TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

セイタ

こんにちはセイタです

せいた

「動画de二級学科」、第14回目です。

今回は科目「施工」のうち、山留め工事、コンクリート工事について学習します。

 

<今週の前半>施工:試験によく出る「4つの山留め壁」

二級の試験では、土工事、基礎・地業工事から、例年1~2問程度出題されています。

そのうち、山留めについては「山留め壁」と「(山留め)支保工」の組合せになりますが、今回は、山留め壁についての解説です。

 

Pointは、

①4つの山留め壁を写真などで知る。

②それぞれの特徴、施工方法、適用地盤などを知る。

施工第2回200
https://youtu.be/kUA4LJd79Fg
 

<過去の本試験では>

①地下水位が低く、良質な地盤であったので、山留め工法として、親杭横矢板

工法を採用した。

②山留めを親杭横矢板工法としたので、基礎工事までの作業は、根切り→砂利

地業→山留め→基礎の順で行った。

 

 

①正

②誤:親杭の打込み→根切りを進めながら横矢板の設置→地業→基礎の順。



<今週の後半>施工:試験によく出るコンクリートの締固めのポイント

二級の試験では、コンクリート工事から例年2問出題されており、他分野と比べると出題数の多い分野となります。

 

Pointは、

①棒形振動機やタンピングによる締固めの注意点は、よく出題される。
難しい所ではないので必ず得点できるように。

 施工第3回200
https://youtu.be/qAwJ5kh2o1Q

 

<過去の本試験では>

①コンクリート棒形振動機による締固めは、コールドジョイントを防止するため、棒形振動機の先端が、先に打ち込まれたコンクリートの層へ入らないようにして行った。

②スラブのコンクリートは、打込み後に表面の荒均しを行い、凝結が終了した後にタンピングを行った。

 


①誤:先端が、先に打込まれたコンクリートの層へ「入るように」行う。

②誤:凝結が終了する「前」にタンピングを行う。





こんにちはセイタです

せいた
気づけば2級建築士の学科試験まで、ちょうど残り2ヶ月、1級は3ヶ月を切りましたね

ちなみに、2級の設計製図試験の課題発表は、あと1ヶ月ほどです

世間はGWですが、気を引き締めて頑張りましょう


 

さて「動画de二級学科」、第13回目です。

今回から科目は「施工」になります。

 

<今週の講義>施工:試験によく出る「枠組足場・単管足場」のポイント

二級の試験では、仮設工事の問題は、必ず毎年1問出題されます。仮設工事の問題は、細かい数値が問われることも多く、中でも枠組足場、単管足場は出題の中心となります。

 

Pointは、

①各足場の違い・特徴を図や写真で知る。

②覚えにくい数値は語呂合わせなどを使って覚えよう

今回は、試験でよく出る「壁つなぎの間隔」についての語呂合わせをご紹介しています
施工第1回20
https://youtu.be/99bw1pKHt4I


<過去の本試験では>

①高さが12mの枠組足場における壁つなぎの間隔は、垂直方向を9m、水平方向を8mとした。

②単管足場における壁つなぎの間隔は、垂直方向5.5m、水平方向5mとした。




 

 

①正

②誤:水平5.5m以下、垂直5m以下








こんにちはセイタです
せいた

そろそろGWですね 

この連休は試験の合否を分ける、とっても大切な時期です

勉強が思うように進んでいない人は、この連休が挽回できるチャンスですよ

今年は試験勉強に集中し、ゆっくり羽を伸ばすのは・・・来年にしましょう


 

さて「動画de二級学科」、第12回目です。

 

<今週の前半>
法規:試験によく出る「高さ制限の問題解説」(平成25年本試の問題)

二級の試験では、高さ制限(斜線制限)の計算問題は、正直、多くの受験生がニガテだと思います

 慣れれば決して難しい問題ではないので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

Pointは、

①二級建築士の問題では、3つの斜線制限のうち、道路斜線、北側斜線のいずれかで高さが決まる問題が出題される(隣地斜線で高さが決まる問題は、過去10年ありません)。

②二級建築士の問題では、求める部分の高さは、必ずと言っていいほど、道路斜線制限の適用距離内(最低20m内)にあるため、道路斜線の検討は必ず行う

用途地域を確認し、北側斜線制限の要否を検討する。

 →北側斜線は、1種・2種低層住専、1種・2種中高層住専の4地域のみ。

④敷地図をよく確認し、各斜線制限の「緩和」の適用の有無を正確に確認すること。

⑤過去問を通じて、計算の手順は「覚える」こと。法令集は数値の確認程度に留める。


高さ制限_問題
法規第7回20
https://youtu.be/tmkpE1q68ag



<今週の後半>
法規:試験によく出る「容積率の問題解説」(平成27年本試の問題)

容積率を求める計算問題は、毎年ほぼ1問出題され、問題パターンが3つあります。

①敷地が2つの用途地域にまたがる問題(←スタンダードな問題。前回ブログで解説)

②特定道路の緩和の問題

③住宅・老人ホーム等の地階の特例の問題

 

今回は「②のパターン」について過去問を通じて解説します

Pointは、

①敷地図をよく確認し、特定道路の緩和が使えるかどうかを「法52条9項」でよく確認。

②前面道路に足すことの出来るaの計算式は、令135条の18で確認できるので覚えなくてよい

緩和後の道路幅員を使って前面道路幅員による容積率を計算し、指定容積率と比較。

→厳しい方の値を使い、延べ面積の最高限度を求めればよい。

容積率_問題
法規第8回20
https://youtu.be/NwEVpe_lsxs



次回からは、科目「施工」です








こんにちはセイタです
せいた
いよいよ、二級建築士では明日から受付会場での受験申込がスタートしますね

建築技術教育普及センターのHPをよく確認して、忘れずにお申込みください
 

さて「動画de二級学科」、第11回目です。

「法規」の中でも、今回は、木造の壁量計算、容積率についてです。

 

<今週の前半>法規:建築基準法 試験によく出る令46条(木造の壁量計算)

二級の試験では、構造強度の分野でも、木造に関しては毎年ほぼ1問出題されており、中でも壁量の計算問題は、過去10年では5回も出題されています。

決して難しくはないので、この類の問題には慣れて必ず解けるようにしましょう

 

Pointは、

①張間方向、けた行方向、別々に、壁の種類ごとに、46条4項表1から正確に壁倍率を拾い出す

②壁倍率=(壁の種類による倍率)+(筋かいの倍率)

③実際の軸組み長さに、②で求めた壁倍率を乗じたものの合計が「構造耐力上有効な軸組の長さ」

 

法規第5回20
https://youtu.be/CmXYeJZK_8U 
 


<今週の後半>法規:試験によく出る容積率

容積率を求める計算問題は、毎年ほぼ1問出題されます

今回の解説にあるような、「敷地が2つの用途地域にまたがる場合」の容積率の考え方は必ずマスターしましょう

 

Pointは、

①容積率は、前面道路幅員に関係するため、「指定容積率」と「全面道路幅員による容積率」のいずれか厳しい値を使って算定する。

②敷地が2以上の用途地域にわたる場合の容積率の算定は、それぞれの地域ごとに延べ面積の最大限度を求め、最後に足し合わせる(法52条7項)。

③前面道路幅員は、接する敷地の最大幅員の道路を採用する。

④③の道路幅員に乗じる数値は、住居系の用途地域の建築物=4/10、その他の用途地域の建築物=6/10は覚えてしまおう

 

法規第6回20
https://youtu.be/8XQJyOKM-34 

容積率については、この他にも、法52条3項、6項、8項、9項の緩和規定を押さえておきましょう







こんにちはセイタです
せいた

二級建築士の試験のポイントをご紹介する「動画de二級学科」、第10回目です。

「法規」の中でも、今回は防火関係規定、一般構造規定についてです。

 

<今週の前半>法規:建築基準法 試験によく出る防火区画

二級の試験では、「防火区画」の問題は毎年1問出題されます。

令112条の条文は16項まであってとっても長いですが、出題される箇所は限られています。

必ず得点できるようにしましょう

 

Pointは、

①よく出題される「竪穴区画」、「異種用途区画」について必ず解けるように。

→令112条9項、12、13項が読めればOK

②給水管などの配管が貫通する場合の措置

 →令112条15項が読めればOK

 

法規第3回20
https://youtu.be/yscP72XryrY


 

<過去の本試験では>

①主要構造部を準耐火構造とした3階建、延べ面積220㎡の一戸建住宅においては、原則として、階段の部分とその他の部分とを防火区画しなければならない。

②主要構造部を準耐火構造とした3階建の事務所において、3階部分に事務室を有する場合は、原則として、1階から3階に通ずる階段の部分とその他の部分とを防火区画しなければならない。

 

 

①:○(令112条9項二号。設問は200㎡を超えているため防火区画しなければならない。)

②:○(令112条9項。)

 



 

<今週の後半>法規:建築基準法 試験によく出る採光

平成25年以降、近年、採光の計算問題はずっと出題されていませんでしたので、このままずっと出題されないのか?と思いきや、昨年久々に出題されました

やはり、定番問題として解けるようにしておかなければいけませんね

 

Pointは、

①計算方法は条文で調べながら解くのではなく、基本(下記②)は覚える

住宅の場合の床面積に掛ける割合:/

住居系地域の場合の採光補正係数/h×6.0-1.4

③出題が②以外であれば、条文で数値を調べる

法規第4回20
https://youtu.be/9OjRQ2TNR4M







↑このページのトップヘ