text207.html
↑改修前の求道學舎の写真です。左上の「NEXT」で進むと23枚の写真が見られます。
https://www.nomu.com/iekokochi/vol16/
↑ビフォー・アフターが良く分かります。

■解答 正。
求道學舎を最初に設計したのは、「関西の近代建築の父」とも言われ、京都大学本部本館などを設計した武田五一氏です。
定期借地権で土地を所有しないので低価格、コーポラティブ方式(協同組合運営方式)なので設計段階から個々に好みの注文を加えながら設計・建設されました。

――――――――――――――――――――――

山梨市庁舎東棟
(山梨市)
■問題209
山梨市庁舎東棟(山梨市)は、1970年代に建設された工場を、プレキャスト鉄筋コンクリート部材のアウトフレームを用いて耐震改修し、庁舎へ再生させたものである。
(一級計画:平成27年No.17

■リンク
http://www.pcken.or.jp/techinfo/const/document/no18/pdf/yamanashi.pdf
↑改修を設計した梓設計の方の報告です。最初の写真の奥の5階建が西棟、手前の2階建が東棟です。
p6を見ると着工前から完成までの様子と「プレキャスト鉄筋コンクリート部材のアウトフレーム」が良く分かります。

■解答 正。
2004年に閉鎖した電子機器工場を市庁舎へとコンバージョンを行った建物である。

――――――――――――――――――――――

金沢市民芸術村
(金沢市)
■問題210
金沢市民芸術村(金沢市)は、大正から昭和初期に建設された紡績工場の倉庫6棟を改修し、工房、レストラン、オープンスペース等から構成される芸術文化施設へ再生させたものである。
(一級計画:平成27年No.17

■リンク
http://www.artvillage.gr.jp/
http://www.artvillage.gr.jp/facilities/
↑「マルチ工房」「ドラマ工房」など、各工房の詳細も見てみてください。
http://blog.goo.ne.jp/yamaakmyk/e/056665ec08260bffe3d77f5c3673535f

■解答 正。

――――――――――――――――――――――




 

いざわ
井澤です。
問題201倉敷アイビースクエアの「連続するのこぎり屋根」が素敵です。のこぎり屋根は、北側採光にすると直射日光を除いた天空光による安定した光環境が得られます。

――――――――――――――――――――――

倉敷アイビースクエア
(岡山県)
■問題201
倉敷アイビースクエア(倉敷市)は、連続するのこぎり屋根をもつ平家建ての紡績工場の棟の一部を撤去してできたオープンスペースを中心として、展示施設、ホテル等からなる複合施設にしたものである。
(一級計画:平成25No.

■リンク
http://www.ivysquare.co.jp/
↑倉敷アイビースクエアの公式ホームページです。TOPバナーの5枚の写真が自動で入れ替わります。「連続するのこぎり屋根」などが良く分かります。
http://tabinokiroku.web.fc2.com/tabi114/114-5.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

今帰仁城跡・首里城跡(なきじんじょう)
(沖縄県)
■問題202
沖縄県にある今帰仁城跡や首里城跡等の歴史的な資産は、琉球地方独自の文化遺産として2000年にユネスコの世界遺産に登録されている。
(一級計画:平成15No.24

■リンク
●今帰仁城跡
琉球王国の成立前、沖縄には北山(ほくざん)、中山(ちゅうざん)、南山(なんざん)の3勢力がありました。北山王の居城が今帰仁城です。
http://www.odnsym.com/isan/nakijin.html
●首里城跡
琉球を統一した琉球王国の居城です。
https://www.naha-navi.or.jp/magazine/1405/
http://s.webry.info/sp/mori-sanpo.at.webry.info/201101/article_2.html
↑石垣がとても綺麗です。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

有田町
(佐賀県)
■問題203
佐賀県の有田町は、江戸時代以来の町家を保存し、活用するとともに、耐火煉瓦塀の復元や裏通りの整備等のまちづくりを進めている。
(一級計画:平成15No.24

■リンク
http://www.arita.jp/spot/post_20.html
↑有田町は有田焼で有名です。設問の「耐火煉瓦塀」とは、焼物を焼く窯の耐火煉瓦を再利用した塀で、「トンバイ塀」と呼ばれています。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

東京国立近代美術館工芸館
(東京都)
■問題204
東京国立近代美術館工芸館(東京都)は、明治時代に近衛師団司令部本館として建てられたレンガ造2階建の建築物を美術館の工芸館として再生したものである。
(オリジナル)

■リンク
http://chiyoda-tokyo.sakura.ne.jp/seisiga/kobetsu/kougekan.html

■解答 正。近衛師団(このえしだん)とは、天皇の護衛部隊です。

――――――――――――――――――――――

アートプラザ
(大分県)
■問題205
アートプラザ(大分市)は、図書館をギャラリー等からなる芸術文化の複合施設にしたものである。
(一級計画:平成25No.

■リンク
http://blogs.yahoo.co.jp/fumi32003/66091157.html

■解答 正。
磯崎新氏が設計した大分県立図書館を再生したものです。




 

いざわ
井澤です。

問題196の京都文化博物館別館は、
東京駅丸の内駅舎で有名な辰野金吾先生の設計です。下記ホームページでも指摘されているとおり、横縞の使い方がそっくりです。
http://kittegirl.seesaa.net/article/410988825.html
↑最初は中京郵便局の説明から始まっています。

――――――――――――――――――――――

京都文化博物館別館
(京都府)
■問題196
京都文化博物館の別館(京都市)は、平安博物館として使用されていた旧日本銀行京都支店を、竣工時の姿に復元し、整備したものである。
(一級計画:平成21No.

■リンク
http://www.bunpaku.or.jp/bekkan_outline/konjaku/

■解答 正。
前回の問題191の中京郵便局と、京都文化博物館別館は、同じ三条通沿いにあり、歴史的界隈景観地区に指定されています。どちらも煉瓦造です。
比較暗記法No.191(中京郵便局・京都文化博物館別館)参照。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/43786821.html

――――――――――――――――――――――

横浜赤レンガ倉庫
(神奈川県)
■問題197
横浜赤レンガ倉庫(横浜市)は、明治時代末期から大正時代初期に建築された煉瓦造の倉庫を改修し、文化施設、商業施設として整備したものである。
(一級計画:平成21No.

■リンク
http://www.yokohama-akarenga.jp/about/history/
↑黒船を率いたペリーの話からしていきましょうw
ビフォー・アフターの写真が比較できてワクワクします。写真の左上に手マークが付いている写真はすべてビフォー・アフターが比較できます。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

門司港レトロ地区(もじこう)
(福岡県)
■問題198-1
門司港レトロ地区(北九州市)は、門司港駅前に広がる明治・大正時代に国際貿易港として栄えた門司港地区の歴史的建造物の修復・復元等を通して、地域の活性化を目的としている。
(一級計画:平成21年No.
■問題198-2
旧門司税関(福岡県北九州市)は、明治・大正時代の歴史的建造物を活かしたまちづくりである「門司港レトロ事業」の一環として、明治45年に建築された税関庁舎を、港湾緑地の休憩所等として再生・活用したものである。
(一級計画:平成28年No.

■リンク
http://retro.lalapa.net/2010/02/post-106.html

■解答 問題
198-1、2ともに正。
門司港(北九州市)は、筑豊炭田、八幡製鉄所に近く、明治・大正時代に国際貿易港として、日本三大港(神戸、横浜、門司)の一つに数えられていました。

―――――――――――――――――――――

国立西洋美術館本館
(東京都)
■問題199
国立西洋美術館本館(東京都台東区)の改修においては、免震レトロフィット工法を採用し、竣工時の形を損なうことなく地震に対する安全性を高めている。
(一級計画:平成19年No.25

■リンク
http://heiwa-ga-ichiban.jp/sekai/kokuritsu/index.html

■解答 正。
言わずと知れたル・コルビュジエ設計の世界遺産です。
レトロフィットとは、耐震改修のことです。免震構造を採用した耐震改修工事を免震レトロフィット工法といいます。

――――――――――――――――――――――

サッポロファクトリー
(北海道)
■問題200
サッポロファクトリー(札幌市)は、明治9年に開設されたビール工場の煉瓦造(れんがづくり)の建築群を保存、再生し、それらを大きなアトリウムや地下通路等で結び付けて複合商業施設としたものである。
(一級計画:平成19年No.25

■リンク
http://www.t-marche.com/tripper/article/425/
http://sapporofactory.jp/guide/

■解答 正。
ビール工場とは、もちろんサッポロビールの工場です。

――――――――――――――――――――――




 

↑このページのトップヘ