TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

セイタ

こんにちは。セイタですせいた

受験生の皆さま、お疲れさまです。
いよいよ明後日7/3(日)は、平成28年度 2級建築士の学科の本試験ですね


私からの最後のアドバイス、「試験当日の心得」です。

当たり前のことも多いですが、受験生の方はぜひ一読を




① 
試験開始ギリギリまでテキスト・問題集の見直しを
 人目を気にして、余裕な人を演じない
 今まで使ってきた自分の教材を見直そう
 大丈夫、こんなにボロボロになるまで勉強したのだから。



② 
問題文は、絶対に飛ばし読みはしない
 全ての問題が「最も不適当なものはどれか。」ではない
「正しいものはどれか。」もなきにしもあらず。


 
新規問題(見たことのない問題)に惑わされるな
 必ず見たことのない問題は、出ます
 でも分からないのは、あなただけじゃない。
 周りの受験生みんな分かっていません

 これまでの知識で解ける問題をていねいに解こう。


④迷う問題、時間のかかる問題は「後回し」

 簡単な問題、難しい問題、時間のかかる計算問題、すぐに解ける問題・・・
 →どれも解答できれば同じ1点
 満点は目指さなくてOK6割得点で合格できる試験です。


⑤見直しの落とし穴にはまるな
 余程、明らかな間違いを発見した場合以外は、答えを修正しない
 意外とファーストインプレッションが正しいことが多いですよ。


⑥早く終わっても油断しない、十分に見直しを
 ケアレスミス(読み間違い)、単純な計算ミスを必ずチェック




大丈夫です、これまで一生懸命頑張ってきた皆さんなら、必ず合格できます

多くの受験生の方が、2級建築士に受かることを心から願っています

がんばってください



なお、試験当日中に、当ブログにて「解答速報(解答番号)」を出します

登録不要、誰でも見れますので、ぜひチェックしてみて下さい

こんにちは、セイタですせいた

いよいよ、明日、平成28年度 2級建築士の設計製図試験の課題が普及センターより発表される予定です

順当な順番からすると昨年はRC課題でしたので、今年は木造課題ということになるでしょう



ただ木造課題といっても、専用住宅なのか、店舗併用住宅なのかなどによって計画のポイントは異なってきますので、今から我々講師陣もドキドキです


また、一昨年の木造課題では、作図すべき図種として「矩計図」に代わって「部分詳細図」がはじめて出題されました。

↓一昨年のときの部分詳細図の一例

部分詳細図とは01


今年もやはり「部分詳細図」の出題となるのでしょうか??

いろいろな妄想が止まりませんが、とにかく明日の発表を待ちましょう


さて、TACでは明日の課題発表を受け、今年の課題について本ブログにて「速報」をお伝えする予定です。
お楽しみに

バゲットサンド01



こんにちはセイタですせいた

今回はカンタンでおしゃれなカフェ風のバゲットサンドを作りました


【材料(3~4人)】
バゲット 1本
レタス 適宜
ブロッコリースプラウト 1パック
アボカド 半分
スライスチーズ 3枚
ブラックオリーブ(スライス) 適宜
シーチキン缶、又はチキン水煮など
マヨネーズ 適宜
塩コショウ 適宜
パプリカパウダー 適宜


バゲットを水平に切り込みを入れて、材料を詰め込むだけです
レタスなどは、これでもか!という位、たくさん入れてもOK
ポイントは最後にラップでしっかりと強めに包み込んでから切ることです

野菜たっぷりでヘルシーパーティ料理などにもいいかもしれませんね





さて、2級建築士の受験生の皆さん、学科試験まで残り1ヶ月を切りました

これまで、最後の1ヶ月でグーンと学力が伸びた人をたくさん見てきました。
諦めず、悔いの残らない1ヶ月を過ごしましょう。
ここからが本当の勝負です

頑張って下さい


ボンゴレロッソ

こんにちは、セイタですせいた


男の料理本日はあさりとトマトソースがよく合う「ボンゴレロッソ」を作りましたのでご紹介します


実は、ボンゴレビアンコはよく作るのですが、ロッソははじめて作りました

って、ビアンコとロッソの違いって何よ?ってことですが、イタリア語でロッソ(ROSSO)は赤、ビアンコ(BIANCO)は白を意味するそうです。

つまり、ロッソ(赤)はトマト味で、ビアンコ(白)は塩味です


【材料(2人分)】
あさり1パック
ホールトマト1缶(カットトマトがベター)
岩塩、コショウ 適宜
イタリアンパセリ 適宜
パスタ(スパゲッティーニ80g~/1人)
オリーブオイル 適宜
にんにく 1、2片



あさりを使うとき、面倒なのが「砂抜き」
適度な塩分の塩水を作って、あさりを入れて何時間か放置して。。。と手間も時間もかかります

そこで今回は、面倒なあさりの砂抜きに、今話題になっている、「カンタンな裏技」を使いました

なんと、あさりを50℃のお湯に15分程度漬けるだけ。塩水じゃなくていいんですって。
これはすごい!とやってみましたが、少々じゃりじゃり

まあでも許せる範囲ですね。


春と秋はあさりが旬で値段も安いので、お時間のある方は作ってみてください


こんにちは、セイタですせいた

佐藤先生の衝撃の料理ネタに触発され、私も負けじと週末に久々に料理をしました

男の料理シリーズのブログネタも、№1で止まったままでしたしね

さて今回はとってもカンタンな「チキントマトリゾット」です

チキントマトリゾット02

【材料(2人分)】
鶏モモ肉1枚
ホールトマト1缶
ニンニク1片
オリーブオイル
塩、コショウ、水、生米(洗ったもの1合)
イタリアンパセリ

味の決め手は、鶏肉、トマト、水等で煮込んだダシの効いたトマトスープ
このトマトスープをフライパンで炒めた生米に少しずつ入れていき、リゾットを作ります。


カンタン、かつ材料も少なく、コストが安いのに美味しいのがこの料理のいいところ
トマトと鶏肉の旨味が詰まったこのリゾット、ワインにバッチリ合います
興味のある方はぜひ作ってみてください

ホワイトデーのお返しとしてもGOODですよ

↑このページのトップヘ