TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

井澤式実例暗記法

井澤ですいざわ

集合住宅の実例の出題は、県営、町営、都市再生機構などの公営住宅の出題が多いです。
もちろん建築計画的な価値が高いものばかりですが、著作権の問題も少ないですからね。

――――――――――――――――――――――

真野ふれあい住宅(まの)
(神戸市住宅局、SVU建築設計事務所)
■問題51
真野ふれあい住宅(神戸市)は、阪神・淡路大震災の被災者を対象に建築されたコレクティブハウジングであり、共同の食堂、台所等を設けて、居住者が生活の一部を共同で行うことが可能となっている。
(一級計画:平成30年No.13)


■リンク
https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-4/20130909_1-1ishito.pdf
↑7~12頁で「真野ふれあい住宅」を詳しく説明しています。

■解答 正。真野ふれあい住宅は、前回の
No.10の「インナートリッププラザ神山町」とともに、コレクティブハウスの代表例の一つです。

――――――――――――――
―――――――

世田谷区深沢住宅
(世田谷区・市浦ハウジング&プランニング・岩村アトリエ共同企業体)
■問題52-1
世田谷区深沢環境共生住宅(世田谷区)は、木造平家建ての住宅団地の建替え事業により建築された公営の住宅であり、高齢者在宅サービスセンターを併設した、シルバーハウジング・プロジェクトを含むものである。
(一級計画:平成30年No.13)

■問題52-2
世田谷区深沢環境共生住宅(東京都世田谷区)は、木造平家建ての住宅団地の建替え計画により建設され、高木の保存、井戸の活用、優良土壌の再利用、古材の使用等、既存の環境の継承を意図している。
(一級計画:平成19年No.10
■問題52-3
世田谷区深沢環境共生住宅(東京都世田谷区)は、木造平家建の住宅団地の建替え計画により建設され、「地域に開いた環境共生」と「高齢者等への対応」とを意図した集合住宅である。
(一級計画:平成16年No.
■問題52-4
世田谷区深沢住宅(1997年)は、環境共生をテーマとした公営住宅であり、自然環境との共生のほかに、人と人の共生を促す計画(高齢者用住戸をつなぐ空中路地など)がなされている。
(一級計画:平成10年No.25

■リンク
http://www.iwamura-at.com/housing/fukasawa_details.html
http://www.ichiura.co.jp/project/architecture/04/000133.html

■解答
 問題52-1~4ともに正。

――――――――――――――――――――――

中新田町営並柳HOPE住宅(なかにいだちょうえい・なみやなぎ)
(針生承一建築研究所)
■問題53
「中新田町[現在の加美町]営並柳HOPE住宅」(宮城県)は、北からの強風と地吹雪を防ぐ屋敷林や瓦屋根と漆喰壁による景観によって周辺の風景との調和を図り、地場産材の活用等による地域の活性化を意図した戸建て住宅団地である。
(一級計画:平成18年No.24

■リンク
http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/K00360/tezukurifurusato/pdf/h01_pdf/h01_machi04.pdf
↑国交省東北地方整備局のホームページです。

■解答 正。
HOPEは「HOusing with Proper Environment」の略です。「地場の環境と共生する住宅」という意味です。

――――――――――――――――――――――

岐阜県営住宅ハイタウン北方-南ブロック
(高橋昌子、クリスティン・ホーリィ、エリザベス・ディラー、妹島和世)
■問題54
岐阜県営住宅ハイタウン北方-南ブロック(北方町)は、昭和40年代に建設された公営住宅の建替えに当たって、21世紀に向けた居住様式を提案することを目標として設計された集合住宅団地である。
(一級計画:平成27年No.12

■リンク
http://zukan.exblog.jp/4660529/
↑高橋棟
http://zukan.exblog.jp/4660541/
↑ホーリィ棟
http://zukan.exblog.jp/4660533/
↑ディラー棟
http://zukan.exblog.jp/4660524/
↑妹島棟

■解答 正。総合コーディネーターの磯崎新氏が指名した4名の女性建築家がそれぞれの棟の設計を行っています。

――――――――――――――――――――――

東雲キャナルコート(しののめ)
(山本理顕、伊東豊雄ほか)
■問題55-1
東雲キャナルコート(江東区)は、6街区に分割された敷地に、それぞれ別の建築士事務所が設計を行った低層集合住宅団地である。
(一級計画:平成27年No.12
■問題55-2
東雲キャナルコート1街区(東京都江東区)は、高層板状住棟による高密度な賃貸集合住宅であり、住戸には、仕事場等として使用できる開放的な「f-ルーム(ホワイエルーム)」を設け、中廊下やコモンテラスと連続させている。
(一級計画:平成19年No.10
■問題55-3
東雲キャナルコート1・2街区(東京都江東区)は、中廊下形式を採用し、中廊下への通風や採光を確保するための大きなテラスを住棟各所にもつ高層板状住棟により構成した高密度な賃貸集合住宅である。
(一級計画:平成16年No.

■リンク
http://www.riken-yamamoto.co.jp/index.html?page=ry_proj_detail&id=66&lng=_Jp

■解答
 問題55-1 誤。「低層」ではなく「高層」です。
 問題55-2 正。
 問題55-3 正。
中廊下型を採用して高層・高密度を実現し、中廊下への通風や採光を確保するために大きなテラスを住棟の各所に設けるという解決策です。

――――――――――――――――――――――

かんかん森(事業主体:()生活科学運営)
■問題55-4
かんかん森(東京都)は、各住戸の独立性を保ちつつ、居住者が共同で使用することができる居間や台所等を設置して、コモンミールや掃除等、生活の一部を共同化している、コレクティブハウスである。
(一級計画:平成29年No.13

■リンク
https://allabout.co.jp/gm/gc/28374/
12階建ての建築物ですが、かんかん森は2階と3階の部分です。
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/unet/issue/0602/images/index_ex06.gif
↑館内見取り図です。
http://blog.livedoor.jp/kankanmori/
↑かんかん森のブログです。

■解答 正。


――――――――――――――――――――――

SHARE yaraicho(篠原聡子+内村綾乃)
■問題55-5
SHARE yaraicho(東京都)は、道路に面する部分は巨大な半透明のテント膜で覆われ、内部は吹抜け空間を介して個室7室とコモンスペースが計画された、シェアハウスである。
(一級計画:平成29No.13

■リンク
http://www.s-d-s.net/works/81
↑設計者のホームページです。
http://www.toto.co.jp/tsushin/2014_newyear/feature3_top.htm
↑ページの一番下に平面図、断面詳細図へのリンクがあります。

■解答 正。2014年に日本建築学会賞を受賞しています。

――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ
「実例」の誤りの枝の典型は、記述内容が他の建築物の説明になっているというものです。
誤りで出題されたものは、そのうち、正しい枝で出題されますので要注意です。

――――――――――――――――――――――

用賀Aフラット
(早川邦彦)
■問題46
用賀Aフラット(世田谷区)は、道路に対して視覚的に開放されつつ、ガラススクリーンで隔てられた中庭をもつ、アーティストやデザイナーの入居を想定した賃貸集合住宅である。
(一級計画:平成27No.12

■リンク
http://sekkei.exblog.jp/9868834/

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

茨城県営松代団地
(大野秀敏+三上建築事務所+アプル総合計画事務所)

■問題
47
茨城県営松代団地(つくば市)は、中庭を囲む6階建ての4棟の住棟を、4階にある「上の道」と称する回廊でつないだ集合住宅であり、「上の道」は、プレイロットや植栽等のある街路状の空間として機能させることを意図している。
(一級計画:平成19No.10

■リンク
http://sciencecity.tsukuba.ch/e259745.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

熊本県営竜蛇平団地
(りゅうじゃびら)(元倉眞琴)
■問題48
熊本県営竜蛇平団地(熊本市)は、中庭や共用部に面して住戸ごとの土間やテラス等を設け、居住者同士が互いの生活を感じながら居住することができるように計画されている。
(一級計画:平成30年No.13)


■リンク
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_1658.html
↑なぜ熊本県のホームページかというと、前回№9で説明したとおり、くまもとアートポリス事業の一つだからです。小さい写真ですが、住棟配置がよく分かります。

■解答 正。


――――――――――――――――――――――

幕張ベイタウンパティオス4番街
(松永安光+坂本一成)
■問題49
幕張ベイタウンパティオス4番街(千葉県千葉市)は、壁面線の位置・高さ、壁面率等についての「都市デザインガイドライン」に沿って設計された集合住宅であり、街区型の形式に特徴がある。
(一級計画:平成28年No.13

■リンク
http://blogs.yahoo.co.jp/wattojunkyard/30406908.html
↑4番街
http://baytown.dokkoisho.com/chiba/baytown/ptower.htm
↑幕張ベイタウン全景。街区型がよく分かります。

■解答 正。「街区」とは、道路で囲まれた一まとまりの敷地をいいます。「街区型集合住宅」とは、街区を一まとまりに計画した集合住宅をいい、一般に、道路に面した板状住棟が中庭を取り囲むように配置されます。

――――――――――――――――――――――

インナートリッププラザ神山町
(守屋弓男)
■問題50
インナートリッププラザ神山町(東京都渋谷区)は、各階に多様な世帯構成を想定した各種の住戸を配置し、相互扶助的な共生を意図したコレクティブハウスである。
(一級計画:平成16年No.9改

■リンク
http://hs-chintai.com/build-999738/room-2228937.html
↑写真が10枚あります。最後にコレクティブハウスらしい中庭や共用のLDKの写真があります。

■解答 正。
平成16年No.の出題は、主語がベルコリーヌ南大沢になっている誤りの枝でした。上記の問題は、それを正しくしたオリジナル問題です。

――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

問題
42で出てくる「再春館製薬女子寮」は、「くまもとアートポリス事業」の民間プロジェクト第一号であり、問題42-2の「熊本県営保田窪第一団地」は、同事業の集合住宅第一号です。
「くまもとアートポリス事業」は、平成28年No.10に出題されましたが、環境デザインに対する関心を高め、都市環境・建築文化等の向上を図るために、「コミッショナー」が設計者を推薦する手法が採用された事業です。

歴代コミッショナーは、磯崎新氏、高橋てい一氏、伊東豊雄氏です。
くまもとアートポリス事業による施設には、再春館製薬女子寮、熊本県営保田窪第一団地のほか、八代市立博物館「未来の森ミュージアム」、熊本県営竜蛇平団地などがあります。

――――――――――――――――――――――

ネクサスワールド香椎
(かしい)(レム・コールハースほか。磯崎新コーディネート
■問題41-1
ネクサスワールド香椎(福岡市)は、国内外の6名の建築家がそれぞれの住棟を競作した集合住宅団地である。
(一級計画:平成24年No.11
■問題41-2
ネクサスワールドのレム棟・コールハース棟(福岡市)は、各戸に採光と通風を確保するためのプライベートな中庭が設けられた接地型の集合住宅である。
(一級計画:平成27年No.12

■リンク
http://www.goodrooms.jp/journal/?p=6643

■解答 問題41-1、2ともに正。

―――――――――――――――――――――


再春館製薬女子寮
(妹島和世)
■問題42
再春館製薬女子寮(熊本市)は、80人が集まって生活することに重点を置き、居住者全員で使用するリビングスペースや浴場等の共用空間の充実を図った。
(一級計画:平成26年No.12

■リンク
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_1655.html

■解答 正。平成26年No.12の出題は、主語が求道學舎(東京都文京区)になっている誤りの枝でした。

――――――――――――――――――――――

熊本県営保田窪第一団地(ほたくぼ)(山本理顕)
■問題42-2

熊本県営保田窪第一団地(熊本市)は、三つの住棟、集会室及び中央広場で構成され、中央広場については、住戸又は集会室を介してアクセスする居住者専用のものである。

(一級計画:平成30年No.13改)

■リンク

http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_1715.html
http://www.riken-yamamoto.co.jp/index.html?page=ry_proj_detail&id=41&lng=_Jp


■解答 正。平成30年No.13の出題は、主語が茨城県営六番池アパート(水戸市)になっている誤りの枝でした。

――――――――――――――――――――――


Mポート(もやい住宅設計者集団)

■問題43
Mポート(熊本県熊本市)は、居住者の参加によって各住戸の設計が行われたコーポラティブハウスであり、居住者の交流等を意図して共用空間を配置した。
(一級計画:平成26年No.12

■リンク
http://www.i-gumi.co.jp/showcase/shugo/003.html
http://www.cnnet.jp/38ben/38ben2.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

コモンシティ星田
(坂本一成)
■問題44
コモンシティ星田A2(大阪府交野市)(かたのし)は、敷地内の緩斜面を活かした緑道の配置や、塀・門を極力設けない外構計画等により、連続した開放的な外部空間を創り出した戸建ての住宅団地である。
(一級計画:平成28年No.13

■リンク
http://www46.tok2.com/home/arc/osaka/osaka_63.htm

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

NEXT21
(大阪ガス NEXT21 建設委員会)
■問題45-1
NEXT21(大阪市天王寺区)は、今後の都市型集合住宅のあり方を考える一つのモデルとして、環境との共生、省エネルギーや環境負荷の低減、スケルトン・インフィル等の試みを行っている実験集合住宅である。
(一級計画:平成13年No.
■問題45-2
NEXT21(大阪市)は、スケルトンとインフィルとが明確に分離された構法により、戸境壁、外壁、開口部等の位置の変更を可能としている。
(一級計画:平成16年No.
■問題45-3
NEXT21(大阪府大阪市)は、二段階供給方式(スケルトン・インフィル分離方式)と環境共生をテーマにし、住戸の外壁等の規格化・部品化による可変性の確保や屋上植栽等が試みられた集合住宅である。
(一級計画:平成28年No.13

■リンク
http://www.osakagas.co.jp/company/efforts/next21/
NEXT21は、大阪ガスによる実験集合住宅です。
「コンセプト・意義」「特長・概要」「住まい・住まい方実験」「エネルギーシステム実験」などのメニューの中も見てみてください。

解答 問題45-1~3すべて正。

――――――――――――――――――――――



 

井澤ですいざわ

過去問のポイントがよく現れている写真を探すだけでも、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
それを受験生の皆さんがやるのも大事な勉強の一つだとは思いますが、このブログでサクサク便利にベストに近い写真を見るのも効率的な学習には良いですね。

―――――――
―――――――――――――――

タウンハウス諏訪
(日本住宅公団、山設計工房、みのべ建築設計事務所)
■問題36
タウンハウス諏訪(東京都多摩市)は、複数住棟の共用の庭をもち、また、各戸の専用庭及び住棟の雁行配置により住戸の独立性を高めた集合住宅である。
(一級計画:平成13No.

■リンク
http://www.jcarb.com/Portfolio00003237.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

六甲の集合住宅Ⅰ・Ⅱ期
(安藤忠雄)
■問題37-1
六甲の集合住宅(神戸市、1983年)は、住戸の一部を斜面に沿ってセットバックさせることにより、建築物を急斜面の地形になじませるように配置している。
(一級計画:平成14No.10
■問題37-2
「六甲の集合住宅Ⅰ、Ⅱ期」(神戸市)は、緑豊かな急斜面に沿った規則的な格子状の空間構成の中にテラスや中庭的空間を配して、自然や眺望を活かした住戸を創出している。
(一級計画:平成18No.24

■リンク
http://tadahitotu.exblog.jp/6497015/

■解答
問題37-1 正。
問題37-2 正。

――――――――――――――――――――――

ユーコート
(京の家創り会)
■問題38-1
ユーコート(京都市)には、住戸と住戸とのコミュニケーションを考慮した「つづきバルコニー」が設けられている。
(一級計画:平成6年No.
■問題38-2
ユーコート(京都市)は、住棟に囲まれた敷地中央のまとまった共用緑地や広場からアクセスする多様な住戸を、居住者が設計に参加するコーポラティブ方式により建設した集合住宅である。
(一級計画:平成13No.

■リンク
http://www.gakugei-pub.jp/judi/semina/s0701/de005.htm
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/42004422.html

■解答
問題38-1 正。
問題38-2 正。

――――――――――――――――――――――

プロムナード多摩中央
(坂倉建築研究所)
■問題39-1
プロムナード多摩中央(東京都多摩市)は、街区のほぼ中央にある歩行者専用道に面した接地階の住戸に、居住者が趣味や創造活動のアトリエ、教室等に利用することを想定した「フリースペース」と称する一室を設けることによって、沿道の賑わいや親しみのある景観形成を意図している。
(一級計画:平成19No.10
■問題39-2
ストリート型住宅は、集合住宅の接地階部分において、居住者が日常生活の延長として、街並みの形成に参画できるような配慮を行うことによって、街路の活性化を意図した集合住宅の住戸形式をいう。
(一級計画:平成26No.13

■リンク
http://www.rehouse.co.jp/mansion/popular/ABM0011218/
↑写真中央と右側に突き出ているのが「フリースペース」です。

■解答
問題39-1 正。
問題39-2 正。ストリート型住宅の代表例が「プロムナード多摩中央」です。

――――――――――――――――――――――

ベルコリーヌ南大沢
(マスター・アーキテクト内井昭蔵)
■問題40
ベルコリーヌ南大沢(東京都八王子市)は、マスター・アーキテクト方式による一体感のある景観をもつ集合住宅地である。
(一級計画:平成7年No.

■リンク
http://www.rehouse.co.jp/mansion/popular/ABM0001080/
こちらも「三井のリハウス」様のページですww

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

新年おめでとうございます。

本年が受験生の皆様にとって、合格して一生記憶に残る年になりますように!

――――――――――――――――――――――

桜台コートビレッジ
(内井昭蔵)
■問題31
桜台コートビレッジ(神奈川県横浜市)は、西向きの急斜面に対して住戸の軸を45度に振り、雁行した平面によりバルコニーや開口部に変化を与え、プライバシーの確保を図った。
(一級計画:平成26年No.12


■リンク
http://uratti.web.fc2.com/architecture/utii/sakuradaicourt.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

広島基町団地
(大高正人)
■問題32-1
広島市の基町団地は、工場跡地の再開発を目的として建設されたテラスハウス型の公営住宅団地である。
(一級計画:平成24年No.
■問題32-2
基町団地(広島市)は、木造老朽住宅地区の再開発事業として計画され、屋上階に共用広場をもつ中層中密度の集合住宅である。
(一級計画:平成13年No.
■問題32-3
広島市の基町団地は、戦災者用応急住宅地等の再開発を目的として建設された、高層高密度団地である。
(一級計画:平成3年No.25

■リンク
http://arch-hiroshima.main.jp/main/a-map/hiroshima/motomachi.html

■解答
問題32-1 誤。「戦災者用応急住宅であった木造老朽住宅地区の再開発」が正しい。また、高層高密度団地であり、テラスハウス(専用庭をもつ低層集合住宅)ではない。
問題32-2 誤。「中層中密度」ではなく、「高層高密度」が正しい。
問題32-3 正。

――――――――――――――――――――――

芦屋浜高層住宅
(アステム企業連合)
■問題33
芦屋浜高層住宅(兵庫県芦屋市)は、5層ごとに共用の憩いの場等である空中庭園をもつ、工業化工法による集合住宅である。
(一級計画:平成13年No.

■リンク
http://www.realdanchiestate.jp/?p=18

■解答 正。アステム企業連合(ASTM)は、A:芦屋浜、S:新日本製鉄、T:竹中工務店、高砂熱学工業、M:松下電工、松下興産の略です。

――――――――――――――――――――――

茨城県営六番池アパート
(ろくばんいけ)(現代計画研究所)
■問題34
茨城県営六番池アパート(茨城県水戸市)は、七つの住棟により囲まれた二つの中庭をもち、屋根葺材には地元で焼かれた瓦を使用する等、周辺との融和に配慮された地上3階建ての低層集合住宅である。
(一級計画:平成28年No.13

■リンク
http://gkk-tokyo.com/projects/construction/1976/mito/index.html
↑写真が3枚あります。

■解答 正。平成
28No.13の出題は、主語が茨城県営松代アパート(茨城県つくば市)になっている誤りの枝でした。茨城県つながりの誤りの枝ですね。

――――――――――――――――――――――

ライブタウン浜田山
(現代都市建築設計事務所)
■問題35
ライブタウン浜田山(東京都杉並区、1977年)は、1階のフラット住戸に設けられた専用庭と2~3階のメゾネット住戸への専用の屋外階段が、路地的なスペースに面して設けられた集合住宅である。
(一級計画:平成14年No.10

■リンク
http://www.zeroapa-vintage.com/parkside/345/
↑「2~3階のメゾネット住戸への専用の屋外階段」が良く表れています。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/42004087.html

■解答 正。

――――――――――――――――――――――



 

↑このページのトップヘ