TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

セイタ

こんにちは、セイタです。せいた

2
級建築士の設計製図試験まで、残り1か月を切りました。

皆さん、設計製図試験に向けての学習は順調に進んでいますか?



平面図を作図している中で、皆さんがよく迷うものの1つが「寸法線の描き方」ではないでしょうか?

どの寸法を記入したらいいのですか?と受講生からもよく質問を受けます。何だかよく分からないから適当に描いてます、という方いませんか?



では、寸法線を描くポイントです。

     敷地または道路境界線からの建築物の距離(離れ)が分かる寸法を描く。

     建物の面積計算ができる寸法を描く。←これが重要です!

     寸法線の一番外側に、建物の離れ寸法と外形寸法を描く。内部に順番に細かい寸法を入れていく。

     寸法線は、最低2方向(X方向、Y方向)描く。


sunpousenn

このようなことは、図面を採点する採点者の身になって考えてみるとよく分かるのではないでしょうか。

採点者は、皆さんが描いた面積表の面積チェックをすると思います。その際、計算式の欄に書かれている寸法の数値が平面図のどこにも見当たらないと、チェックに困ってしまいますよね。



図面は伝達手段の1つです。試験ではそんな余裕なんてないかもしれませんが、相手に分かりやすい図面を描くという、やさしさも必要なんだと思います。



 


 


 

はじめまして。講師のセイタです。せいた

さて、今週末、7月7日(日)は七夕の日
七夕001

そして2級建築士の学科試験の日ですね

今日は試験当日の簡単なアドバイスをいくつかご紹介します

     これまで自分がやってきたことに自信を持って臨もう!
当日は誰もが緊張しています。頑張ってきた君なら大丈夫!

     問題文はしっかりと読もう!

正しいものを探すのか?誤っているものを探すのか?

間違えないようにしよう!

     新規問題(見たことのない問題)に惑わされないようにしよう!

見たことのない問題は、解答枝に見えてしまいがち。

過去問の知識だけで解ける問題もあるので落ち着いて解こう!

     迷う問題、時間のかかる問題は、後回しに!

  どんな問題も、解答できれば同じ1点です。

     早く終わっても油断しない。余った時間はじっくりと見直し時間に使おう!

ケアレスミス(読み間違い)、単純な計算ミス(足し算、引き算)を再チェック!

当日は悔いのないように、これまで蓄えた力を思いっきり出し切って来てください



また、当日は都心では30℃を超える猛暑の予報です

試験会場も相当暑くなると思われます。

水分をこまめにとって、熱中症に気をつけて頑張ってください。



TAC建築士講座一同、応援しています 

 

↑このページのトップヘ