TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

合格発表

井澤&清田(セイタ)です
izawa seita2
一級建築士試験に合格された皆様、本当におめでとうございます!
今まで積み上げてきた努力、乗り越えてきた困難を思い出し、喜びに浸ってください!
自分を誉めてあげてください!
そして応援してくれたすべての人に、ぜひ感謝の気持ちを伝えてください。

それでは、合格発表の主なポイントを確認します。
標準解答例、採点のポイントを参照してください。

1.合格率とランク
全国合格率は34.4%で、ランクⅠ~Ⅳの割合は下記のとおり発表されました。

実受験者数

合格者数

ランクⅠ

ランクⅡ

ランクⅢ

ランクⅣ

11,035

3,796

34.4

5.6

24.3

35.7


今年も昨年と同様にランクⅡが非常に少なく、ランクⅢとランクⅣで約6割という結果となりました。その要因として、試験機関からは具体的に以下のものが挙げられています。
・設計条件に関する基礎的な不適合:
「各ユニットのゾーニング等が不適切」、「要求している室の欠落」、「要求している主要な室等の床面積の不適合」等
・法令への重大な不適合:
「延焼のおそれのある部分の位置(延焼ライン)と防火設備の設置」、「道路高さ制限」や「直通階段に至る重複区間の長さ」等

以下、標準解答例を通して確認しておくべきポイントを掲載します。

2.居住部門の3ユニットの配置
標準解答例①、②ともに、2階にユニットAと居宅サービス部門の宿泊室等を設け、3階に居住部門のユニットB、Cを設けています。

3.個室、宿泊室の配置
標準解答例①、②ともに、居住部門の個室、居宅サービス部門の宿泊室を北側には設けていませんが、合格者のプランを見ると、これらを北側に設けた受験生も同様に合格していますので、北側に設けてはいけないという問題ではありませんでした。

4.共同生活室、デイルームの採光
共同生活室、デイルームともに「自然光を取り込み、快適な空間となるようにする。」という条件により、標準解答例①では南側から、標準解答例②では中庭から採光を確保しています。

5.地域交流スペースとテラスの配置
地域交流スペースは「地域住民等との交流の場とする。」「近隣の認定こども園との合同イベントも行う。」という条件であり、標準解答例①、②ともに、西側に計画されています。
注目すべきは、テラスについて屋外からのアプローチは課題文で明記されていないものの、標準解答例①では、歩道のない西側の4m道路からアプローチしている点です。試験対策としては「利用者のアプローチは歩道付きの道路から」というのが定石ですが、今年の敷地図を現実と照らし合わせて見れば、西側道路は地域住民が普通に往来し、そこからのアプローチも可能と判断できます。「試験だから」という決め付けは計画の自由度を狭めますので、注意が必要です。

6.バリアフリー法の円滑化基準、屋内の廊下の幅
昨年に引き続き「円滑化誘導基準」ではなく「円滑化基準」が要求され、「屋内の廊下については、有効幅員1.8m以上を確保する。」とされました。管理用の廊下もそれに従わなければならないのか注目されましたが、標準解答例①、②ともに、管理用の廊下は有効幅員1.8m未満の部分があります。
また、利用者用の廊下について、特に標準解答例②では、壁心を柱心とずらして廊下の有効幅員と居室面積を確保しており、計画の自由度を高める上で応用できます。

7.防火区画に用いる防火設備の種別
標準解答例①、②ともに、令和元年の10月試験、12月試験の標準解答例と同様に、防火区画に用いる防火設備はすべて特定防火設備とされています。標準解答例に「今後の学習の参考」として記載されているとおり、階ごとに面積区画を行い、高い安全性を確保するため、竪穴区画を特定防火設備で区画し、面積区画を兼ねる考え方です。
なお、標準解答例②では、中庭に防火設備を設けていますが、必ずしも必要ありません。
また、標準解答例では凡例にもあるとおり、防火設備の扉の開き勝手は図示されていません。

8.基礎構造
標準解答例①はベタ基礎、②は布基礎で計画されています。

9.断面図の屋上設備スペースの表現
平成30年、令和元年の10月試験、12月試験の標準解答例と同様に、屋上設備スペースは
設備機器を一つずつ図示するのではなく、スペースの外形のみが図示されています。

10.図面上に明示する「簡潔な文章や矢印等による補足」について
図面上に明示する「簡潔な文章や矢印等による補足」は、近年の標準解答例では少なくなっていますが、今年もその傾向が続いています。

11.まとめ
前述のように試験機関からランクⅢとランクⅣの要因として「設計条件に関する基礎的な不適合」「法令への重大な不適合」が挙げられているとおり、法令を守りながら設計条件に忠実に計画をまとめることが合格への道だということを強く感じさせる試験となりました。

あらためて、合格された皆様、心よりお祝い申し上げます。
また、残念な結果だった方、少しの間、試験のことは忘れてゆっくり休んでください。
落ち着いたら、来年に向けての対策を考えてください。
TACは全力で受験生の皆様を応援いたします。


【お知らせ】
TACでは来年の一級建築士設計製図試験に向け「基礎設計早期パック」「設計早期パック」を開講します。
 基礎
設計早期パック 詳細はこちら→
 設計早期パック 詳細はこちら→ 
開講に向けて以下のイベントを開催します!

無料特別公開「TAC設計早期対策説明会」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【2021年実施日時/校舎】
 仙台校 2/6(土)11:00~
 渋谷校 1/30(土)11:00~
 新宿校 2/7(日)11:00~
 八重洲校 2/21(日)11:00~
 横浜校 2/6(土)11:00~
 名古屋校 2/6(土)11:00~
 梅田校 2/6(土)14:00~

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券
【予約】予約は不要です。
 ★校舎の地図はこちら⇒


 <オンラインセミナ―も開催します>詳しくはこちら⇒







こんにちはtashiro

本日、公益財団法人 建築技術教育普及センターより、
令和2年の二級建築士試験の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます


〇製図実受験者数 11,253名(10,884名)
〇合格者      5,979名(5,037名)
〇合格率      531%(46.3%)
●学科からの最終合格率 26.4%(22.2%)
※( )内は昨年

ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。
ランクⅠ:53.1(46.3%)(合格)
ランクⅡ:6.9(12.5%)
ランクⅢ:32.6(30.1%)
ランクⅣ:7.4(11.1%)
※( )内は昨年

ランクⅡが減り、ランクⅢは昨年同様に30%を超えています。




皆さん、こんにちは!
TAC二級建築士講師の岡部です。
ここからは、今年の結果を受けて簡単な講評をしたいと思います。
まずは、合格された皆さま、本当におめでとうございます

今年の設計製図試験の全国合格率は「53.1%」でした。昨年は「46.3%」と厳しい数字でしたので、例年の合格率に戻った印象です。

ランク別の割合では、ランクⅣ(一発失格)が7.4%と昨年よりは少なく、図面の未完成や主要な部屋の欠落など、大きな失敗をした人は少なかったことが分かります。
また、ランクⅢ(「知識及び技能」が著しく不足している)が、ランクⅡ(「知識及び技能」が不足している)よりも、かなり大きな数字ですので、細かい箇所のミスというよりも、設計条件を十分に満たしていないなど、基本的なレベルでミスをした人が多かったと考えられます。


建築技術教育普及センターの採点のポイントは以下の項目です。

(1)設計課題の特色に応じた計画
(2)計画一般
(3)構造に対する理解
(4)架構計画
(5)矩計に関する知識
(6)要求図書の表現
(7)設計条件・要求図書に対する重大な不適合
 

これらの項目すべてにわたって、大きなミスを犯すことなくプランニングを行い、図面を仕上げる必要があります。

今年の課題は「シェアハウスを併設した高齢者夫婦の住まい」でした。建物内部で「シェアハウス」と「住宅」できちんとゾーニングを分けて計画し、内部で行き来できる動線を確保しないといけません。また、1階にLDK(A)、LDK(B)の2つのLDKが要求されましたので、これらの部屋を欠落させることなく上手く配置させる必要がありました。

さて、設計製図の試験は年々難易度が上がり、生半可なレベルでは合格できない試験となっています。これを突破するためには、以下2点の対策が必要です。

①プランをまとめる力の強化(設計条件を正確に読み取り、適切なプランを作る)
②製図力の強化(構造を理解し、メリハリのある図面を短時間で描く)


来年の課題はRC造と予想されますので、今年の木造とは違った対策が必要になります。

課題の発表は6月ですので、①のプランをまとめる力の強化については学習を始めることが出来ませんが、②の製図力の強化については今からでも始めることが可能です。

今年涙を飲んだ方は、是非とも早めに試験対策を始めましょう。学科合格後、今回初めて製図試験を受験する方も同様です。

TACでは、設計製図試験のみを受験する方に下記のように「設計早期パック」を準備しております。早めのスタートを切って、他のライバルとの差をつけましょう。


【お知らせ】
TACでは来年の二級建築士設計製図試験に向け2月から始まり、課題発表後の設計製図本科生を含む「設計早期パック」をご用意していおります!

設計早期パックでは早期対策としてオンラインで作図方法や表現を学び、郵送にて添削指導をいたします。課題発表後には発表された課題に基づきプランニングから製図完成まで、合格レベルの設計力を養成します。教室講座の通常受講料は210,000円(税・教材費込)です。

★二級設計早期パックの詳細は以下よりご確認ください



★二級設計製図本科生の詳細は以下よりご覧ください
★頼れるTACの受講相談


こんにちはtashiro


無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】
 4月4日(土)14:00~/梅田校
 4月11日(土)11:00~/横浜校

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券

強引な勧誘はありませんので、お気軽にご参照ください


★設計早期クラス詳細はこちら→



こんにちはtashiro

昨日はセミナーに多数のご参加をいただき、ありがとうございました
2月の中旬になり、設計製図対策にもたくさんのお申込みをいただいております。

TACでは設計製図対策において、個別指導があるため定員制としております。
定員となった場合には急きょ締め切る場合もありますので、ご注意ください


無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】
 3月22日(日)11:00~/八重洲校
 4月4日(土)14:00~/梅田校
 4月11日(土)11:00~/横浜校

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券

強引な勧誘はありませんので、お気軽にご参照ください


★設計早期クラス詳細はこちら→



こんにちはtashiro

本日、公益財団法人 建築技術教育普及センターより、
令和元年の一級建築士試験の12月実施分の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます


〇製図実受験者数 5,937名(9,251名)10月実施は4,214名
〇合格者      2,030名(3,827名)10月実施は1,541名
〇合格率      34.2%(41.4%)10月実施は36.6%
●学科からの最終合格率 12.0%(12.5%)
※( )内は昨年

ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。
ランクⅠ:34.2%(合格)10月実施は36.6%
ランクⅡ:5.3% 10月実施は3.0%
ランクⅢ:31.9% 10月実施は29.2%
ランクⅣ:28.6% 10月実施は31.3%


設計製図試験の合格率としては35%を切る厳しい結果となり、また最終合格率は12.0%で昨年より0.5%下がりました。

izawa
井澤講師からの講評は本日、夕方UPいたします!


【お知らせ】
TACでは来年の一級建築士設計製図試験に向けた「設計早期クラス」を開講します。
設計早期クラス詳細はこちら→
開講に向けて以下のイベントを開催します!

無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】
 2月12日(水)19:00~/新宿校
 2月16日(日)11:00~/渋谷校
 3月22日(日)11:00~/八重洲校
 4月4日(土)14:00~/梅田校
 4月11日(土)11:00~/横浜校

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券


↑このページのトップヘ