TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

体育館

井澤ですいざわ

■問題1
体育館における配置計画は、一般に、自然採光と、夏期の通風・換気に配慮して、長軸を東西方向に配置する。
(一級計画:平成17No.12
■問題2
スポーツ施設の配置計画において、屋外サッカー競技場は、競技のフィールドの長軸を南北にとることが望ましい。
(一級計画:平成26No.5)


――【体育館・屋外サッカー場の長軸】ポイント――
■体育館の長軸
 →東西方向
■屋外サッカー競技場の長軸
 →南北方向
――――――――――――――――――――――――

体育館は屋内施設です。
自然採光のためには南面を広くするのが望ましく、そのために長軸を東西方向とします。
夏期の通風・換気の点でも、夏期は一般に南風が卓越していますので、南面を広くするのが有効です。
また、日射の点でも、夏涼しく、冬暖かくするためには南面を広くします。

一方、
屋外サッカー競技場は屋外施設です。
この場合に重要なのは、太陽の日差しが競技の妨げにならないようにすることです。
問題となるのは、太陽高度の低い東・西からの日差しです。したがって、東・西に向かって攻めることがないように、屋外サッカー競技場は長軸を南北方向とします。
南に向かって攻める際には、太陽高度が高いので日差しが問題になりません。

もちろん、あくまで一般論ですよ。

■解説
 問題1、2ともに正。

井澤ですいざわ

■問題1
成人用バスケットボールのコートを2面配置する体育館の床面の内法寸法を、30×35mとした。
(一級計画:平成13No.15
■問題2
公共体育館の計画において、天井の高さを、バレーボールの公式試合が行えるように10mとした。
(一級計画:平成13No.15改)

体育館の計画では、バスケットボールコート2面に必要な広さと、バレーボールコートに必要な高さからアリーナ(競技スペース)の容積を決定します。

――――――【体育館の寸法】ポイント――――――
■平面寸法 41m×3440m角ぐらいと覚えておけば良いでしょう。)
 バスケットボールコート2面
■高さ寸法 12.5m以上
 バレーボールコートが基準
――――――――――――――――――――――――

問題1 誤。41m×34m以上必要。
問題2 誤。12.5m以上必要。

↑このページのトップヘ