TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

ラドバーン

いざわ
井澤です
問題108のテームズ・ミードが、スタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」のロケ地だったとは知りませんでした!

――――――――――――――――――――――

ハーロウ
(イギリス)
■問題106
ハーロウニュータウン(イギリス)は、近隣住区方式の原則に基づき、明快な住区の段階構成をもつニュータウンの例である。
(一級計画:平成13No.24

■リンク
http://www.ichiura.co.jp/housing/pdf/e_saisei/a-02-5.pdf
↑問題110のラドバーンでも出てきますが、ハーロウについてp2を見てください。

■解答 正。
 語呂合わせ「 近隣さん とハロー 」
       近隣住区方式 ハーロウ
 比較暗記法No.181も参照してみてください。
 http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/43523943.html

――――――――――――――――――――――

カンバーノールド
(イギリス)
■問題107
カンバーノールドニュータウン(イギリス)は、近隣住区方式からの脱却を目ざすワンセンター方式によって計画された高密度のニュータウンである。
(オリジナル)

■リンク
http://www.ichiura.co.jp/newtown/pdf/modern_nt/02.pdf
54頁にカンバーノールドが扱われています。

■解答 正。ワンセンター方式とは、各種利便施設などの中心施設を、地域の核をなす中心地区一か所に集中的に集積、形成させる方式。中心施設を近隣住区ごとに分散させる近隣住区方式とは対照的である。

――――――――――――――――――――――

テームズ・ミード
(イギリス)
■問題108
テームズ・ミード(イギリス)は、ロンドン市内のテムズ河畔再開発の一環として、G...Greater London Council。ロンドン市建設局)の設計によって建設された都市型住宅団地である。
(オリジナル)

■リンク
http://blog.goo.ne.jp/machikenminato/e/2636487d2fa83b7cf3fa3e7732c3debc
http://kubrick.blog.jp/archives/52169875.html
↑なんとスタンリー・キューブリック監督を語るブログ!
「時計じかけのオレンジ」のロケ地だったとは!
...(ロンドン市建設局)によるテームズ・ミードのプロモーション映画があります。26分と長いので、最初の2、3分を見て「夢があった頃」の雰囲気を感じていただければと思います。

■解答 正。

――――――――――――――――――――――

ミルトン・ケインズ
(イギリス)
■問題109
ロンドンの北方に位置するミルトン・ケインズは、イギリス最大級のニュータウンであり、近隣住区論による空間構成を忠実に具体化した計画案に基づいている。
(一級計画:平成22No.10

■リンク
http://blog.goo.ne.jp/machikenminato/e/65ed9df673d6591abf3e0b7745f5d4b5

■解答 誤。ミルトン・ケインズは、イギリス最大級のニュータウンですが、近隣住区理論に基づく計画ではなく、一辺約1
kmの格子状の幹線道路網が特徴です。

――――――――――――――――――――――

ラドバーン
(アメリカ)
■問題110
ラドバーン方式は、住宅地計画における人と車を分離する設計手法である。
(一級計画:平成24No.

■リンク
http://www.ichiura.co.jp/housing/pdf/e_saisei/a-02-5.pdf
↑p1、2を見てみてください。

■解答 正。ラドバーンはアメリカの都市です。その歩車分離の手法が、ラドバーン方式と呼ばれるようになりました。



 

井澤ですいざわ

■問題1 近隣住区は、一般に、小学校が一校成立する程度の人口を単位としたものである。
(一級計画:平成24No.091
■問題2 ラドバーン方式は、住宅地計画における人と車を分離する設計手法である。
(一級計画:平成24No.092
■問題3 クルドサックは、車の折り返し場所を終端部にもつ袋小路である。
(一級計画:平成24No.093


近隣住区理論、ラドバーン、歩車分離、クルドサックはワンセットで覚えましょう!

図は、
ラドバーンというアメリカの都市です。
radburn
ラドバーンと言えば、すぐ「歩車分離」とピンとこなければいけません(№169参照。2015/3/18)が、C.A.ペリーによって提唱された近隣住区理論による最初の例としても有名です。

近隣住区
は、小学校が一校成立する程度の広さを範囲とし、通過交通の多い幹線道路を境界とします。
通過交通が住宅地に入ってこないようにするために、住宅地内の車道はクルドサック(袋小路)にするのが有効です。
そして、図のように車道と分離した歩行者専用道路(フットパスとも言います)を設けます。これが「歩車分離」です。
この設計手法を都市名に基づきラドバーン方式というわけです。

―――――――――――ポイント―――――――――――
■ラドバーン(都市の名であり、方式の名でもある)
 「歩車分離
 「近隣住区理論による最初の例」
 歩車分離のために住宅地内の通過交通を排除する手法が
 「クルドサック(袋小路)」
―――――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 正
問題2 正
問題3 正

井澤ですいざわ

■問題1
ラドバーン方式は、住宅地計画における人と車を分離する設計手法である。
(一級計画:平成
24No.9)
■問題2
ボンエルフは、歩行者と自動車が共存できるように計画された街路空間である。
(一級計画:平成16No.24

―――――――――――ポイント―――――――――――
■ラドバーン
 「歩車分離
 歩車分離のために住宅地内の通過交通を排除する手法が
 クルドサック(袋小路)です。

■ボンエルフ
 「歩車共存
 歩車共存のために車の速度を低下させる手法が
 シケインハンプです。
――――――――――――――――――――――――――
radburn

woonerf
―――――――――――――――――――――――――
クルドサックは次の語呂で覚えましょう(笑)
「クルドサックはリュックサック(袋)」
「クルドサックでくるっと回転」
―――――――――――――――――――――――――

■解答
 問題1、2ともに正

↑このページのトップヘ