TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

井澤式実例暗記法

いざわ
井澤です。
今回から建築史です。

――――――――――――――――――――――

法隆寺東院伝法堂(でんぽうどう)(奈良県斑鳩町:いかるがちょう)
■問題126
法隆寺東院伝法堂は、桁行が7間であるが移建前は5間であり、聖武天皇橘夫人の邸宅の一屋を移して建立したものと考えられている。
(一級計画:平成17年No.24

■リンク
http://www010.upp.so-net.ne.jp/teiryu/Nr15.html
↑3つ目に扱われています。

■解答 正。
聖武天皇夫人の邸宅ってすごくないですか?

――――――――――――――――――――――

寝殿造り
■問題127
寝殿造りにおいて、寝殿の左右や後ろに造られた独立の住屋は、対屋(たいのや)と呼ばれ、渡殿(わたどの)で連結されている。
(一級計画:平成22年No.

■リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%9D%E6%AE%BF%E9%80%A0

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

慈照寺東求堂同仁斎(とうぐどう どうじんさい)(京都府)
■問題128-1
銀閣と同じ敷地に建つ東求堂の同仁斎は、現存する最も古い違い棚と付書院をもつ「四畳半」である。
(一級計画:平成11年No.25

■問題128-2
慈照寺東求堂の同仁斎は、四畳半茶室の起源といわれる。
(一級計画:平成4年No.25

■リンク
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-entry-979.html

■解答 問題
128-1、2ともに正。

――――――――――――――――――――――

東福寺竜吟庵(りょうぎんあん)(京都市)
■問題129
竜吟庵方丈は、東福寺の塔頭(たっちゅう)であり、現存する最古の方丈といわれている。
(一級計画:平成17年No.24

■リンク
http://www.kankodori.net/japaneseculture/treasure/087/index.html

■解答 正。
塔頭(たっちゅう)とは、大寺の中の小寺のことです。塔頭の中心施設が方丈です。

――――――――――――――――――――――

西本願寺飛雲閣(京都府)
■問題130
西本願寺飛雲閣(京都府)は、外観、内部ともに住宅風に造られており、軽快で奇抜な意匠が施されている。
(一級計画:平成13年No.25

■リンク
http://tokyomachi.exblog.jp/6566102/

■解答 正。




 

いざわ
井澤です。
前回触れたように、「まちづくり・都市」の保全・再生については今後重要なテーマとなってくるでしょう。平成27年には海外の実例が出題されました。
問題123の清渓川復元事業(チョンゲチョン)のように、東京の首都高もなんとかならないものでしょうか。普段首都高のかかる日本橋川を渡って通勤するたびにそう思います。

――――――――――――――――――――――

ドックランズ再開発計画(イギリス:ロンドン)
■問題121
ロンドンのドックランズ再開発計画は、港湾機能の低下によって衰退したテムズ川沿いの旧港湾地区に複合機能をもたせたプロジェクトである。
(一級計画:平成27No.10

■リンク
http://ameblo.jp/m-coupe339/entry-11200189611.html
↑センター試験「地理」でも出題されるのですねw。一般常識ということでしょうか?

■解答 正。テムズ川はNo.22問題108のテームズ・ミードでも出てきましたが、ロンドンを流れる、タワーブリッジの掛かる有名な川です。ドックランズの名前の由来は、かつて世界最大の港湾として船を停泊させるドックが多数建設されていたためです(Docklands.犬は走らないw)。物流革命に伴い衰退していた
地区を、商業と住居が混在する地区に再開発しました。

――――――――――――――――――――――

ポツダム広場再開発計画(ドイツ:ベルリン)
■問題122
ベルリンのポツダム広場再開発計画は、第二次世界大戦とその後の東西分断によって長年更地であった敷地に複合機能をもたせたプロジェクトである。
(一級計画:平成27No.10

■リンク
http://arch-hiroshima.main.jp/main/a-map/germany/potsdamerplatz.html
↑下のほうにある「Index」から「SONY Center」「DaimlerCity」も見てみてください。

■解答 正。ベルリンの壁によって分断され、更地となっていた場所です。磯崎新、レンゾ・ピアノ、リチャード・ロジャース、ヘルムート・ヤーンなど著名な建築家が設計に携わっています。

――――――――――――――――――――――

清渓川復元事業(チョンゲチョン)(韓国:ソウル)
■問題123
ソウルの清渓川復元事業は、首都の中心部を貫通する高架道路を撤去し、かつての河川水辺空間を復元させたプロジェクトである。
(一級計画:平成27No.10

■リンク
http://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=2285

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

ウルビーノ都市基本計画
(イタリア:ウルビーノ)
■問題124
イタリアのウルビーノ都市基本計画は、ドゥカーレ宮殿など多くの文化遺産を再利用しながら都市全体を再開発したプロジェクトである。
(一級計画:平成27No.10

■リンク
http://visitaly.jp/unesco/centro-storico-di-urbino
↑動画もあります。最初の1分間は町並みがよく表れています。イタリア語でちんぷんかんぷんですがw。

■解答 正。平成27No.10の出題は、記述内容が次の「
ドイツのツォルフェライン炭鉱業遺産群」になっている誤りの枝でした。上記の問題は、それを正しくした問題です。

――――――――――――――――――――――

ツォルフェライン炭鉱業遺産群(ドイツ:エッセン)
■問題125
ドイツのツォルフェライン炭鉱業遺産群は、炭鉱の産業遺産を再利用しながら都市全体を再開発したプロジェクトである。
(一級計画:平成27No.10

■リンク
http://4travel.jp/travelogue/10688504

■解答 正。平成27No.10の出題は、主語が
「ウルビーノ都市基本計画」になっている誤りの枝でした。上記の問題は、それを正しくした問題です。エッセンはルール工業地帯の中心地です。ドイツは工業、イタリアは文化なので覚えやすいですよね。


 

いざわ
井澤です
東京駅丸の内駅舎や国立西洋美術館本館など、「建築物」の保全・再生については、すでに毎年のように出題されていますが、問題120の川越一番街のような「まちづくり・都市」の保全・再生についても今後重要なテーマとなってくるでしょう。

――――――――――――――――――――――

多摩ニュータウン
(東京都)
■問題116
多摩ニュータウン(東京都)は、近隣住区方式による我が国最大級のニュータウンであり、1住区につき1中学校区を基本とし、各住区に小中学校、幼稚園、保育所、スーパーマーケット等の日常生活に必要な施設を徒歩圏に配置している。
(オリジナル)

■リンク
http://www.ur-net.go.jp/syutoken/nt/outline.html
集合住宅の実例で学んだタウンハウス諏訪(問題36)、プロムナード多摩中央(問題39)、ベルコリーヌ南大沢(問題40)は、多摩ニュータウンの一部です。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/49205115.html

■解答 正。近隣住区は、一般的には、小学校が一校成立する程度の人口を単位としますが、多摩ニュータウンでは、中学校が一校成立する程度の人口を1住区としています。

――――――――――――――――――――――

港北ニュータウン
(神奈川県)
■問題117
港北ニュータウン(神奈川県)は、公園、保存緑地と緑道、歩行者専用道とを結ぶネットワークをもつニュータウンの例である。
(一級計画:平成13No.24

■リンク
http://www.ur-net.go.jp/akiya/kanagawa/kouhokunt/about/
http://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/chiikimachi/nt/
↑設問のネットワークは「グリーンマトリックスシステム」と呼ばれています。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

筑波研究学園都市
(茨城県)
■問題118
筑波研究学園都市(茨城県)は、東京への一極集中を緩和するために、職住一体の「田園都市」として構想されたものである。
(一級計画:平成28No.10

■リンク
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14278/14279/758/2338/002337.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

くまもとアートポリス
(熊本県)
■問題119
くまもとアートポリス(熊本県)は、環境デザインに対する関心を高め、都市環境・建築文化等の向上を図るために、「コミッショナー」が設計者を推薦する手法が採用された事業である。
(一級計画:平成28No.10

■リンク
歴代コミッショナーは、磯崎新氏、高橋てい一氏、伊東豊雄氏です。くまもとアートポリス事業による施設には、再春館製薬女子寮、八代市立博物館「未来の森ミュージアム」、熊本県営竜蛇平団地などがあります。
再春館製薬女子寮
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/49219069.html
八代市立博物館「未来の森ミュージアム」
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/49343300.html
熊本県営竜蛇平団地
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/49245698.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

川越一番街
(埼玉県)
■問題120
川越一番街(埼玉県)では、「パタン・ランゲージ」に範をとった町づくり規範により、歴史的町並みの景観の保全が実践されている。
(一級計画:平成28No.10

■リンク
http://www.jichiro.gr.jp/jichiken_kako/report/rep_tokushima29/jichiken/3/3_1_01.htm
http://www.kuranokai.org/works_01_02_02.html
↑「町づくり規範」の一つ「4間ルール」が拡大で見られます。このようなパタンを組み合わせて町並みをデザインする方法を、クリストファー・アレグザンダーは著書「パタン・ランゲージ」で提唱しました。
比較暗記法 No.178 (都市計画の著書3)も参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/43438298.html

■解答 正。




 

いざわ
井澤です

日本では、1960年代以降ほぼ同時期に3大都市圏でニュータウン開発が始まります。
・大阪  千里ニュータウン(近隣住区理論)
・名古屋 高蔵寺ニュータウン(ワンセンター方式)
・東京  多摩ニュータウン(ほぼ近隣住区理論)

――――――――――――――――――――――

タピオラ
(フィンランド)
■問題111
タピオラニュータウン(フィンランド)は、中央部に、高層住宅棟を配置し、人工池を設けたシンボリックな空間をもつ高密度のニュータウンの例である。
(一級計画:平成13No.24

■リンク
http://blog.goo.ne.jp/machikenminato/e/b4dd67f6c16597fc136aec9a2085282f

■解答 誤。「タピオラ田園都市」とも呼ばれ、「高密度」ではなく、自然と調和する「低密度」が正しい。また、人工池のほとりの高層建築物は、住宅棟ではなくレストラン等の入るタウンセンター。アルヴァ・アアルトもニュータウンの設計に携わっています。

――――――――――――――――――――――

トゥールーズ・ル・ミレイユ
(フランス)
■問題112
トゥールーズ・ル・ミレイユ(フランス)は、近隣住区方式を採用せず、3差路やY字形の都市内幹線道路を形成し、別系統で歩行者路を立体的に重ね合わせて歩車分離を実施している。
(オリジナル)

■リンク
http://www.ichiura.co.jp/newtown/pdf/modern_nt/02.pdf
56頁にトゥールーズ・ル・ミレイユ(ミライユ)が扱われています。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

千里ニュータウン(せんり)
(大阪府)
■問題113
千里ニュータウン(大阪府)は、近隣住区方式による我が国最初の大規模なニュータウンの例である。
(一級計画:平成13No.24

■リンク
http://www.ur-net.go.jp/kansai/senri_newtown/newtown/

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

高根台団地
(千葉県)
■問題114
日本住宅公団による高根台団地(千葉県)では、テラスハウス、ポイントハウス、フラットなどの住宅をそれぞれの視覚的・機能的特徴をよく発揮するようにグルーピングし、道路や地形も配慮しながら団地全体を構成している。
(一級計画:昭和62No.24

■リンク
http://codan.boy.jp/danchi/chiba/takanedai/index.html
↑8頁までたくさんの写真があります。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

高蔵寺ニュータウン
(愛知県)
■問題115-1
高蔵寺ニュータウン(愛知県)は、マスタープランにおいて、ニュータウンセンターから枝状に連続するペデストリアンデッキを計画した大規模なニュータウンの例である。
(一級計画:平成13No.24
■問題115-2
高蔵寺ニュータウン(愛知県)は、高度経済成長期に名古屋圏に流入し、増加した人口の受け皿として、「近隣住区」等の都市計画理論に基づき開発された我が国で最初のニュータウンである。
(一級計画:平成28No.10

■リンク
http://www.ur-net.go.jp/central/nt/#kouzouji
http://danchi100k.com/file0186/index.html
↑写真が17枚あります。「NEXT」のあとは写真の右側にカーソルを持っていくと「NEXT」が出てきます。7、8枚目が中核施設(ワンセンター)の写真、10枚目がペデストリアンデッキの写真です。

■解答
問題115-1 正。
問題115-2 誤。高蔵寺ニュータウン(愛知県)は、近隣住区方式の単調な空間構成からの脱却を目指すワンセンター方式が採用されています。



 

いざわ
井澤です
問題108のテームズ・ミードが、スタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」のロケ地だったとは知りませんでした!

――――――――――――――――――――――

ハーロウ
(イギリス)
■問題106
ハーロウニュータウン(イギリス)は、近隣住区方式の原則に基づき、明快な住区の段階構成をもつニュータウンの例である。
(一級計画:平成13No.24

■リンク
http://www.ichiura.co.jp/housing/pdf/e_saisei/a-02-5.pdf
↑問題110のラドバーンでも出てきますが、ハーロウについてp2を見てください。

■解答 正。
 語呂合わせ「 近隣さん とハロー 」
       近隣住区方式 ハーロウ
 比較暗記法No.181も参照してみてください。
 http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/43523943.html

――――――――――――――――――――――

カンバーノールド
(イギリス)
■問題107
カンバーノールドニュータウン(イギリス)は、近隣住区方式からの脱却を目ざすワンセンター方式によって計画された高密度のニュータウンである。
(オリジナル)

■リンク
http://www.ichiura.co.jp/newtown/pdf/modern_nt/02.pdf
54頁にカンバーノールドが扱われています。

■解答 正。ワンセンター方式とは、各種利便施設などの中心施設を、地域の核をなす中心地区一か所に集中的に集積、形成させる方式。中心施設を近隣住区ごとに分散させる近隣住区方式とは対照的である。

――――――――――――――――――――――

テームズ・ミード
(イギリス)
■問題108
テームズ・ミード(イギリス)は、ロンドン市内のテムズ河畔再開発の一環として、G...Greater London Council。ロンドン市建設局)の設計によって建設された都市型住宅団地である。
(オリジナル)

■リンク
http://blog.goo.ne.jp/machikenminato/e/2636487d2fa83b7cf3fa3e7732c3debc
http://kubrick.blog.jp/archives/52169875.html
↑なんとスタンリー・キューブリック監督を語るブログ!
「時計じかけのオレンジ」のロケ地だったとは!
...(ロンドン市建設局)によるテームズ・ミードのプロモーション映画があります。26分と長いので、最初の2、3分を見て「夢があった頃」の雰囲気を感じていただければと思います。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

ミルトン・ケインズ
(イギリス)
■問題109
ロンドンの北方に位置するミルトン・ケインズは、イギリス最大級のニュータウンであり、近隣住区論による空間構成を忠実に具体化した計画案に基づいている。
(一級計画:平成22No.10

■リンク
http://blog.goo.ne.jp/machikenminato/e/65ed9df673d6591abf3e0b7745f5d4b5

■解答 誤。ミルトン・ケインズは、イギリス最大級のニュータウンですが、近隣住区理論に基づく計画ではなく、一辺約1
kmの格子状の幹線道路網が特徴です。

――――――――――――――――――――――

ラドバーン
(アメリカ)
■問題110
ラドバーン方式は、住宅地計画における人と車を分離する設計手法である。
(一級計画:平成24No.

■リンク
http://www.ichiura.co.jp/housing/pdf/e_saisei/a-02-5.pdf
↑p1、2を見てみてください。

■解答 正。ラドバーンはアメリカの都市です。その歩車分離の手法が、ラドバーン方式と呼ばれるようになりました。



 

↑このページのトップヘ