TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

木造

井澤ですいざわ

■問題1
鉄骨構造において、一つの継手に高力ボルト摩擦接合と溶接接合とを併用する場合、高力ボルトの締め付けを溶接に先立って行うことにより、両方の許容耐力を加算した。(一級構造:平成24No.16
■問題2
鉄骨構造において、一つの継手の中に高力ボルト摩擦接合と溶接接合とを併用する場合、先に溶接を行うと溶接熱によって板が曲がり、高力ボルトを締め付けても接合面が密着しないことがあるため、両方の耐力を加算することはできない。(一級構造:平成27No.18

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに正。
――――――――――――――――――――――

さっそくポイントです。
問題2は、それ自体がとても分かりやすい解説になっていますね。

ポイント:溶接接合と高力ボルト摩擦接合の併用
――――――――――――――――――――――
■先に高力ボルトを締め付けた場合
 →両方の耐力を加算できる
■先に溶接を行う場合
 →両方の耐力を加算できない
 →先に溶接を行うと溶接熱によって板が曲がり、高力ボルトを締め付けても接合面が密着しないため。
――――――――――――――――――――――


と、ここまでの話は、どんなテキストにも載っているかと思います。
似たような話として、木造の釘接合とボルト接合の併用まで一緒に整理しておくのが比較暗記法の真骨頂です。
この場合は、どっちの接合が先か、ではありません。

■問題3
木造軸組工法において、1か所の接合部に釘とボルトを併用したときの接合部の耐力は、それぞれの許容耐力を加算することができる。(一級構造:平成22年No.

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題3 誤。
――――――――――――――――――――――

ポイント:木造における釘接合とボルト接合の併用
――――――――――――――――――――――
■木造における釘接合とボルト接合の併用
 →両方の耐力を加算できない
 →釘は変形はじめの耐力が大きいが、ボルトは変形が進んだ後半の耐力が大きく、両者が最大耐力を発揮するタイミングが異なるため。
――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

前回の続きです。
前回学習したように、RC造の部材寸法は、柱、梁、スラブ、耐力壁のすべてを覚えておくべきですが、木造は柱の小径、S造は梁せい、壁式RC造は耐力壁の壁厚を覚えておきましょう。

■問題1
木造軸組工法による地上2階建ての建築物において、柱の小径については、所定の構造計算を行わない場合、構造耐力上主要な部分である横架材の相互間の垂直距離の1/40とした。(一級構造:平成17No.10
■問題2
鉄骨構造において、建築物の使用上の支障が起こらないことを確認しなかったので、梁のせいを、梁の有効長さの1/14とした。(一級構造:平成25No.16
■問題3
壁式鉄筋コンクリート造、地上4階建ての建築物において、4階の耐力壁の最小厚さを、150㎜、かつ、構造耐力上主要な鉛直支点間距離の1/22とした。(一級構造:平成18No.11

――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 誤。木造の柱の小径は、建築基準法施行令43条により、屋根が軽い材料か否か、用途、最上階か否かなどによって変わるが、最小でも横架材の相互間の垂直距離の1/33以上必要である。したがって、1/40では細すぎる。
問題2 正。S造の梁のせいはスパンの1/15超。
問題3 正。壁式RC造の最上階の耐力壁の厚さは、150㎜、かつ、構造耐力上主要な鉛直支点間距離の1/22以上。
――――――――――――――――――――――

前回と同じものですが、部材寸法を再掲します。

buzaisunpou

表中、「以上」と「超(超える)」があって紛らわしいですが、たわみに関する「梁せい」と「スラブ厚」は「超える」、それ以外は「以上」です。

井澤ですいざわ

■問題1
建築物の地上部分に作用する地震力について、許容応力度計算を行う場合において標準せん断力係数C0 0.2以上とし、必要保有水平耐力を計算する場合において標準せん断力係数C0 1.0以上としなければならない。(一級構造:平成24No.7)
■問題2
鉄筋コンクリート造の保有水平耐力計算を行う場合の地上部分の地震力は、標準せん断力係数C0 が「0.2以上の場合」と「1.0以上の場合」の2段階の検討をする。(一級構造:平成21No.8)
■問題3
鉄骨構造の耐震設計において、「耐震計算ルート1-1及び1-2」では、標準せん断力係数C00.2として地震力の算定を行う。(一級構造:平成26No.18改)
■問題4
地盤が著しく軟弱な区域として指定する区域内における木造の建築物について、標準せん断力係数C00.3として、地震力を算定した。(一級構造:平成27No.9改)
――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 正。
問題2 正。建築基準法施行令82条により「保有水平耐力計算」には、①許容応力度計算、②層間変形角の確認、③保有水平耐力≧必要保有水平耐力、④屋根ふき材等の構造計算が含まれます。①と②ではC0 0.2以上、③の必要保有水平耐力を計算する場合はC0 1.0以上とする。
問題3 誤。鉄骨造において、耐震計算ルート1では標準せん断力係数C00.3以上とする。
問題4 正。
――――――――――――――――――――――

F1ドライバーには、ヘアピンカーブで遠心力として4G程度の横Gがかかると言われています。首には頭の重量の4倍の水平力がかかるということです。これ、まさにせん断力です。
地震層せん断力の算定における標準せん断力係数C0は、この横Gの大きさを表すものです。
00.2ならば、その階の支えている重量の0.2倍の水平力が働くことを意味し、
01.0ならば、その階の支えている重量の1.0倍の水平力が働くことを意味します。

標準せん断力係数C
0の数値として次の表の4つをしっかりと比較整理しましょう。
standard shear coefficient
 

↑このページのトップヘ