TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

セイタ

セイタです。せいた
はじめに、受験された皆様、
全国的に悪天候の中、本当にお疲れ様でした
持っている力を存分に発揮することができたでしょうか


1.今年の課題の総評
今年の試験は、これまでまったく見たこともない驚くような条件は見当たらず、問題文の要求通りに従って計画していけば、比較的まとめやすかったのではないでしょうか?

2.
今年の課題の特徴
■敷地条件■
●北側と西側の2面道路でした。
【アプローチの取り方】
アプローチの分離を考えると、レストランのアプローチは道路幅員の広い北側道路から、住宅用のアプローチは西側道路からとる計画がベストでしょう。
【歩道の斜線部分(7m)】
角地交差点付近の歩道部分に「駐車のためのアプローチを設けてはならない斜線部分」がありました。皆さんは、この部分に駐車スペース(1台分)を設けずに計画できましたか?

■設計条件■
【アプローチの指定】
3か所の出入り口(レストランのお客様用出入口、厨房用出入口、住宅用玄関)を独立して設ける条件でした。
【屋内での内部連絡】
店舗併用住宅での絶対条件ですね。レストラン部分と住宅部分は1階の屋内で行き来できるようにする条件です。それぞれの床レベルの違いにより、段差処理はきちんとできましたか?
【屋外施設】
特徴的な屋外施設として、屋外テラス(客室に隣接し、直接行き来できる)、菜園(屋外テラスに近接)の2つが要求条件にありました。それぞれの配置条件はクリアできましたか?(図参照)。
2級建築士設計製図試験01
また、菜園(24㎡以上)は比較的大きくまとまったスペースとする必要があり、ハーブ・野菜等を栽培する目的からも、日照に配慮し、できるだけ南面させて、東西に広く設ける計画とすることがベストでしょう。

■要求面積■
 延べ面積は、「170210㎡」と小規模の併用住宅の出題でした。

■要求室■
・平成24年度からの「試験の見直し」を受けて、レストランの客室などの要求面積は「適宜」とし、受験者に判断させる出題でしたが、問題文にある席数から客室の必要面積を割り出せばよく、この出題は想定範囲内といえるでしょう。また、客室の一部を可動間仕切りで仕切る要求もありました。
・「2階の子供室2室は、客室の上部には設けない」、「2階の便所は、厨房の上には設けない」等の室の配置に関する条件をうまくクリアしつつ、1・2階をまとめられたか?がポイントでした。

■屋外施設■
特徴は、駐車スペースは住宅用1台分のみの計画であったこと、レストランのアプローチ部分には、スロープの計画が必要であったことです。

■要求図書■
家具、設備など細かい記入指定がありました。モレなく記入できましたか?
【1・2階平面図】
夫婦寝室や子供室に、ベッドや机などの記入指定がありました。これまで課題の中で記入の練習をしていた方にとっては、問題なく記入できたのではないでしょうか?
【矩計図】
切断位置は、「1階(レストラン部分)及び2階の外壁を含む部分とし、1階又は2階の少なくともどちらかに開口部を含むもの」と出題されました。つまり、レストラン部分であっても平屋部分での切断は×で、レストランを含む「総2階部分での切断」が要求されたということになります。

計画の要点等■
課題の計画上で、次の3点について工夫した点を述べるものでした。
菜園の配置について
住宅部分とレストラン部分との関係
レストラン部分の計画


以上、平成25年度 2級建築士設計製図試験の簡単な総評でした


近日中に、TACのホームページにてオリジナル答案例を公表しますので、ご期待ください!

 


こんにちは、セイタですせいた


TACでは、学科試験に引き続き

下記のスケジュールで 2級建築士 設計製図試験の速報(総評)を、このブログ上で発信します!


9/15(日) 設計製図試験の当日 

●午後9時(※公開時間は若干変動する場合があります)



【速報(総評)】

今年は、新試験制度での木造課題元年です。

課題の大きな特徴はどうだったか?どんなところに注意すべきだったのか?など貴重な情報を、どこよりも早くお届けする予定です。

ご期待ください。

 

こんにちは。セイタですせいた

いよいよ、本年度の2級建築士 設計製図試験が迫ってきました



皆さんへ向けて最後のアドバイスです。

試験当日、絶対に気を付けて頂きたいことがあります

 

それは・・・

これまで勉強した課題にない「見たことのない条件」が出ることは、当たり前!と思っていてください。

受験者全員が完璧にできてしまう課題では、試験になりませんからね



そのときに気をつけてほしいこと

それは・・・絶対にパニックにならないことです

一旦深呼吸して、気持ちを落ち着けてから、再度、問題文をよく読んでみてください。

 

すると・・・
あれ?よく読むと問題文の指定通りに計画するだけで大丈夫じゃんとか、
これまで学習してきたことの組み合わせで対応できるじゃんとか、
解決策が見えてきます

 

とにかく焦らないことが大事です。


 

そしてもう1つ、試験当日、必ず実行してほしいことがあります。

それは・・・必ず図面は描き終えること
そして最後まで絶対にあきらめないことです

時間は最後の1秒までめいっぱい使ってください。

 


TAC建築士講座一同、皆さんを応援しています

こんにちは、セイタですせいた

前回に引き続き、今回も矩計図(かなばかりず)についてお話しします。



矩計図の線の意味が分からないんです・・・
という質問を受講生からよく受けます

1本1本の線が実際に何を示しているのか?


特に分かりづらい矩計図の「小屋組部分」と「2階床組部分」について、今回は簡単な立体図を描いてみました
矩計図とよく見比べて、線の示す部材を理解しましょう


①小屋組部分(↓クリックして拡大)
矩計図のコツ1





②2階床組部分(↓クリックして拡大)
矩計図のコツ2


線の意味が分かってこそ、作図スピードが上がります。

設計製図試験まであとわずか・・・

今年の課題は「レストラン併用住宅」です

受験生の皆さん、ラストスパート頑張ってください



こんにちは、セイタです。せいた

2級建築士の設計製図試験では、残りわずか
ラストスパートの時期ですね

そろそろ作図は時間内に描けるようになってきたでしょうか?


目標時間は、1・2階平面図兼配置図、立面図、矩計図、伏図、計画の要点、面積表などを含め「3時間」です!

1つの図面でも時間内に描き上がらない=「失格(不合格)」になってしまいますから、何が何でも時間内に描く練習を積む必要があります



今日は特に皆さんが苦手意識を持っている「矩計図(かなばかりず)」について、お話しします。
矩計図の目標作図時間「1時間」です!

今現在、1時間で描けますか?

矩計図を難しく感じる理由としては、線の1本1本の意味がよく分からない、どこから手を付ければいいのかわからない・・・など様々だと思います。


まず1つ言えることは、このように考え、迷いながら描いていては、試験では必ずタイムオーバーになるということ
特に、矩計図は最も時短可能な図種です
頭で考えなくても体が覚えるまで、何度も何度も繰り返し練習しましょう


それでは、矩計図のポイントです

矩計図の各線は、実は人間の体に例えると「骨」と「肉」からなります
人間の体は、ベースとなる骨があって、その上に筋肉やぜい肉(笑)がついていますよね?

矩計図の作図も一緒です。まずは骨組みとなる部分を確実に素早く描き、その上に肉付けをしていき、最後に一気に文字入れをすると効率的に素早く描けます


①骨格を描く。

20130829130104_00001
(注1)後で中線、太線でしっかり描くので、ここではうすい仮線(自分だけが分かる線)で描く(ただし、寸法線・寸法は、中線で描く。)
(注2)必要な寸法線、寸法についてはこの段階で記入する。
(注3)土台、胴差、軒桁などの主要な構造部材の断面は、太線で記入する。


まずは、この骨組みまで「15分」で描けるように、骨組みだけ描く練習を何度も何度も行うといいでしょう


②肉付けをする(大きく3つに分ける→1階床組部分、2階床組部分、屋根部分)。

20130829141723_00001

1階床組、2階床組、屋根部分の「肉付け」の作業で約2025分。
1階床組部分が苦手なら、その部分だけを繰り返し練習するなど、苦手部分をなくしましょう。
練習を積めば、ここまでトータルで3540分位で描き終えることができます


③文字入れをする。

文字は一気に記入する。仕上げ材料名、寸法などは何度も描いて覚えましょう。



この方法で、慣れれば1時間以内(早ければ50分位)で描きあげられます


矩計図の描き方はいろいろありますが、ぜひ試してみてください


 

↑このページのトップヘ