TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

イザワ


井澤ですいざわ
No.25からは国内の集合住宅です。

――――――――――――――――――――――

ファンズワース邸
(ミース・ファン・デル・ローエ)
■問題21
ファンズワース邸(ミース・ファン・デル・ローエ)は、コンクリートによる構造の特徴を生かした、ユニバーサル空間をもつ。
(一級計画:平成11No.10

■リンク
http://www.linea.co.jp/info/detail/?iid=331

■解答 誤。鉄骨造である。ユニバーサル空間とは、いろいろな用途に変えて使える無限定空間、均質空間をさす。

――――――――――――――――――――――

フィッシャー邸
(ルイス・カーン)
■問題22
フィッシャー邸(ルイス・カーン)は、二つの矩形のボリュームが45度の角度をもって接合され、一方には2層の個室群が配置され、もう一方には2層分の高さの居間をもつ、幾何学的な構成の住宅である。
(一級計画:平成28No.12

■リンク
http://mirutake.fc2web.com/15/363n/n.htm

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

ヒラルディ邸(ギラルディ邸)
(ルイス・バラガン)
■問題23
ヒラルディ邸(ギラルディ邸)(ルイス・バラカン)は、ショッキングピンクの外観で、壁のスリット、室内のプール、中庭などが設けられ、光が室内の様々な色の壁や水面に降り注ぎ、光と色が競演する空間となっている。
(一級計画:平成28No.12

■リンク
https://hash-casa.com/2017/01/09/luis-barragan-morfin-report2/

■解答 正。
平成28年No.12の出題は、記述内容がクルチェット邸(ル・コルビュジエ)になっている誤りの枝でした。

――――――――――――――――――――――

ゲーリー自邸
(フランク・O・ゲーリー)
■問題24
ゲーリー自邸(フランク・O・ゲーリー)は、既存の木造住宅に、安価な材料である金網やトタン板、ベニヤ板の断片等を組み合わせて増改築を行った、ポストモダンを代表する住宅の一つである。
(一級計画:平成28年No.12

■リンク
http://mirutake.fc2web.com/16/413g/g.htm

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

同潤会江戸川アパート
(同潤会)
■問題25-1
同潤会江戸川アパートは、関東大震災後の住宅難に対処するために設立された同潤会による鉄筋コンクリート造の都市型アパートである。
(一級計画:平成24年No.
■問題25-2
同潤会江戸川アパート(東京都新宿区、1934年)は、社交室、共同浴場等の付帯施設を有し、住棟を平行に配置した低層集合住宅である。
(一級計画:平成14年No.10

■リンク

https://blog.goo.ne.jp/asabata/e/57f3e2450a7a119e9fd35aad12c69628
https://blog.goo.ne.jp/asabata/e/6e709ce1096dcfd41b616519f88355b4
https://blog.goo.ne.jp/asabata/e/3730d0c6eb0d9ec553bfeae3eab3384c


■解答 正。
問題25-1 正。
問題25-2 誤。6階建のコの字型住棟と4階建の板状住棟が中庭を囲む中層集合住宅。

――――――――――――――――――――――




 

井澤ですいざわ

TAC受講生の皆さん、法令集の線引きやっていますか?
年が明けると講義が始まって、その週の講義範囲の問題集を解くので忙しくなりますから、この年末年始に線引きを終えておくと、後から「やっておいて良かった~」と本当に思えるようになりますよ。

――――――――――――――――――――――

サヴォア邸
ル・コルビュジエ
■問題16
ル・コルビュジェは、「近代建築の5原則」として、ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由なファサードを提示し、この原則を具現させた作品は、「サヴォア邸」である。
(一級計画:平成20No.24

■リンク
http://takekonbu.fc2web.com/12/274savoye/savoye0.htm

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

落水荘
フランク・ロイド・ライト
■問題17
フランク・ロイド・ライトが設計した落水荘(1936年、アメリカ)は、2層の床スラブが滝のある渓流の上に張り出し、周囲の自然の眺めを味わえるように意図された住宅である。
二級計画:平成19No.

■リンク
http://www.linea.co.jp/info/detail/iid/422

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

クルチェット邸
ル・コルビュジエ
■問題18
クルチェット邸(ル・コルビュジエ)は、不整形敷地に建つ地上4階建ての医院併用住宅であり、台形の平面をもつ医院と矩形の平面をもつ住居は、中庭のスロープによって繋がれている。
(一級計画:平成28年No.12

■リンク
https://www.youtube.com/watch?v=U0qWJFztiOo
↑動画です!

■解答 正。
平成28年No.12の出題は、「ヒラルディ邸(ルイス・バラガン)は、・・・」という誤りの枝でした。

――――――――――――――――――――――

ガラスの家
(フィリップ・ジョンソン)
■問題19
ガラスの家(フィリップ・ジョンソン)は、広大な敷地の中に立つ別荘で、暖炉とコアによる明快な平面構成をもつ。
(一級計画:平成11年No.10

■リンク
https://www.hiro-bluesky.com/アメリカ合衆国/コネチカット州/ガラスの家/

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

イームズ自邸
(チャールズ&レイ・イームズ)
■問題20
イームズ自邸(チャールズ&レイ・イームズ)は、再組立が可能という理念のもと、形鋼やスチールサッシ等の工業製品を用いて建築された住宅である。
(一級計画:平成28年No.12

■リンク
http://www.linea.co.jp/info/detail/?iid=542&mo=

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

国内の独立住宅から紹介しています。後半は海外の独立住宅です。
安藤忠雄さんは、3年前にTAC建築士講座の特別講演会にお越しいただきました。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/36115619.html


―――――――――――――
――――――――

原広司邸
(原広司)
■問題11
原広司邸(1974年)は、玄関からバルコニーまで降りてゆく中央の吹抜けの両側に居室を配置し、トップライトから自然光を取り入れ、住居の中に「都市を埋蔵する」構成を意図した住宅といわれている。
(一級計画:平成24No.12

■リンク
http://jia2008.exblog.jp/10345248/

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

住吉の長屋
(安藤忠雄)
■問題12
安藤忠雄が設計した住吉の長屋(1976年、大阪府)は、ファサードに玄関以外の開口部がなく、住宅の中央部に光庭を設けた住宅である。
二級計画:平成19No.

■リンク
http://casestudyhouse.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

シルバーハット
(伊東豊雄)
■問題13
「シルバーハット」(伊東豊雄、1984年)は、鉄筋コンクリートの柱の上に鉄骨フレームの屋根を架け、コートの上部に吊られた開閉可能なテントにより通風や日照を調節することで、コートを半屋外の居間空間として利用することができる。
(一級計画:平成18年No.

■リンク
http://www.toyo-ito.co.jp/WWW/Project_Descript/1980-/1980-p_05/1980-p_05_j.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

ロビー邸
(フランク・ロイド・ライト)
■問題14
ロビー邸(フランク・ロイド・ライト)は、プレーリーハウスの典型例とされ、軒を深く出して水平線を強調し、煙突の垂直線と対比させた住宅である。
(一級計画:平成20年No.

■リンク
http://kinkenzemi.exblog.jp/i120/

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

シュレーダー邸
(G.T.リートフェルト)
■問題15
シュレーダー邸(G..リートフェルト)は、無彩色と青・赤・黄の三原色とが組み合わされたデ・ステイルの構成原理を具現した住宅である。
(一級計画:平成20年No.

■リンク
http://www.linea.co.jp/info/detail/?iid=32&mo=list

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ
今日も名作を堪能いたしましょう。

――――――――――――――――――――――


から傘の家
(篠原一男)
■問題6-1
から傘の家(篠原一男、1961年)は、正方形の単一空間を住機能別に三分割した平面構成が特徴である。
(一級計画:平成8年No.
■問題6-2
から傘の家(篠原一男)は、方形屋根で覆った正方形の単一空間を用途によって分割した、造形性の高い全体構成をもつ。
(一級計画:平成11No.10

■リンク
http://www.japan-architect.co.jp/Project_Root/JA00017293/pict/pict_c3/JA00017293_91068_web.jpg
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/41970106.html

■解答 6-1、2ともに正。

―――――――――――――――――
――――


軽井沢の家
(吉村順三)
■問題7
軽井沢の家(吉村順三、1962年)は、片流れの屋根と2階の居間を中心とした平面計画が特徴である。
(一級計画:平成8年No.

■リンク
https://mirutake.sakura.ne.jp/2014/61sanso2/sanso22.htm
■解答 正。

――――――――――――――――――――――

塔の家
(東孝光)
■問題8
「塔の家」(東孝光、1966年)は、小面積で不整形な敷地条件に対し、住空間を機能別に積層して構成した都市住宅である。
(一級計画:平成18No.

■リンク
http://blog.goo.ne.jp/akatuki-design/e/b8028fc9f915204782d9192c3c35f8f7

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

夫婦屋根の家
(山下和正)
■問題9-1
夫婦屋根の家(山下和正、1968年)は、1階を生活部分、2階を仕事場に分けた明快な平面構成が特徴である。
(一級計画:平成8年No.
■問題9-2
「まつかわぼっくす」(宮脇檀、1971年)は、1階を生活部分、2階を仕事場に分ける明快な空間構成とし、2階のアトリエとピアノ室は、それぞれトップライトのある寄棟屋根としている。
(一級計画:平成18No. 

■リンク
http://sakuhin.info/japan/meotoyane_no_ie/

■解答
問題9-1 正。
問題9-2 誤。設問は、「夫婦屋根の家」(山下和正、1968)の特徴である。「まつかわぼっくす」(宮脇檀、1971年、東京都新宿区)は、ボックスシリーズの代表作の一つである。三方を建物、一方を壁によって中庭を囲まれたコートハウスである。鉄筋コンクリート造の内側に木構造を納めた形式は、混構造住宅の典型である。

――――――――――――――――――――――

まつかわぼっくす
(宮脇檀まゆみ)
■問題10
「まつかわぼっくす」(宮脇檀、1971年)は、三方を建物、一方を壁によって中庭を囲まれたコートハウスであり、鉄筋コンクリート造の内側に木構造を納めた形式は、混構造住宅の典型である。
(オリジナル)

■リンク
http://www.sumaiinterior.com/single-post/2014/05/31/%E5%AE%AE%E8%84%87%E6%AA%80%E3%81%AE%E4%BD%8F%E5%AE%85
https://www.hiroshima-moca.jp/sengo/
↑「松川ボックス」をクリックしてください。

■解答 正。言うまでもなく、一つ前の問題9-2で出題された
「まつかわぼっくす」の誤りの枝を正しくしたオリジナル問題です。このように過去に誤りで出題されたものが正しい枝でたびたび出題されます。平成28年に出題された「コモンシティ星田」は平成18年に誤りの枝で出題されたものです。

――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

前回予告しましたとおり、今回からしばらく、多くの受験生
が苦手意識を持っている、計画の「実例」対策を行っていきます。
一級建築士「計画」では、近年、建築史や都市計画等も含めて「実例」が5問程度出題されています。
出題の記述は「建築設計資料集成(丸善)」に基づいていますから、おのずと、過去問の繰返しが多くなります。


そこで、この「実例」暗記法では、
過去問の確認と、そのポイントがよく現れている写真を掲載しているホームページを紹介させていただこうと思います。
「井澤式」と冠するのはおこがましい気もしますが、お許しください。
毎回、5つ程度ずつ紹介していこうと思います。

著作権に配慮してURLにリンクを貼る形式とさせていただこうと思います。
もしもリンクを貼られるのが不快なサイトオーナー様がいらっしゃいましたら、また、リンクが切れていたりしたら、コメント欄にご連絡いただけると幸いです。

百聞は一見に如かずです。
すごいな、おもしろいなと興味を持てたら「実例」は「勝ち」です。

―――――――――――――――――――――――――――――――

正面のない家(N氏邸)(坂倉建築研究所)
■問題1
「正面のない家(N氏邸)」(坂倉建築研究所、1960年)は、敷地全体を壁(塀)によって囲い込み、四つに分かれた庭が各室に採光と広がりを与えているコートハウスである。
(一級計画:平成18年No.9)

■リンク
http://www.sakakura.co.jp/info/works/private-house/2129/
↑設計者のホームページです。「正面のない家-H」です。

■解答 正。
N氏邸は「正面のない家」シリーズの一つです。

――――――――――――――――――――――


土浦亀城邸(つちうら かめき)(土浦亀城)
■問題1-2
土浦亀城邸(1935年)は、「白い箱」型の外観をもち、内部は居間の吹抜けを中心とし複数の床レベルによって構成されたモダニズムの木造住宅である。
(一級計画:平成24No.12

■リンク
http://tsuchiurateifriends.org/about

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

前川自邸(前川國男)
■問題1-3
前川自邸(前川 國男)は、外観は切妻屋根の和風、内部は吹抜けの居間を中心に書斎・寝室等を配した木造住宅である。
(一級計画:平成29No.12

■リンク
https://www.ohkaksan.com/2015/11/14/%E5%89%8D%E5%B7%9D%E5%9B%BD%E7%94%B7%E8%87%AA%E9%82%B8%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8F/


■解答 正。
平成29No.12の出題は、記述内容が「塔の家」になっている誤りの枝でした。設問は、それを正しくした問題です。

――――――――――――――――――――――


立体最小限住宅(池辺陽)
■問題2
立体最小限住居(池辺 陽)は、工業化住宅の試みとして発表された「15坪住宅」であり、吹抜け空間を設けることで、狭小性の克服を目指した住宅である。
(一級計画:平成20No.

■リンク
http://sumaiinteriorhosue.seesaa.net/article/435314453.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

増沢洵邸(ますざわ まこと)(増沢洵)
■問題3
増沢洵邸(1952年)は、戦後の極限的小住宅の先駆けとなった事例であり、1階の鉄筋コンクリート造のコアの上の木造部分に、最小限必要な要素を収めた住宅である。
(一級計画:平成24No.12

■リンク
http://greenterrace5.blog.fc2.com/img/20130628112409af9.jpg/
http://wakuwakuiezukuri.blog.fc2.com/img/20140409125449f24.jpg/

■解答 誤。
増沢洵邸は、戦後の極限的小住宅の先駆けとなった事例であり、池辺陽の立体最小限住宅とともに、戦後の極限的小住宅の先駆けとなった事例である。1.5×1間を構成単位とし、吹抜けの全面開口からは、障子を透して柔らかな光を採り入れている。
「1階の鉄筋コンクリート造のコアの上の木造部分に、最小限必要な要素を収めた住宅」としては、吉村順三の「軽井沢の家」が代表的である。

――――――――――――――――――――

斎藤助教授の家(清家清)
■問題4
「斎藤助教授の家」(清家清、1952)は、テラス、廊下、居間・食堂を連続させた開放的な空間とし、可動の家具を配置することで、空間を状況に応じて変更することができる。
(一級計画:平成18No.

■リンク

http://hikagesun.exblog.jp/26857282/

前半は展覧会のレプリカ、後半に実物の写真などがあります。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

スカイハウス(菊竹清訓)
■問題5-1
菊竹清訓邸のスカイハウス(1958年)は、4枚の壁柱によって正方形の主室を空中に持ち上げ、HPシェルの屋根を設けた構成で、住宅生産の工業化の利点を生かし、設備等の更新を可能とする「ムーブネット」を取り付けた住宅である。
(一級計画:平成24No.12
■問題5-2
スカイハウス(菊竹清訓)は、メタボリズムの考え方に基づき、一辺約10mの正方形平面の生活空間とHPシェルの屋根が、4枚の壁柱で空中に支えられた住宅である。
(一級計画:平成20No.

■リンク
http://www.shiraishi-ken.co.jp/work_51.html

■解答 5-1、2ともに正。

――――――――――――――――――――――

以上、こんな感じで進めていこうと思います。

比較暗記法のバックナンバーも確認しておいてください。

No.130(住宅・集合住宅の実例1)
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/41969711.html
No.131(住宅・集合住宅の実例2)
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/41970106.html
No.132(住宅・集合住宅の実例3)
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/41971373.html
No.133(住宅・集合住宅の実例4)
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/42004087.html
No.134(住宅・集合住宅の実例5)
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/42004422.html
No.135(住宅・集合住宅の実例6)
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/42201047.html
No.136(住宅・集合住宅の実例7:まとめ)
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/42201468.html
――――――――――――――――――――――

↑このページのトップヘ