TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

一級建築士

井澤&清田(セイタ)です
izawa seita2
一級建築士試験に合格された皆様、本当におめでとうございます!
今まで積み上げてきた努力、乗り越えてきた困難を思い出し、喜びに浸ってください!
自分を誉めてあげてください!
そして応援してくれたすべての人に、ぜひ感謝の気持ちを伝えてください。

それでは、合格発表の主なポイントを確認します。
標準解答例、採点のポイントを参照してください。

1.合格率とランク
全国合格率は34.4%で、ランクⅠ~Ⅳの割合は下記のとおり発表されました。

実受験者数

合格者数

ランクⅠ

ランクⅡ

ランクⅢ

ランクⅣ

11,035

3,796

34.4

5.6

24.3

35.7


今年も昨年と同様にランクⅡが非常に少なく、ランクⅢとランクⅣで約6割という結果となりました。その要因として、試験機関からは具体的に以下のものが挙げられています。
・設計条件に関する基礎的な不適合:
「各ユニットのゾーニング等が不適切」、「要求している室の欠落」、「要求している主要な室等の床面積の不適合」等
・法令への重大な不適合:
「延焼のおそれのある部分の位置(延焼ライン)と防火設備の設置」、「道路高さ制限」や「直通階段に至る重複区間の長さ」等

以下、標準解答例を通して確認しておくべきポイントを掲載します。

2.居住部門の3ユニットの配置
標準解答例①、②ともに、2階にユニットAと居宅サービス部門の宿泊室等を設け、3階に居住部門のユニットB、Cを設けています。

3.個室、宿泊室の配置
標準解答例①、②ともに、居住部門の個室、居宅サービス部門の宿泊室を北側には設けていませんが、合格者のプランを見ると、これらを北側に設けた受験生も同様に合格していますので、北側に設けてはいけないという問題ではありませんでした。

4.共同生活室、デイルームの採光
共同生活室、デイルームともに「自然光を取り込み、快適な空間となるようにする。」という条件により、標準解答例①では南側から、標準解答例②では中庭から採光を確保しています。

5.地域交流スペースとテラスの配置
地域交流スペースは「地域住民等との交流の場とする。」「近隣の認定こども園との合同イベントも行う。」という条件であり、標準解答例①、②ともに、西側に計画されています。
注目すべきは、テラスについて屋外からのアプローチは課題文で明記されていないものの、標準解答例①では、歩道のない西側の4m道路からアプローチしている点です。試験対策としては「利用者のアプローチは歩道付きの道路から」というのが定石ですが、今年の敷地図を現実と照らし合わせて見れば、西側道路は地域住民が普通に往来し、そこからのアプローチも可能と判断できます。「試験だから」という決め付けは計画の自由度を狭めますので、注意が必要です。

6.バリアフリー法の円滑化基準、屋内の廊下の幅
昨年に引き続き「円滑化誘導基準」ではなく「円滑化基準」が要求され、「屋内の廊下については、有効幅員1.8m以上を確保する。」とされました。管理用の廊下もそれに従わなければならないのか注目されましたが、標準解答例①、②ともに、管理用の廊下は有効幅員1.8m未満の部分があります。
また、利用者用の廊下について、特に標準解答例②では、壁心を柱心とずらして廊下の有効幅員と居室面積を確保しており、計画の自由度を高める上で応用できます。

7.防火区画に用いる防火設備の種別
標準解答例①、②ともに、令和元年の10月試験、12月試験の標準解答例と同様に、防火区画に用いる防火設備はすべて特定防火設備とされています。標準解答例に「今後の学習の参考」として記載されているとおり、階ごとに面積区画を行い、高い安全性を確保するため、竪穴区画を特定防火設備で区画し、面積区画を兼ねる考え方です。
なお、標準解答例②では、中庭に防火設備を設けていますが、必ずしも必要ありません。
また、標準解答例では凡例にもあるとおり、防火設備の扉の開き勝手は図示されていません。

8.基礎構造
標準解答例①はベタ基礎、②は布基礎で計画されています。

9.断面図の屋上設備スペースの表現
平成30年、令和元年の10月試験、12月試験の標準解答例と同様に、屋上設備スペースは
設備機器を一つずつ図示するのではなく、スペースの外形のみが図示されています。

10.図面上に明示する「簡潔な文章や矢印等による補足」について
図面上に明示する「簡潔な文章や矢印等による補足」は、近年の標準解答例では少なくなっていますが、今年もその傾向が続いています。

11.まとめ
前述のように試験機関からランクⅢとランクⅣの要因として「設計条件に関する基礎的な不適合」「法令への重大な不適合」が挙げられているとおり、法令を守りながら設計条件に忠実に計画をまとめることが合格への道だということを強く感じさせる試験となりました。

あらためて、合格された皆様、心よりお祝い申し上げます。
また、残念な結果だった方、少しの間、試験のことは忘れてゆっくり休んでください。
落ち着いたら、来年に向けての対策を考えてください。
TACは全力で受験生の皆様を応援いたします。


【お知らせ】
TACでは来年の一級建築士設計製図試験に向け「基礎設計早期パック」「設計早期パック」を開講します。
 基礎
設計早期パック 詳細はこちら→
 設計早期パック 詳細はこちら→ 
開講に向けて以下のイベントを開催します!

無料特別公開「TAC設計早期対策説明会」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【2021年実施日時/校舎】
 仙台校 2/6(土)11:00~
 渋谷校 1/30(土)11:00~
 新宿校 2/7(日)11:00~
 八重洲校 2/21(日)11:00~
 横浜校 2/6(土)11:00~
 名古屋校 2/6(土)11:00~
 梅田校 2/6(土)14:00~

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券
【予約】予約は不要です。
 ★校舎の地図はこちら⇒


 <オンラインセミナ―も開催します>詳しくはこちら⇒







井澤ですいざわ

一級建築士設計製図試験を受験された皆様、本日は本当にお疲れ様でした。

総じて計画の自由度が非常に高く、計画を進めるに当たっての糸口が見つけづらく、その一方、建蔽率、床面積の合計の条件は厳しく、計画をまとめるのが難しい課題だったと言えます。

第一報のプランをUPします。
2018_1Q_plan

今年の課題の主な特徴は次のとおりです。

1.アプローチを想定しにくい
エントランスは、東・西・南・北のいずれに設けてもよく、アプローチを想定しにくい課題です。

2.境界線からのアキを想定しにくい

駐車場と駐輪場は敷地内に設けないため、境界線からのアキを想定しにくい課題です。
なお、東西南北いずれも最小のアキで計画すると、建蔽率を大きく超えてしまいます。床面積の合計も大きく超えてしまいます。

3.要求室の設置階を想定しにくい
利用者の部門が「健康増進部門」しかなく、設置階を想定しにくい課題です。

4.プールの配置が縦でも横でも一長一短で、想定しくにい
・プールの長さが18m、幅10mであり、プールの幅10mにプールサイド2mずつ、任意で車いす用スロープ1.5mを設けると約16m必要(8m×2)です。
・プールの長さ18mにプールサイド2mずつ設けると、約22mで計画できますが、指定された約450㎡を確保するためには、長さ約28m必要です。
・プールを縦に計画すると、隣地アキが北・南合わせて4mでギリギリとなります。
・プールを横に計画すると、南北3スパンの計画(北アキ4m・8m・8m・8m・南アキ4など)となり、南北3スパンの計画は工夫が必要になります。

5.利用者の靴の履き替え
「計画の要点等」において「利用者の靴の履き替え等を考慮した、各部門のゾーニング及び動線計画」が求められていますが、上足利用、下足利用の指定がありません。
エントランスホールで履き替えて、館内はすべて上足利用と考えることもできます。

6.「延焼のおそれのある部分の位置」、「防火設備」の図示
「延焼のおそれのある部分の位置」、「防火設備」の図示については、平成30年の二級建築士の出題と同様の出題でした。
課題文に示された「防火設備等の凡例」は「延焼のおそれのある部分」と「防火区画」に分かれ、「防火区画」の中で(防)と(特)が示されているため、防火区画について(防)と(特)を分けて図示するのが適切です。

7.コンセプトルーム
平成29年に引き続き、使い方を自由に提案するコンセプトルームが出題されました。

8.空調機械室
空調機械室が「多目的スポーツ室用に設ける。」と指示され、他の室用の空気調和設備の条件がありませんでした。他の室用の空気調和設備については、課題発表の際の「空気調和設備等を適切に計画する。」にしたがって、空調機械室等を設けるのが適切と考えられます。

9.南側の「歩行者専用道路」について
歩行者専用道路も「道路」として扱うのが妥当です。
①延焼のおそれのある部分
歩行者専用道路の中心線から1階で3m以下、2階以上で5m以下の部分は「延焼のおそれのある部分」とするのが妥当です。
また、北側、西側の隣地境界線からも1階で3m以下、2階以上で5m以下の部分は「延焼のおそれのある部分」となります。
②道路斜線制限はかからない。
前面道路の反対側に公園がある場合、道路斜線制限の起点は、公園の反対側になるため道路斜線制限はかかりません。(令134条)

10.地盤略断面図について
N値=30の砂礫層が支持層となります。
べた基礎の場合は、基礎底面まで2mとすれば地下水位よりも高く、適切です。

――――――――――――――――――――
第一報は以上です。
本日の長時間にわたる試験、及び、長きにわたる受験勉強、誠にお疲れ様でした。
果報は寝て待て、です。
しばらくはゆっくりと休んで下さい。
本当にお疲れ様でした。



こんにちは、シミズです。

今週末の3/25(日)にTAC渋谷校で実施の1級学科上級生ガイダンスを開催いたします。

当ブログで人気の井澤講師いざわがお話しします

詳細は下記の通りです。

【ガイダンス概要】※参加無料・予約不要
 ●テーマ
 「1級上級生ガイダンス」
 4月からはじまる上級コースの特徴と実績および短期合格法を説明します。
 ●場所
 TAC渋谷校 場所はコチラ→
 ●日時
 3月25日()11:00~12:00
 ●持ち物
 筆記用具
 ●参加特典
 TAC入会金(¥10,000)免除券

級学科上級生の詳細はコチラ

セミナー後には井澤講師に個別に質問も可能です。
お気軽にご参加ください。

安心してください
強引な勧誘は一切ありません

ほんだこんにちは、ホンダです。

受験生の皆様、大変お疲れさまでした。
平成29年の一級建築士学科試験の解答速報第2弾 全125問を実施します。

計画と施工は難、環境・設備と法規は易、構造は普通という印象です。
では、推定正解番号をご覧ください。

計画

№01  №02  №03  №04  №05 

№06  №07  №08  №09  №10 

№11  №12  №13  №14  №15 

№16  №17  №18  №19  №20 

環境・設備
№01  №02  №03  №04  №05 

№06  №07  №08  №09  №10 

№11  №12  №13  №14  №15 

№16  №17  №18  №19  №20 

法規
№01  №02  №03  №04  №05 

№06  №07  №08  №09  №10 

№11  №12  №13  №14  №15 

№16  №17  №18  №19  №20 

№21
  №22  №23  №24  №25 

№26
  №27  №28  №29  №30 

構造
№01  №02  №03  №04  №05 

№06  №07  №08  №09  №10 

№11  №12  №13  №14  №15 

№16 
 №17
  №18  №19  №20 

№21
  №22  №23  №24  №25 

№26
  №27  №28  №29  №30 

施工
№01  №02  №03  №04  №05 

№06  №07  №08  №09  №10 

№11  №12  №13  №14  №15 

№16  №17  №18  №19  №20 

№21
  №22  №23  №24  №25 


※ 計画の№1の解答を2に修正しています(18時31分)。

 ※この推定正解番号は、TACが独自に公表しているもので、試験実施機関とは何ら関係ありません。また、複製・転載等は固く禁じます(推定正解番号は、変更等をする場合がありますことを予めご了承ください)。

合格推定点と講評は、明日の13時ごろに公表いたします。
皆様の合格を心よりお祈りしています。

本日は、大変お疲れさまでした。

--------------------------------
【お知らせ】
◆一級建築士 設計製図試験対策
 「課題の概要説明会」を下記のとおり開催いたします。
7/27(木)19時~ TAC渋谷校
7/29(土)11時~ TAC横浜校
7/30(日)14時~ TAC札幌校、新宿校、池袋校、八重洲校、町田校、名古屋校、梅田校
予約不要、参加無料です。
参加者にはTACオリジナルプランを進呈するほか、10,000円の入会金免除券をプレゼントします。
なお、ご都合がつかない方に向けて、7/31(月)よりTAC動画チャンネルでも配信を予定していますので、こちらもご覧ください。

一級建築士 奨学生試験
2018年 一級、二級学科試験をぇ指す方に向けて、TACは今年も奨学生試験を実施いたします。成績上位者は対象コースの受講料が80%OFFになります! 
  日時 8月2日(水)19時~20時10分
 場所 TAC新宿校・TAC梅田校
    予約不要・参加無料です。奮ってご参加ください!

ほんだこんにちは、ホンダです。
二級に引き続き、平成29年の一級建築士本試験についても、試験案内が公表されました。

【申込期間】
・郵送での試験申込期間 4月17日(月)~5月1日(月)
・webでの試験申込期間 4月10日(月)~4月17日(月)
・窓口での試験申込期間 5月11日(木)~5月15日(月)

※本年から、webでの申込期間のみ二級と同日になりました。締切が早いので要注意です!
初受験者は、webでの申込はできません
 郵送または受付窓口での申込となるので注意してください。

また上記申込前に、予め「受験申込書」を郵送または窓口で入手すること、必要書類を準備することなど、事前にやることがいろいろとあります。昨年から、実務経験を証明する書類の様式が変更になり、勤務先ごとに記入するものに変わっています(二級も本年から同様の様式に変わりました)。


・製図課題の公表月21日(金)
・学科試験日 7月23日(日)
・学科試験合格発表月5日(火)
・設計製図試験日 10月8日(日)
・最終合格発表 12月21日(木)


試験日程等の詳細は、こちらをご覧ください。 

受験手続はくれぐれも早め早めにお済ませください。
準備万端にして、学習に余念を挟まないようにしましょう。
 

↑このページのトップヘ