TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

標準貫入試験

井澤ですいざわ

今回は
標準貫入試験についての「施工」の出題を扱います。

■問題1
N値とは、標準貫入試験において、質量63.5±0.5kgのハンマーを76±1㎝自由落下させて、SPTサンプラーを地盤に30㎝打ち込むのに要する打撃回数をいう。(一級施工:平成23No.24
■問題2
標準貫入試験の本打ちにおいて、打撃回数が50回に達した場合の累計貫入量が30㎝であったので、N値を30とした。(一級施工:平成16No.
■問題3
標準貫入試験の本打ちにおいて、累計貫入量が30cm未満で打撃回数が50回に達した場合、N値を50以上とし、そのときの累計貫入量を測定した。(一級施工:平成17No.
■問題4
硬質地盤における標準貫入試験では、本打ちの打撃数は特に必要のない限り30回を限度とし、累計貫入量を測定する。(一級施工:昭和60No.
■問題5
標準貫入試験では、標準貫入試験用サンプラーを50㎝だけ打ち込む間の打撃回数Nを求めることにより、地盤の硬軟の度合を調べる。(一級施工:昭和62No.


――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 正。
問題2 誤。設問の場合、N値は50である。
問題3 正。例えば打撃回数50回で累計貫入量が25cmだった場合は、N値を「50以上」とし、「打撃回数/累計貫入量」を「5025」と記入する。
問題4 誤。打撃回数の上限は、一般に50回。
問題5 誤。30cmだけ打ち込む間の打撃回数を求める。
――――――――――――――――――――――

さっそくポイントです。

ポイント
:標準貫入試験

ハンマーの質量

63.5±0.5kg

ハンマーの落下高さ

76±cm

貫入量

30cm

打撃回数の上限

50


①「質量
63.5±0.5kgのハンマーを76±1㎝自由落下」させたときの打撃は、成人が机程度の高さから飛び下りたときの衝撃と同程度です。
② 特に「30cm」と「50回」を間違えないようにしましょう。

井澤ですいざわ

■問題1
ひび割れのない粘性土のせん断強さの測定は、一軸圧縮試験が主に用いられる。
(一級施工:平成8年No.5)
■問題2
自然状態でクラックの入った粘性土の試料の強度については、一軸圧縮試験によると小さな値を示す傾向があるので、三軸圧縮試験により求めた。
(一級施工:平成17No.5)

―――――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに正

設計に必要な土の主な性質は、「せん断強さ」と「圧縮性」です。つまり、強さと変形です。
本日は「せん断強さ」について確認します。地盤はせん断破壊しますから、土のせん断強さが重要です。

――――――――――ポイント――――――――――
1.砂質土のせん断強さ
  標準貫入試験
2.粘性土のせん断強さ
  ①原位置試験
   ベーン試験・・・・・・・・軟弱な粘性土が対象
   機械式コーン貫入試験・・・軟弱な粘性土が対象
  ②室内土質試験
   一軸圧縮試験・・・ひび割れのない粘性土が対象
   三軸圧縮試験・・・ひび割れのある粘性土が対象
――――――――――――――――――――――――

1.について
 砂質土は圧力がかかっていないと崩れやすいので、試験室に持ち帰って調べる室内土質試験ではなく、原位置(=現場)で行う標準貫入試験が多用されます。

2.①について
 ベーン試験も、機械式コーン貫入試験(旧称はオランダ式二重管コーン貫入試験)も、それぞれベーンを回転、コーンを貫入できるような軟弱な粘性土が対象です。

2.②について
 ひび割れ(=クラック)がある場合には、一軸圧縮試験ではひび割れから崩れて小さな値しか出ませんので、三軸圧縮試験を行います。三軸圧縮試験は、土をパッキングして水中で全方向(XYZの三軸)から圧縮します。

↑このページのトップヘ