TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

プレキャスト

井澤ですいざわ

■問題1
プレキャストコンクリート柱・梁部材は、国土交通大臣が定めた構造方法による場合、鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さを3㎝未満とすることができる。(一級構造:平成23No.30
■問題2
鉄骨鉄筋コンクリート構造において、鉄骨に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐火性、耐久性等を確保するとともに、鉄骨と鉄筋の納まりやコンクリートの充填性に配慮して決定する。(一級構造:平成18No.14
■問題3
鉄骨鉄筋コンクリート構造において、梁鉄骨に対するコンクリートのかぶり厚さを、主筋やあばら筋の納まりを考慮して150㎜とした。(一級構造:平成19No.14

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2、3ともに正。
――――――――――――――――――――――

■プレキャストコンクリート造(PCa造)のかぶり厚さ
 PCa造のかぶり厚さは、原則としてRC造と一緒ですが、国土交通大臣が定めた構造方法による場合、最小かぶり厚さ3㎝未満とすることができます。

■SRC造のかぶり厚さ
 問題2と3は同じ内容です。
 「鉄筋」ではなく、「鉄骨」に対するかぶり厚さであることに注意してください!
 「鉄骨」に対するかぶり厚さは、「耐火性、耐久性等を確保する」ためには、建築基準法施行令79条の3で定められた最低50㎜でよいのですが、「鉄骨と鉄筋の納まりやコンクリートの充填性に配慮」すると、一般に150㎜程度は必要になります。

――――――――――――――――――――――
それではポイントです。
RC造とともに比較整理しました。

ポイント
:かぶり厚さ

構造種別

最小かぶり厚さ

RC造
(計画供用期間「標準」、屋内側の場合)

柱・梁・耐力壁

30㎜以上

床スラブ・屋根スラブ

20㎜以上

PCa造の柱・梁

原則はRC造と一緒だが、国土交通大臣が定めた構造方法による場合、最小かぶり厚さ3㎝未満とすることができる

SRC造

79条の3では最低50㎜だが、「鉄骨と鉄筋の納まりやコンクリートの充填性に配慮」すると、一般に150㎜程度は必要。


■RC造の
最小かぶり厚さについての詳細は、No.263(最小かぶり厚さ)を参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/46423138.html

最小かぶり厚さ設計かぶり厚さについての詳細は、No.262(設計かぶり厚さ)を参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/46404775.html
・RC造 → 設計かぶり厚さ=最小かぶり厚さ+10㎜以上
・PCa造 → 設計かぶり厚さ=最小かぶり厚さ+5㎜以上

井澤ですいざわ

■問題1
初期凍害のおそれのある寒中コンクリートにおいては、AE剤、AE減水剤又は高性能AE減水剤を使用し、空気量を3%以下とする。(一級施工:平成18No.10
■問題2
プレキャスト部材に用いるコンクリートの空気量については、特記がなく、凍結融解作用を受けるおそれがなかったので、3%以下とした。(一級施工:平成21No.12
■問題3
プレキャスト部材に用いるコンクリートの空気量については、特記がなく、凍結融解作用を受けるおそれがあるので、目標値を3.0%とした。(一級施工:平成26No.12

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 誤。標準4.5%よりも増やし、4.55.5%とする。
 問題2 正。
 問題3 誤。凍害のおそれのあるプレキャストコンクリートは、4.5%を目標値とする。
―――――――――――――――――――――

はじめに、凍害(凍結融解作用)とは、建築材料中の水分の凍結に伴う体積膨張によって表面剥離などの被害が生じる現象です。

―――――――――考え方――――――――――
凍害(凍結融解作用)のおそれのある場合
凍結融解によるコンクリート中の水分の体積変化を吸収するため、空気量を増やす
プレキャストコンクリート
加熱養生時に空気の熱膨張によるひび割れを少なくするため、空気量を減らす

―――――――ポイント:空気量
―――――――
■一般の現場打ちコンクリート
① 空気量は4.5%が標準
② 凍害のおそれのある場合は、AE剤等を使用し、空気量を4.5~5.5%とする(寒中コンクリートの条件)。
■プレキャストコンクリート
① 凍害のおそれのないプレキャストコンクリートは、3.0%以下を目標値とする。
② 凍害のおそれのあるプレキャストコンクリートは、4.5%を目標値とする。

air content

――――――――――――――――――――――
上記ポイントの最後の「凍害のおそれのあるプレキャストコンクリート」を例に考え方を説明すると、標準4.5%に対して、プレキャストなので空気量を減らし、凍害のおそれがあるので空気量を増やし、ということで最終的に元に戻って4.5%となるのです。

井澤ですいざわ

■問題1
鉄筋工事において、屋内の柱の帯筋を加工するに当たり、必要な最小かぶり厚さ30㎜に施工誤差10㎜を割り増したものをかぶり厚さとした。(一級施工:平成21No.8)
■問題2
プレキャスト部材の接合用金物に対するコンクリートの設計かぶり厚さについては、特記がなかったので、必要な最小かぶり厚さに5㎜を加えた値とした。(一級施工:平成20No.20


――――――――――――――――――――
■解答
問題1、2ともに正。
――――――――――――――――――――――

「設計かぶり厚さ」は、「最小かぶり厚さ」に「施工誤差」を加えたものとします。

―――――ポイント:設計かぶり厚さ―――――
■場所打ち鉄筋コンクリート
 設計かぶり厚さ=最小かぶり厚さ+10以上
■プレキャスト部材
 設計かぶり厚さ=最小かぶり厚さ+5㎜以上
――――――――――――――――――――――

プレキャスト部材は、工場生産であり、一般の場所打ち鉄筋コンクリートよりも高い精度で施工できるため、施工誤差として5㎜を加えれば良いです。

※問題1の出題のように、「プレキャスト」と言っていない場合は、一般の「場所打ち鉄筋コンクリート」と考えます。

↑このページのトップヘ