TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

セイタ

こんばんは。井澤いざわ&清田せいたです。

本日、二級建築士設計製図試験が行われました。
受験された方、本当にお疲れ様でした。
どこよりも早くエスキス例と速報を公開します!

さっそく今年の試験のポイントを解説していきます。
まずはさっそくエスキス例から見てみてください。

H26_資格の学校TAC_2級建築士設計製図答案例


●東西方向が16mという狭い敷地の南側に、玄関と3室を設ける計画
1階の南側に設けるべき室が、玄関のほかに、LDK、夫婦寝室、祖母室の3室あり、敷地の東西方向が16mと狭いため、エスキスをまとめるのに苦労したと思います。
1階に夫婦寝室を設けるプランは、TAC課題6でしっかり勉強しましたね!
祖母室、夫婦寝室の東西方向を1.5間(6畳、7.5畳等)とした人は、エスキスが順調にまとまったと思います。祖母室、夫婦寝室の東西方向を2間確保(8畳など)することに固執すると、夫婦寝室を北側に設けなければならなくなったり、延べ面積が180㎡を超えてしまったりしてしまいます。
夫婦寝室を北側に設けること自体は減点にはならないと思われますが、北東又は北西に計画し、2面開口を確保するという配慮が望まれます。
祖母室は、日常の長い時間を過ごすため、北側に計画してはいけません。

●延べ面積の上限が厳しい計画
延べ面積の上限が180㎡という厳しい条件でした。
皆さん、この範囲内で計画しましたね? 絶対条件ですよ!

●「車椅子の転落防止上有効な措置」とは?
屋外テラスと屋外スロープに「車椅子の転落防止上有効な措置を講ずる。」という条件がありましたが、ズバリ「手摺」のことです。要求図書の特記事項の中で、1階平面図兼配置図にその措置の記入が要求されていましたので、「手摺」と書いておく必要があります。

●注目の部分詳細図の位置は「基礎及び床の部分」でした。
TACでは、課題1、4、7でしっかり勉強しましたね!
奇抜なところは出題されないことがお分かりになりましたね!
ここが出るかもしれない、あそこが出るかもしれないとあおられて戸惑った受験生も多かったのではないでしょうか?「受験生に過度な負担を強いない」という試験問題作成の方針があるわけですから基本的な部分がしっかり描ければ十分対応できましたね。

以下、課題文の順番に読み取りのポイントを解説していきます。

まずは「設計条件」から。
●屋内用車椅子と屋外用車椅子を兼用する計画(設計条件①)
玄関に屋内スロープを設ける計画でした。
TACでは、しょっぱなの課題1でしっかり勉強しましたね!
要求室の表の中で、玄関に「車椅子のタイヤの汚れを落として屋内に乗り入れることができるスペース」が要求されましたので、スロープ、下足入れの部分を除いて玄関ホールの土間部分に心々1,500mm×1,500mm以上のスペースを確保し、要求図書の特記事項にしたがって、その範囲を斜線にて明示する必要がありました。

次は「要求室の表」から。
●居間・食事室・台所
「1室又は2室にまとめてもよい。」という条件でしたので、計画し慣れたLDK1室で計画すれば良かったでしょう。また、「食事室には、テーブル及び椅子(計5席以上)を設ける。」という条件でしたが、車椅子のスペースを含めて5席設ければ良いでしょう。
●祖母室
「ベッドの周囲に介助に配慮したスペースを設ける。」という条件でしたので、ベッドを壁付けにせず、両側に介助スペースを確保する必要がありました。
●洗面脱衣室、浴室
「心々1,820mm×2,275mm以上」という条件でした。合計して1,820mm×4,550mm(1間×2.5間)で計画すると計画しやすかったでしょう。
●予備室
予備室は北側に計画してもまったく問題ありません。
●多目的スペース
予想外の要求でしたが、2階の夫婦寝室の代わりと考えれば問題なく計画できたと思われます。「夫婦及び子どもが読書・談話など自由に利用する。」という条件でしたので、南側に設けるべき室といえます。
●納戸
設置階は適宜でした。1階に設けるのは面積的に厳しいため、2階にだけ設けてあれば十分です。

続いて「要求図書の特記事項」です。
屋外テラスには、直径1.5m以上の円(破線)を記入
漏れなく描けたでしょうか。
1階平面図兼配置図に「各要求室(便所()及び浴室を除く。)の床高」を記入
漏れなく描けたでしょうか。
●便()に「洋式便器、手洗い器」を記入
健常者用の便所ですが、手洗い器を漏れなく描けたでしょうか。
●2階床伏図に「火打梁の代わりに、構造用面材による床組とする場合」の補足がありましたが、計画し慣れた火打梁で計画すれば問題なかったでしょう。
●立面図
立面図に「建築物の最高の高さ」を記入するという条件でした。漏れなく描けたでしょうか。また「屋外テラス及び屋外スロープの車椅子の転落防止用の措置については、記入しなくてよい。」という条件でしたが、手摺は図示するべきです。
●断面
切断する室、切断方向ともに指定がありませんでしたので南北方向で切断すれば作図時間が短縮できましたね。また、見え掛かりの建物や開口部(室の対向面に見えるもの)を記入する指定もありませんでした。
●計画の要点等
②で「各室の配置について、家族による祖母の介護のしやすさを考慮して工夫した点」が要求されました。祖母室と夫婦寝室を近くに設ける計画が求められていたと言えます。

―――――――――――――――――――
答案例 その2はこちら→
―――――――――――――――――――

TAC動画チャンネルにて「二級 設計製図試験 合格答案のポイント」を配信開始しました!

受験された方、本日は本当にお疲れ様でした!


 


こんにちは。講師の清田ですせいた

本日、2級建築士の学科試験の合格発表がありました


全国の実受験者数20,788人に対して、合格者7,881人で、合格率は37.9でした。

昨年の合格率は28.3%でしたので、比較すると約10%増し、近年の合格率と比較すると、H2433%、H2338.2%でしたので、ここ数年の中では一番高い合格率となりました。


合格基準点については、当ブログでも本試験当日に予想したとおり
各科目13点以上、総合点60点以上という結果で、基準点の補正はありませんでした

正答番号についても、試験当日に当ブログで発表したものと全て一致しておりました



惜しくも残念だった方・・・来年も一緒に頑張りましょうね


合格された皆さん、おめでとうございます

ようやく合否が分かって気持ちの整理もついたところで、今日から設計製図のラストスパート、本気モードで頑張りましょうね

 

 

 

 

 

こんにちは。講師の清田ですせいた

いよいよ、明後日7/6(日)は、平成26年度 2級建築士の学科の本試験ですね


私からの最後のアドバイス、「試験当日の心得」です。

当たり前のことも多いですが、受験生の方はぜひ一読を



  必ず、時間に余裕を持って家を出よう
 受験票だけは忘れるな

  試験会場では、誰もが緊張している
 これまで自分がやってきたことに自信を持とう

  試験開始ギリギリまでテキスト・問題集の見直しをしよう
 人目を気にして、余裕な人を演じるな

  試験が始まったら、解答することだけに集中しよう
 まわりの雰囲気に飲まれるな

  問題文は、絶対に飛ばし読みするな

必ずしも「最も不適当なものはどれか。」ではない
「正しいものはどれか。」もなきにしもあらず

  新規問題(見たことのない問題)に惑わされるな

見たことのない問題は、あなただけが解けないのではない、皆もが解けない

これまでの知識で解ける問題をていねいに解こう

  迷う問題、時間のかかる問題は、後回し

   簡単な問題、難しい問題、時間のかかる問題、すぐに解ける問題

→どれも解答できれば同じ1点

  見直しの落とし穴にはまるな

余程、明らかな間違いを発見した場合以外は、修正するな
 意外と最初の勘が正しいことが多い

  早く終わっても油断するな!時間は有効に使え

ケアレスミス(読み間違い)、単純な計算ミス(足し算、引き算)をチェック




大丈夫です、これまで一生懸命頑張ってきた皆さんなら、必ず合格できます

皆さんが2級建築士に受かることを心から願っています

がんばってください

 

 

 


 

 

こんにちは。講師の清田ですせいた


昨日は待ちに待った?【平成26年二級建築士「設計製図試験の課題」の発表】がありました


今年の課題は木造専用住宅であることは予想しておりましたが、まさかのサプライズが

要求図書を見ると・・・あれ?「矩計図」がない・・・

代わりに「断面図、部分詳細図(断面)、仕上表」とあるではないですか


さすがにこれには驚きました(笑)

作図する図種も昨年までの5種から6種に増え、年々作図量が増えています・・・

昔は2級建築士は4つの図種を描けばよかった試験だったのですがねえ・・・

皆さん、早く合格するほうが徳ですよ
今年絶対合格しましょうね

来年はもっと大変になるかも?!なんて脅しをしちゃマズイですね(笑)

ただ確実に年々、2級建築士としての実務設計に近い要求がなされてきています。



と言っても、皆さんは学科試験に向けて全力を尽くしているところですね。

まずは学科を突破することに集中して、学科試験後にすぐ製図の学習に入る心積もりだけはしておきましょう



TACでは、本日、今年の課題についての分析をTACホームページにて掲載します。

ぜひ今後の設計製図の学習にお役立てください

 

 

 

 

講師の清田ですせいた

いよいよ、2014年の2級建築士学科本試験まで、残り2ヶ月を切りました

皆さん、勉強のほうは順調に進んでいますか?


この時期はマラソンで言うと「ラスト・スパートです。

残り2ヶ月弱の期間、どれだけ頑張れるか?によって、合否は大きく分かれてしまいます!

ということで、今回は逆転するための学習方法をお伝えします。

と言っても特別なことはありません

過去の問題を繰り返し解く!ということに尽きるのですが、そのポイントについてお話します。


1全ての問題を、満遍なく解く必要はない

→間違えた問題、分からなかった問題、そして苦手な分野は、皆さん自身が一番よく分かっていると思います。そこを中心に問題を解き、理解するまで解説・テキストを読む!そして間違える問題をどんどん少なくしていくことが大事です
明らかに分かる問題、解ける問題を繰り返し解いても意味はありません


2ある程度、割り切りは必要

 →あまり細かいことは気にせず、割り切って理解する、覚えてしまうということも、この時期からはアリでしょう。さらに、過去の出題頻度をよく見据えて優先順位を付けることも大切です。出題頻度の高い問題の取りこぼしのないように過去10年内に1回しか出題されていない問題より、毎年のようによく出る問題を優先して解けるようにすべきなのは当然のことです。


3問題集の実施に工夫を

 →問題集を読み物(本)にしてしまう、というのは私が受験時代に実施した方法の1つです。具体的には、解答枝に○を付けてしまい、さらに誤りの箇所の下に、正しい記述を記入してしまいます。そうすることで、問題集が読み物(本)に変わります。
これからの時期の通勤時間など、スキマ時間はとても貴重です
この方法により、問題を解くというより、読む、そして正しい内容を頭に叩き込むということもできます。ただし、解説も合せて読んで字面を丸暗記しないことが大事ですよ


ということで、今から本気になれば十分、合格は可能です
今ならまだ間に合います

あの時、頑張っておけば良かった…という後悔だけはしないように、自分なりに工夫して本試験までに「過去問を最低3回は解く」ように頑張って下さい

 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ