TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

標準養生

井澤ですいざわ

■問題1
構造体の計画供用期間の級が「標準」の場合の建築物において、梁側のせき板のコンクリートの圧縮強度による存置期間は、コンクリートの圧縮強度が5N/㎟以上に達したことが確認されるまでとした。(一級施工:平成19No.10
■問題2
高強度コンクリートにおいて、コンクリートの圧縮強度が8N/㎟以上に達したことを確認したので、梁側のせき板を取り外した。(一級施工:平成20No.9)
■問題3
プレキャストの耐力壁の部材コンクリートの脱型時所要強度は、脱型時にベッドを7080度まで立て起こしてから吊り上げる場合、10/㎟とした。(一級施工:平成18No.20
■問題4
プレキャスト部材の脱型時所要強度については、脱型時にベッドを傾斜させないで部材だけを片側から立て起こす計画としたので、12/㎟とした。(一級施工:平成26No.12

――――――――――――――――――
―――
■解答
 問題1、3、4 正。
 問題2 誤。高強度コンクリートの梁側のせき板は、10/㎟以上が確認されれば取り外すことができる。
――――――――――――――――――――――

――ポイント:梁側のせき板(垂直部材)の圧縮強度による存置期間――

 

計画供用期間の級

圧縮強度

普通
コンクリート

短期・標準

5N/㎟以上

長期・超長期

10/㎟以上

高強度コンクリート

10/㎟以上

※「梁側(はりがわ)のせき板」とは、梁の側面のせき板です。

――ポイント:プレキャスト脱型時の所要強度――

脱型方法

脱型時の所要強度

ベッドを傾斜させない場合

12/㎟以上

ベッドを7080°まで立てる場合

8~10/㎟程度

precast
コンクリートの圧縮強度の数値については、設計基準強度の一般的な値である24/と比較して考えましょう。


供試体の養生方法
上表のような
若材齢時(打設後の日が浅く、強度がまだ小さい時)の圧縮強度試験に用いる供試体には標準養生は使えません。
水和熱で温度上昇中の「若材齢時の強度」と、約20℃に温度調整された「標準養生の強度」との相関性が低いためです。したがって、現場養生(現場水中養生・現場封かん養生)とします
また、プレキャストは加熱養生を行うので、供試体も同一の加熱養生とします。

「供試体の養生方法」については、
No.2942016320日)もぜひ参照してください。

井澤ですいざわ

■問題1
型枠工事において、支保工の存置期間をコンクリートの圧縮強度により決定するための供試体の養生方法については、標準養生とした。(一級施工:平成20No.9)
■問題2
計画供用期間の級が「標準」の建築物において、梁部材のせき板の最小存置期間をコンクリートの圧縮強度によるものとしたので、供試体の養生方法を標準養生とした。(一級施工:平成26No.9)
■問題3
マスコンクリートの場合、構造体コンクリートの圧縮強度管理のための供試体は、標準養生、構造体温度養生、コアのいずれかとする。(一級施工:平成17No.12
■問題4
場所打ちコンクリート杭に打ち込むコンクリートの品質管理については、供試体の養生を標準水中養生で行った。(一級施工:平成25No.11
■問題5
プレキャスト鉄筋コンクリート工事において、部材製造工場における脱型時の部材コンクリートの圧縮強度は、部材の製造場所において採取し、標準養生を行った供試体の圧縮強度試験の結果により確認した。(一級施工:平成23No.12
■問題6
プレキャストの耐力壁の水平接合部に用いる敷モルタルの圧縮強度は、現場水中養生した供試体の圧縮強度が、材齢28日において部材コンクリートの品質基準強度以上となるように管理した。(一級施工:平成18No.20

――――――――――――――――――――――
■解答
問題1 正。
問題2 誤。梁側のせき板は現場養生(現場水中養生又は現場封かん養生)に限る。
問題3 正。
問題4 正。
問題5 誤。プレキャスト脱型時の供試体は、部材と同一の加熱養生を行う。
問題6 正。

――――――――――――――――――――――
圧縮強度試験に用いる供試体の養生方法には、主に次の3種類があります。
■標準養生・・・・・約20℃に温度調整された水中で養生。
■現場水中養生・・・現場気温で水中で養生。
■現場封かん養生・・現場気温でビニールなどで包んで(封かん)して養生。

圧縮強度試験に用いる供試体の養生方法は、
一般的には、上記のどれでもよいのですが、次表のように、標準養生ではダメなもの、逆に標準養生でないとダメなものがあります。

次表の「現場養生」とは現場水中養生と現場封かん養生を指します。
 

 

標準
養生

現場
養生

備考

型枠支保工の存置期間を決定するための供試体

問題1
型枠支保工は梁下で設計基準強度の100%以上、スラブ下で設計基準強度の85%以上で取り外せる。

せき板の存置期間を決定するための供試体

×

問題2
梁側のせき板は5N/㎟で取り外せる。そのような若材齢と標準養生(20℃水中養生)の相関性は低いので、現場養生に限る。

マスコンクリートの供試体

×

問題3
マスコンクリートは大断面のため、水和熱が蓄積され、内部温度と現場気温が大きく異なるので、現場養生の意味がない。

場所打ちコンクリート杭の供試体

×

問題4
地中温度と現場気温は大きく異なるので、現場養生の意味がない。
地中温度は15℃程度で一定で、20℃の標準養生と近い。

プレキャスト脱型時の供試体

×

×

問題5
プレキャストは加熱養生を行うので、供試体も同一の加熱養生を行う。

プレキャスト敷モルタルの供試体

×


水中

問題6
敷モルタルは現場打ち。

 

井澤ですいざわ

前回は、品質基準強度、設計基準強度、耐久設計基準強度を学習しました。
今回は、調合管理強度、調合強度です。

■問題
構造体コンクリート強度の検査において、標準養生による3個の供試体の材齢28日における圧縮強度の平均値がコンクリートの調合管理強度以上であったので、合格とした。(一級施工:平成27No.10

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題 正
――――――――――――――――――――――

まずいろいろな「強度」の関係を次図で確認してください。
tyougoukyoudo

一言で表現すると次のとおりです。

――――――――ポイント―――――――――――
■品質基準強度
 構造体コンクリートが持つべき強度。
■調合管理強度
 強度管理(チェック)用の標準養生(20℃水中養生)の供試体が持つべき強度。
調合強度
 調合の目標とする強度。
――――――――――――――――――――――
■問題解説
調合管理強度は「標準養生(20℃水中養生)の供試体が持つべき強度」ですから、設問のように「標準養生の供試体の強度」が「調合管理強度」以上であれば合格です。

■最後に調合強度は、調合の目標とする強度です。
 調合強度=調合管理強度+誤差を考慮した割増し
例えば、調合管理強度で30/㎟が必要ならば、誤差を考慮して、目標を33/㎟などと割増ししないと30/㎟確保できません。

↑このページのトップヘ