TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

固定荷重

井澤ですいざわ

■問題1
建築物の地下部分の各部分に作用する地震力は、一般に、当該部分の固定荷重と積載荷重との和に水平震度を乗じて計算する。(一級構造:平成25No.8)
■問題2
地下部分の地震層せん断力は、「地下部分の固定荷重と積載荷重との和に、当該部分の地盤面からの深さに応じた水平震度kを乗じて求めた地震力」と「地上部分から伝わる地震層せん断力」との和である。(一級構造:平成27No.7)

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに正。
 問題1の主語は「地震力」、問題2の主語は「地震層せん断力」であることがポイントです。
―――――――――――――――――――――

 

ポイント:地下部分の地震力と地震層せん断力
――――――――――――――――――――――
① 地下部分の地震力
  =(固定荷重+積載荷重)×水平震度
② 地下部分の地震層せん断力
  =(固定荷重+積載荷重)×水平震度
   +「地上部分から伝わる地震層せん断力」
――――――――――――――――――――――
前回№326で説明したように、
水平震度とは、ある層の地震力が、その層の重量の何倍かを表します。
重量は(固定荷重+積載荷重)です。それが上記の①です。
②は、地震層せん断力です。
せん断力は応力の一つですから、求めようとする点で切断して片側に働く力を求めます。すなわち、「地下部分に直接働く地震力①」と「地上部分から伝わる地震層せん断力」の和になります。それが上記の②です。

――――――――――――――――――――――
地下部分の水平震度の大きさは、次のとおりです。
・地盤面では0.1(Zは地域地震係数)。
・地盤面からの深さが20までは、深くなるにつれて小さくなる。
地盤面からの深さが20を超えると、0.05で一定となる。
suihei_shindo2

※前回№
326で説明しました、
・屋上から突出する塔屋の水平震度が1.0Z、
・地表に設置された広告塔などの工作物の水平震度が0.5
と比べると、地下部分の地震力は小さいことがわかります。

井澤ですいざわ

今日から構造です。
「荷重・外力の組合せ」からです。
結構間違えやすい部分です。
最重要ポイントは「多雪区域で、積雪荷重を長期荷重、風圧力、地震力にどのように組み合わせるか」です。

■問題1
保有水平耐力計算に用いる荷重及び外力の組合せにおいては、地震力と風圧力が同時に作用することは想定していない。(一級構造:平成18No.8)
■問題2
多雪区域ではない地域において、暴風時又は地震時の荷重を、積雪荷重と組み合わせる必要はない。(一級構造:平成21No.7)
■問題3
多雪区域内において、長期積雪荷重は、短期積雪荷重の0.7倍の数値とする。(一級構造:平成21No.7)
■問題4
多雪区域においては、暴風時又は地震時の荷重を、積雪荷重と組み合わせる必要がある。(一級構造:平成26No.8)
■問題5
多雪区域において、暴風時に考慮すべき積雪荷重は、短期の積雪荷重を低減して用いることができる。(一級構造:平成27No.8)
■問題6
多雪区域においては、暴風時においても積雪荷重がある場合と積雪荷重がない場合とを考慮する。(一級構造:平成19No.8)
――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 正。保有水平耐力計算でも許容応力度計算でも、地震力と風圧力が同時に作用することは想定していない。
 問題2 正。
 問題3 正。長期積雪荷重=0.7S。
 問題4 正。(+0.35S)している。
 問題5 正。短期の積雪荷重Sを0.35倍に低減して用いる。
 問題6 正。
――――――――――――――――――――――
荷重・外力の組合せ

力の種類

状態

一般区域

多雪区域

長期に
生ずる力

常時

(G+P)

(G+P)

積雪時

 ---

(G+P)0.7

短期に
生ずる力

積雪時

(G+P)+S

(G+P)+S

暴風時

(G+P)+W

(G+P)+W

(G+P)+W0.35

地震時

(G+P)+K

(G+P)+K0.35

G+P:固定荷重+積載荷重
S:積雪荷重
W:風圧力
K:地震力

一見複雑そうですが、
一般区域(=多雪区域ではない区域)は単純ですね。また、多雪区域と一般区域との違いは、赤で示した積雪荷重Sの扱いだけです。

――――ポイント:荷重・外力の組合せ――――
① 一般区域、多雪区域とも、風圧力Wと地震力Kを組み合わせない。(暴風と地震は同時に来ないと想定している)
② 一般区域では、風圧力W、地震力Kだけでなく積雪荷重Sも組み合わせない。
③ 多雪区域では、積雪荷重Sを長期荷重、風圧力W、地震力Kにどのように組み合わせるかがポイント。
 →長期荷重には0.7(短期積雪荷重の0.7倍)を加える。
 →短期の風圧力W、地震力Kには0.35を加える。
④ 多雪区域で風圧力Wを計算する場合、0.35Sを加える場合と加えない場合の両方を検討する。(風により吹上力が生じるときは0.35Sを加えない場合のほうが危険だから。)
――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

■問題1
型枠支保工の構造計算において、固定荷重として、鉄筋を含んだ普通コンクリートの荷重(24k/㎥×部材厚さ())に在来工法の型枠の重量0.4k/㎡を加えた値を用いた。(一級施工:平成27No.9)
問題
型枠支保工の構造計算において、コンクリートの打込みをポンプ工法により行うので、打込み時の積載荷重を1.5k/㎡とした。(一級施工:平成24No.9)

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに正。
――――――――――――――――――――――

前回は型枠支保工の水平荷重を学習しました。
今回は型枠支保工の鉛直荷重です。
型枠支保工の鉛直荷重は、建築物の鉛直荷重と同じく、固定荷重と積載荷重に分けて考えます。

―――ポイント:型枠支保工の鉛直荷重――――

型枠支保工の鉛直荷重は、固定荷重と積載荷重の和とする。 

種類

説明

具体的な値

固定荷重

打込み時の鉄筋・コンクリート・型枠の重量による荷重

固定荷重は、鉄筋を含んだ普通コンクリートの荷重(24 k/×部材厚さm)に、在来工法の型枠の重量0.4 k/を加えた値とする。

積載荷重

打込み時の打設機具、足場、作業員、資材の積上げなどの重量による作業荷重及び打込みに伴う衝撃荷重

積載荷重は、ポンプ工法による打込みの場合は、1.5k/とする。

 

 

↑このページのトップヘ