TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

スペーサー

ワンパンマン井澤ですいざわ
(ワンパンマン、ご存知ですか? 佐藤先生にもたまにはググってもらいましょう

■問題1
鉄筋の組立てに用いるスペーサーの材質は、スラブ及び梁の底部では鋼製とし、柱、梁及び壁の側面ではプラスチック製とした。(一級施工:平成20No.8)
■問題2
片持ち庇のスラブ筋に用いるスペーサーについて、材質を施工に伴う荷重に対して耐えられる鋼製とし、型枠に接する部分には、プラスチックコーティングの防錆処理を行ったものを使用した。(一級施工:平成26No.8)
■問題3
基礎ばりの下端における鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さを確保するために、モルタル製のサイコロ型スペーサーを1.5m間隔で使用した。(一級施工:平成15No.9)

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 正
 問題2 正
 問題3 誤。モルタル製は強度が不足するため不可。1.5m間隔は適当。No.264参照。
――――――――――――――――――――――

No.264
で説明したとおり、スラブ等の水平鉄筋の位置を保持するものはサポートと呼ばれるのが一般的ですが、水平鉄筋の下端筋のサポートは、かぶり厚さの寸法の保持するのが目的のため、スペーサーとも呼ばれます。
結局、サポートもスペーサーもほとんど同じと考えて良いです。

――――ポイント:スペーサーの材質――――

■スラブ・梁の底部のスペーサー
 →原則として鋼製とする。
 →型枠に接する部分には、プラスチックコーティングの防錆処理
 →モルタル製は強度が不足するため不可

■柱・梁・基礎梁・壁などの側面のスペーサー
 →プラスチック製のスペーサーとしてもよい。
―――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

あけましておめでとうございます。
今年の皆様の合格を心から祈っています!

さっそく問題です。

■問題1
スラブ配筋において、特記がなかったので、鉄筋のかぶり厚さを確保するために、上端筋及び下端筋のサポートの数量を、それぞれ1.3/㎡程度とした。(二級施工:平成27No.9)
■問題2
梁の配筋において、特記がなかったので、鉄筋のかぶり厚さを確保するために、端部以外の部分ではスペーサーの間隔を、1.5m程度とした。(二級施工:平成27No.9)

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2とも正
――――――――――――――――――――――
まずは用語の説明から。

■サポート

 スラブ等の水平の鉄筋の位置を保持し、鉄筋のかぶり厚さを確保するもの。
■スペーサー
 壁等の鉛直の鉄筋の位置を保持し、鉄筋のかぶり厚さを確保するもの。

――ポイント:サポートとスペーサーの配置――

スラブ配筋の
サポート

梁の配筋の
サポート・スペーサー

上端筋、下端筋
それぞれ
1.3/㎡程度

間隔は1.5m程度
(端部は1.5m以内)

 

↑このページのトップヘ