TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

合格率

こんにちは。講師のセイタですせいた

いよいよTACでは今度の土日(7/18、19)から、
2級建築士 設計製図の教室講座が開講します


初回の講義では、今年の課題の特徴や、学習のポイント、
そして、製図がはじめての方への製図用具の使い方、作図の仕方など、製図の初歩から丁寧に講義します

ですので、「製図やったことないんでとっても不安です・・・」という方もご安心ください。


そしてTACでは、まだお申込を迷われている方のために、
初回の講義については、なんとまる1日「無料で」体験することができます

予約不要、参加無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください。
TACオリジナル課題のプレゼント、入会金免除などなど参加者特典もあります)


ただし、製図用具のお貸し出しはしておりませんので、
製図用具一式は必ずご持参くださいね。

ちなみに、今年は私は「八重洲校」の講師をします!
今年も昨年につづき、高い合格率を目指します。一緒にがんばりましょう!



●八重洲校  :7/18(土)9:30~17:30(休憩1時間を含む)

●渋谷校   :7/19(日)9:30~17:30(休憩1時間を含む)



講師の清田ですせいた

いよいよ、2014年の2級建築士学科本試験まで、残り2ヶ月を切りました

皆さん、勉強のほうは順調に進んでいますか?


この時期はマラソンで言うと「ラスト・スパートです。

残り2ヶ月弱の期間、どれだけ頑張れるか?によって、合否は大きく分かれてしまいます!

ということで、今回は逆転するための学習方法をお伝えします。

と言っても特別なことはありません

過去の問題を繰り返し解く!ということに尽きるのですが、そのポイントについてお話します。


1全ての問題を、満遍なく解く必要はない

→間違えた問題、分からなかった問題、そして苦手な分野は、皆さん自身が一番よく分かっていると思います。そこを中心に問題を解き、理解するまで解説・テキストを読む!そして間違える問題をどんどん少なくしていくことが大事です
明らかに分かる問題、解ける問題を繰り返し解いても意味はありません


2ある程度、割り切りは必要

 →あまり細かいことは気にせず、割り切って理解する、覚えてしまうということも、この時期からはアリでしょう。さらに、過去の出題頻度をよく見据えて優先順位を付けることも大切です。出題頻度の高い問題の取りこぼしのないように過去10年内に1回しか出題されていない問題より、毎年のようによく出る問題を優先して解けるようにすべきなのは当然のことです。


3問題集の実施に工夫を

 →問題集を読み物(本)にしてしまう、というのは私が受験時代に実施した方法の1つです。具体的には、解答枝に○を付けてしまい、さらに誤りの箇所の下に、正しい記述を記入してしまいます。そうすることで、問題集が読み物(本)に変わります。
これからの時期の通勤時間など、スキマ時間はとても貴重です
この方法により、問題を解くというより、読む、そして正しい内容を頭に叩き込むということもできます。ただし、解説も合せて読んで字面を丸暗記しないことが大事ですよ


ということで、今から本気になれば十分、合格は可能です
今ならまだ間に合います

あの時、頑張っておけば良かった…という後悔だけはしないように、自分なりに工夫して本試験までに「過去問を最低3回は解く」ように頑張って下さい

 

 

 

 

 

講師の清田ですせいた

TACの2級建築士の講義では、各科目の本講義も一通り終わりました。

いよいよ各科目の仕上げとして「直前演習講義」が今週末から始まります

2014合格目標 学科直前生

計画、法規、構造、施工の4科目について、2級建築士試験で絶対押さえておきたい内容をテーマ問題としてピックアップし、実際に受講生の皆さんに1問ずつ解いて頂いた後、問題ごとに講師がポイントを解説致します


各科目の総まとめ、苦手分野の克服のためにも、しっかりと学習していきましょう!

ほんだこんにちは、ホンダです。

以前、とある英会話学校が入会金や受講料を受け取りながら経営破綻し、社会問題になったことがありました。
その事件以来、しばらく「英会話学校」と言うだけでなんだか胡散臭い雰囲気があり、他のまじめに運営しているスクールも受講生が一時減少したという話を聞いたことがあります。

一般に、ある産業が伸びていく時は業界全体が伸びていくし、衰退するときは業界全体が衰退します。
だからこそ様々な業界では業界団体を設けて、業界の統一基準というルールの中で競争することによって、社会的信頼を確保しているんですよね。

そこから見ると、資格試験の受験業界、とりわけ建築士試験の受験業界はまだまだ発展途上です。
本来、資格試験の受験業界は、教材などの教育コンテンツや講師力などで競い合っていくことが健全な姿だと思います。そのうえで、合格者を一人でも多く輩出することに存在意義があるわけです。

しかし、建築士の受験業界では、驚異的な合格率の数値を堂々とホームページで公表し、この数値は模擬試験で正答率が7割以上の受講生の合格率、というような信じがたい注釈をしているスクールがあったりします。模擬試験はスクールが作っているのですから、正答率はお手盛りでどうにでもなることは理解できると思います。

もっとも、そのスクールに行って正答率7割以上を取れば、かなりの確率で合格できるんだ、という目安になることはあるでしょう。ただ、そこのスクールの模擬試験で7割を取ることが本試験で合格するより厳しいとすれば、それはいかがなものかと思います。

受講生の皆さんは賢明ですから、そんな数値だけでスクール選びをしているわけではないのでしょう。ただ、受験生以外の一般社会人から見れば、「なんか胡散臭いね」と言われてもやむを得ない気がします。
そして、「同じ穴の・・・」と思われるのは、とっても残念に思うのです。




↑このページのトップヘ