TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

危険物貯蔵所設置許可申請書

井澤ですいざわ

今回も届出と提出先の組合せの正誤問題です。
毎年必ず1問出題されますから、しっかりマスターしましょう!
なお、問題2は前回の復習です。

■問題1
 ボイラー設置届 ――――――――――――――― 消防署長
■問題2
 危険物貯蔵所設置許可申請書 ――――――――― 消防署長
■問題3
 消防用設備等設置届 ――――――――――――― 消防署長

―――――――――――――――――――
■解答
問題1 誤
問題2 誤
問題3 正

――――――――――ポイント――――――――――
ボイラー設置届 ―――――― 労働基準監督署長
危険物貯蔵所設置許可申請書
 ・消防署を置く市町村 ――― 市町村長
 ・それ以外 ―――――――― 都道府県知事
消防用設備等設置届 ―――― 消防署長
――――――――――――――――――――――――
「ボイラー設置届」も「危険物貯蔵所設置許可申請書」も「消防署長」で誤りになっていますが、過去に出題された届出の中で「消防署長」に提出するのは、「消防用設備等設置届」だけです。「消防用設備等」とは、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などです。

―――――――――――――――――――――
――
ボイラー設置届は、ボイラーの破裂等による労働災害を防止するための届出です。労働災害の防止ための届出先は「労働基準監督署長」です。


出題者はよくもまあ間違いやすいものを選んでくるな、という感じです。
皆さん、ひっかからないようにしましょうね!

井澤ですいざわ

届出と提出先の組合せの正誤問題です。

■問題1
 危険物貯蔵所設置許可申請書 ――――――――― 消防署長
■問題2
 浄化槽設置届出書 ―――――――――――――― 保健所長


――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに誤。

――――――――ポイント――――――――
■危険物貯蔵所設置許可申請書
 ・消防署を置く市町村 → 市町村長
 ・それ以外 → 都道府県知事
■浄化槽設置届出書
 ・保健所を置く市 → 市長(※町村には保健所を置く権限はない)
 ・それ以外 → 都道府県知事
――――――――――――――――――――


それぞれ、消防署と保健所がからんでくるのはイメージできると思いますが、提出先にはなりません。
提出先は上記のとおり、市町村長か都道府県知事です。

――――――――――――――――――――
■類題1
消防本部及び消防署を置く市町村の区域内において、危険物に係る貯蔵所の設置に先立ち、「危険物貯蔵所設置許可申請書」を、消防署長あてに提出した。
(一級施工:平成20No.4)
■類題2
保健所を設置していない市町村において、浄化槽を設置するに当たって、建築主事に確認の申請をする必要がない場合、「浄化槽設置届出書」を都道府県知事及び当該都道府県知事を経由して特定行政庁に提出した。
(一級施工:平成18No.4)
――――――――――――――――――――
■解答
類題1は誤。消防署を置く市町村なので、提出先は「市町村長」です。
類題2は正。

↑このページのトップヘ