TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

建築士

ほんだこんにちは、ホンダです。

今回から、TAC建築士講座の講師の皆さんの紹介をします。
第一回は「神部 覚」講師かんべです。


神部講師は、一級建築士としてゼネコン設計部で実務を積んだのち、建築士教育界に入りました。
すでに、建築士教育に20年以上携わっています。しかも、その経歴がハンパじゃないんです。
彼は、建築士教育で最も老舗の大手スクールで、10年以上教育の総責任者として活躍してきた方です。

現在様々なスクールで用いられている建築士講座のノウハウは、その時代に彼のスクールで構築されてきたものが基本になっています。
学科であれ設計製図であれ、全てにおいて建築士試験を知り尽くしています。

実は、本年のTACの設計製図コースは、彼のコンセプトに基づいて、彼自身がほとんどの課題を作成して行いました。
その結果、一級も二級も、ぞっとするほど本試験の傾向と一致していたんです。

その証拠として、現在TACのホームページでは、本年TACが使用した全ての課題が公開されています。
また、彼の講義の一部が、動画としてアップロードされています。

別にTACの講師だから言うのではなく、
間違いなく現在の建築士教育に関しては、TOPランクの講師であると思います。

平成26年度は、学科講座で一級の法規と構造を講義します。
また、設計製図においても25年度と同様の活躍をするでしょう。

既に齢50を超えますが、若いころはイケメンでならしていました。
YouTubeにも講義動画をアップしていますので、是非ご覧ください!

ほんだこんにちは、ホンダです。

以前、とある英会話学校が入会金や受講料を受け取りながら経営破綻し、社会問題になったことがありました。
その事件以来、しばらく「英会話学校」と言うだけでなんだか胡散臭い雰囲気があり、他のまじめに運営しているスクールも受講生が一時減少したという話を聞いたことがあります。

一般に、ある産業が伸びていく時は業界全体が伸びていくし、衰退するときは業界全体が衰退します。
だからこそ様々な業界では業界団体を設けて、業界の統一基準というルールの中で競争することによって、社会的信頼を確保しているんですよね。

そこから見ると、資格試験の受験業界、とりわけ建築士試験の受験業界はまだまだ発展途上です。
本来、資格試験の受験業界は、教材などの教育コンテンツや講師力などで競い合っていくことが健全な姿だと思います。そのうえで、合格者を一人でも多く輩出することに存在意義があるわけです。

しかし、建築士の受験業界では、驚異的な合格率の数値を堂々とホームページで公表し、この数値は模擬試験で正答率が7割以上の受講生の合格率、というような信じがたい注釈をしているスクールがあったりします。模擬試験はスクールが作っているのですから、正答率はお手盛りでどうにでもなることは理解できると思います。

もっとも、そのスクールに行って正答率7割以上を取れば、かなりの確率で合格できるんだ、という目安になることはあるでしょう。ただ、そこのスクールの模擬試験で7割を取ることが本試験で合格するより厳しいとすれば、それはいかがなものかと思います。

受講生の皆さんは賢明ですから、そんな数値だけでスクール選びをしているわけではないのでしょう。ただ、受験生以外の一般社会人から見れば、「なんか胡散臭いね」と言われてもやむを得ない気がします。
そして、「同じ穴の・・・」と思われるのは、とっても残念に思うのです。




ほんだこんにちは、ホンダです。

12月23日に安藤忠雄先生の講演会が終わった後、同じ渋谷校で法律関係資格の合同特別セミナーが開催されます。それぞれのタイムスケジュールは次の通りです。

15時30分から 社会保険労務士、宅地建物取引主任者、弁理士
16時45分から 不動産鑑定士、行政書士
18時から     司法書士、通関士

建築士の受験生にとっては無関係と思われるかもしれません。
でも、ジャンルこそ違いますが、同じ国家資格です。
こうした資格試験を目指そうとしている人たちの思いや熱意を垣間見ることができるのは、建築士の合格を目指す上でモチベーションの維持・向上に必ず役に立ちます。

また、実務に入れば、少なからずこうした資格者と触れ合う機会が生じます。
こうした他の資格者をリスペクトすることが、人間関係を高める上で大切です。
そういう点からも、他の国家資格のことを知っておくことをお勧めします。

たとえば、司法書士試験の合格率は、毎年2.7%程度です。
つまり、受験生の97.3%が不合格になるという、最難関ともいえる試験になっています。
でも、こうした試験でも、いわゆる天才だけが合格しているわけではありません。
TACの司法書士担当の講師に言わせれば、やるべきことを率直にやれる人が合格しているに過ぎないということです。

それぞれの資格試験ごとに、プロの講師の生の声を聞くことができます。
もちろん参加無料ですし、参加したからといって受講を勧誘されるようなことはありません。
自分自身の幅を広げるチャンスですから、是非参加されることをお勧めします。

ほんだこんにちは、ホンダです。

12月20日に、TACでは、一級、二級の単年度問題集2冊を発刊します。
これは、いずれも平成25年度の学科試験と製図試験の全問題、解答解説、総評及び平成26年度受験対策と法改正情報を掲載したものです。
タイトルは、「1級建築士 学科+設計製図 完全解説」といった感じです。

いろいろな受験用の資料があるなかで、1冊で前年の学科と製図の全貌がわかる本があってもいいね、という声でできあがったものです。さらに、翌年度受験生にとって大切な法改正情報などを加えることによって、まさに「新年度の受験対策をスタートさせる1冊」になっていただければと思っています。

価格もできるだけリーズナブルに、という講師室の意見を聞いていただき、一級は1,200円、二級は1,000円となる予定ですが、解説は相当に充実しています。設計製図の参考答案は、なんとA2の実寸サイズです!是非書店でご覧になってください。ちなみに、TACのサイバーブックでは、10%引きで購入できます。
http://bookstore.tac-school.co.jp/

ここで、裏ネタです。
実はまだ確定していませんが、表紙デザイン案を見せちゃいます。たぷん、こんな感じで書店に並んでいると思いますので、どうぞよろしく。

完全


↑このページのトップヘ