TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

メッシュシート

井澤ですいざわ

■問題1
落下物に対する防護のための工事用シートの取り付けに当たっては、足場に水平支持材を垂直方向5.5mごとに設け、足場に緊結した。(一級施工:平成15No.6改)
■問題2
落下物に対する防護のためのメッシュシートを鉄骨外周部に取り付ける場合、垂直支持材を水平方向5.5mごとに設けた。(一級施工:平成24No.5)

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 正。
 問題2 誤。鉄骨外周部に取り付ける場合は、垂直支持材を水平方向4m以下ごとに設け、それにメッシュシートを取り付けます。
――――――――――――――――――――――

No.237で学習した、物の落下防止措置の一つであるメッシュシートの取付け間隔についての問題です。メッシュシートは、工事用シートの一種です。
メッシュシート端部の「はとめ(小穴)」と水平支持材または垂直支持材とをロープで緊結します。

―【ポイント:メッシュシートの取付け間隔】―

■足場への取付け間隔
 水平支持材を垂直方向5.5m以下ごとに設け、
 メッシュシートを取り付ける。

足場を設けない、鉄骨外周部への取付け間隔
 垂直支持材を水平方向4m以下ごとに設け、
 メッシュシートを取り付ける。

――――――
――覚え方――――――――
■メッシュシートは、原則として、足場に取り付けます。
足場への取付け間隔である「垂直方向5.5m」の数値は、枠組足場の高さ約1.8mの3層分(1.8m×3層=5.4m)です。
■足場を設けない、鉄骨外周部への取付け間隔である「水平方向4m」の数値は、鉄骨の1スパン約8mの半分です。
―――――――――――――――――――――― 

合否を分ける「なかなか正確に覚えられない過去問」の典型と言える問題です。

井澤ですいざわ

■問題1
高さ2m以上の枠組足場の墜落防止措置については、原則として、「交差筋かいに加え、高さ15㎝以上40㎝以下の下桟、高さ15㎝以上の幅木又はこれらと同等以上の機能を有する設備」又は「手すり枠」を設けなければならない。(一級施工:平成23No.2)
■問題2
枠組足場(妻面に係る部分を除く。)からの墜落防止措置として、風荷重を受けるシート類は設けず、交差筋かい及び高さ10㎝の幅木を設けた。(一級施工:平成26No.5)
■問題3
手すり枠を設けない高さ10mの枠組足場における墜落防止措置として、枠組足場の交差筋かい及びメッシュシートを設けたので、所定の下桟や幅木を設けなかった。(一級施工:平成22No.21

――――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 正。
問題2 誤。人の墜落防止措置のための幅木は、高さ15㎝以上必要。
問題3 誤。メッシュシートは物の落下防止措置であって、人の墜落防止措置にはならない。


はじめに「墜落防止措置は人の墜落」、「落下防止措置は物の落下」です。


―――ポイント:枠組足場の墜落防止措置・落下防止措置―――

■人の墜落防止措置
 ①交差筋かい+高さ15㎝以上40㎝以下の位置に下桟 or
 ②交差筋かい+高さ15㎝以上の幅木 or
 ③手すり枠
asiba

■物の落下防止措置
 ①高さ10㎝以上の幅木 or
 ②メッシュシート・防網等
―――――――――――――――――――――――――――――

特に次の2点が重要です。
①幅木について、墜落防止措置は高さ15㎝以上、落下防止措置は高さ10㎝以上。
 もちろん、墜落防止措置として高さ15㎝以上の幅木を設ければ、落下防止措置にもなります。
②メッシュシート・防網は、落下防止措置であって、墜落防止措置にはならない。

↑このページのトップヘ