TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

井澤式比較暗記法

井澤ですいざわ

温熱指標からは平成22年にPMV、23年に標準新有効温度、24年に作用温度、25年にPMVが出題されています。

■問題
有効温度は、室内の温熱感覚に関係する気温、湿度、気流、放射、人体の代謝量及び着衣量を考慮した温熱指標である。(オリジナル)

――――――――ポイント―――――――――
有効温度
 ・気温、湿度、気流の3要素を考慮した温熱指標
 ・相対湿度100%の状態に標準化
標準新有効温度
 ・気温、湿度、気流、放射、人体の代謝量、着衣量(温熱6要素)を考慮した温熱指標
 ・相対湿度50%の状態に標準化
――――――――――――――――――――
ほかに新有効温度というものがありますが、これは標準新有効温度とほとんど同じと考えて構いません。
また、PMV(予想平均温冷感申告)も標準新有効温度と同様に
温熱6要素を考慮した温熱指標です。

■解答

井澤ですいざわ

今回もテーマは代謝量です。

■問題

椅座安静状態における標準的な体格の成人の発熱量は、一般に、約58/人である。(一級環境設備:平成16No.1改)

――――――――ポイント―――――――――

椅座安静状態の成人の代謝量

・体表面積当たり 58W/

・1人当たり 100W

――――――――――――――――――――

■解答 誤

発熱量=代謝量です。

成人の体表面積は約1.7㎡であり、58W/㎡×1.7㎡=100Wという関係にあります。

井澤ですいざわ

建築士試験ではペアで覚えるべき内容が多く、どっちがどっちだったか混乱しやすいため、合格者と不合格者の差がつきやすい、まさに試験のポイントとなります。

そういったものについて、これから連載で紹介していこうと思います。

まずは次の問題の正誤を考えて見てください。解答は一番最後です。

■問題

着衣による断熱性能は、一般に、クロ[clo]という単位が用いられる。

(一級環境設備:平成18No.1

第1回目のテーマは、環境工学における、代謝量と着衣量の単位です。

――――――――――――――――――――

代謝量の単位は met(メット)

着衣量の単位は clo(クロ)

――――――――――――――――――――

代謝量と着衣量は、温熱6要素のうち、人体側の2要素ですね。

代謝量は新陳代謝の代謝。メットはメタボ(代謝症候群)のメット。

クロはクローズ(服)のクロです。

■解答 正

↑このページのトップヘ