TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

せん断補強筋比

井澤ですいざわ

■問題1
鉄骨鉄筋コンクリート構造において、梁にH形鋼を用いた場合、最小あばら筋比は0.1%とすることができる。(一級構造:平成18No.14
■問題2
鉄骨鉄筋コンクリート構造において、柱断面を被覆型鋼管コンクリートとしたので、帯筋比が0.2%以上となるように設計した。(一級構造:平成20No.15

――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 正。SRC造(充腹型≒H形鋼)のせん断補強筋比は0.1%以上とする。
問題2 正。鋼管コンクリート構造(被覆および充填被覆)では、鋼管の外側の被覆部分はRC造とみなし、せん断補強筋比は0.2%以上とする。
――――――――――――――――――――――

RC造、SRC造、鋼管コンクリート構造のせん断補強筋比を次表にまとめましたので、しっかり比較整理しておきましょう!

ポイント:RC造、SRC造、鋼管コンクリート構造のせん断補強筋比

 

せん断補強筋比

(帯筋比)

(あばら筋比)

補足

RC造

柱・梁

0.2%以上

これが基本!

耐力壁

0.25%以上

耐力壁は強度依存のため鉄筋は多め

SRC造

充腹型
(H形鋼)

0.1%以上※

鉄骨があるから鉄筋は少なめ

鋼管コンクリート構造

・被覆型
・充填被覆

0.2%以上

被覆部分はRC造とみなす


SRC造の非充腹(格子・ラチス形)の場合は、0.2%以上と規定されていますが、靱性確保の点から非充腹は望ましくないので、充腹の規定だけ覚えておけばよいです。


なお、鋼管コンクリート構造はSRC造の分類の一つです。そして鋼管コンクリート構造の「
0.2%以上」の規定は、被覆と充填被覆の場合だけです。充填(=コンクリート充填鋼管=CFT)は該当しません。これはあたり前ですよね、CFTには鉄筋は無いんですから。この辺りの話は次回お話しましょう。

RC造について、主筋量など、他の鉄筋比については、
No.348(鉄筋比)を参照してください。

http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/47997857.html

井澤ですいざわ

■問題1
鉄筋コンクリート構造において、柱のコンクリート全断面積に対する主筋全断面積の割合は、0.8%以上とする。(一級構造:平成11No.13
■問題2
鉄筋コンクリート構造の梁において、長期荷重時に正負最大曲げモーメントを受ける断面の最小引張鉄筋比については、「0.4%」又は「存在応力によって必要とされる量の4/3倍」のうち、小さいほうの値以上とした。(一級構造:平成17No.12
■問題3
鉄筋コンクリート構造において、耐震壁の梁型拘束域のせん断補強筋比は、0.2%以上とする。(一級構造:平成19No.11
■問題4
鉄筋コンクリート構造において、耐震壁の壁板のせん断補強筋比は、直交する各方向に関し、それぞれ0.25%以上とする。(一級構造:平成19No.11
■問題5
鉄筋コンクリート構造において、床スラブのひび割れを制御するため、鉄筋全断面積のコンクリート全断面積に対する割合を0.4%以上とした。(一級構造:平成18No.12

――――――――――――――――――――――
■解答
■問題1 正。
柱の主筋量は0.8%以上です。
■問題2 正。
梁の引張鉄筋比は0.4%以上です。なお、圧縮鉄筋が引張鉄筋と同量だとすると、梁の主筋全断面積の割合は0.8%になり、柱の主筋量と同じになります。また、存在応力(応力計算で求めた応力)が小さいことを確かめたら、引張鉄筋比が0.4%未満であっても、存在応力によって必要とされる量に余裕をもたせ、その4/3倍以上の量としてもよい。
■問題3 正。
梁型拘束域とは、耐力壁を囲む梁のことをいいます。そのせん断補強筋比は、通常の梁のせん断補強筋比と同じ0.2%以上です。
■問題4 正。
耐力壁のせん断補強筋比は0.25%以上です。柱・梁のせん断補強筋比0.2%よりも大きい。
■問題5 正。
床スラブのひび割れを制御するための床スラブの鉄筋量は0.4%以上です。

―――――――ポイント:鉄筋比―――――――

問題1~5の順番に並んでいます。

tekkinnryou

↑このページのトップヘ