TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

製図

二級建築士_TACオリジナル解答プラン

↑まずは今年の試験のTACオリジナル解答プランです。
seita2
さて皆さんこんばんは、二級講師の清田(セイタ)です。

 

本日は二級建築士設計製図試験、大変お疲れ様でした。

皆さんは、いかがでしたでしょうか?

では、どこよりも早い速報(プラン)をお届けします

 

今年の課題は要求室に特に大きなサプライズ条件はなかったものの、既存樹木が建物の配置計画に大きな影響を及ぼし、難しく感じた受験生もいた模様です。
また平成29年の課題条件が引き続き出題されたことも大きな特徴でした。

以下、課題のポイントを示します。

●外壁の仕上げ→乾式工法
平成29年の出題と同じでした。乾式工法→窯業系サイディングなどとすれば良く、TACの課題でもやっていたので十分対応できたと思われます。

●バルコニーの出題
実務ではほとんどの住宅にあるものですが、なぜか試験では出題されなかった「バルコニー」
そろそろ出題の可能性を感じ、TACの課題でも課題の中でインナーバルコニーをやっていましたので対応できたのではないでしょうか。

●階段の踏面、蹴上げの寸法指定
こちらの条件も、過去の試験(平成29年の出題)と同じでした。TACの課題でも7課題中、2課題でやっていましたので大丈夫だったのではないでしょうか。

●部分詳細図
2階屋根部分の出題でした。TACの課題でもやりましたので、対応できたのではないでしょうか。


総体的には、大きなサプライズはなかったものの、やはり敷地の「既存樹木」が計画のキモとなり、プランニング力が試された試験であったと言えるでしょう


では、明日15時頃までの講評第2弾を本ブログにアップします。
お楽しみに





【お知らせ】
先日、令和2年試験より受験資格の緩和について公表されました!
二級から一気に一級まで合格を目指す方向けに2つのイベントをご用意しました

受験資格緩和イベント開催!!
Ⅰ「無料セミナー」参加無料・予約不要

令和2年より一級建築士の受験資格が緩和されることが決定しました。その詳細や、二級から一気に合格をするにはどうすればよいかなどを解説します!
終了後には個別の受講相談もできます。是非、ご参加ください。

【実施概要】
●日時 9/23(月・祝)14:00~15:00
●場所 TAC新宿校(地図はこちら→
●参加特典 TAC入会金免除券

Ⅱ二級受験生向け「奨学生選抜試験」受験無料
二級から一気に合格をする方をサポートするため、「奨学生選抜試験」を実施します!
成績上位者は対象コース「最大80%OFF」!自宅で受験可能!
参加者全員に入会金免除券進呈
(お申込み期間:9/18(水)~9/26(木))

【実施概要】
●日程 9/29(日)0:00~23:00
●実施形態 TAC Web SchoolのWeb上のみ
●対象コース 2020年一級総合学科本科生・学科本科生
●対象者 二級受験経験者

詳細はこちら(PDF)

ほんだこんにちは、ホンダです。

本日、平成30年の一級建築士試験の最終合格発表がありました。

●実受験者数 学科25,878名 製図9,251名(前年8,931名)
●合格者数  学科4,742名   製図3,827名(前年3,365名)
●合格率   学科18.3%  製図41.4%(前年37.7%)
●総合合格率 12.5%
※総合合格率とは、今年学科試験から受験した方と、今年設計製図試験のみを受験した方の総数30,545名に対する最終合格した方3,827名の割合です。

合格者のうち、26.7%が女性となりましたから、4人に1人以上は女性という結果でした。

建築技術教育普及センターのページ
から、標準解答例等もご覧いただけます。


合格した皆様、心よりお祝い申し上げます。
また、残念な結果に終わった方も捲土重来です。来年は合格を掴み取ってください。



こんにちは、講師の清田(セイタ)です。
せいた

9/9(日)試験当日の速報から更に分析をして一部更新し、別プランも追加アップしました。

 

設計課題「地域住民が交流できるカフェを併設する二世帯住宅」

今年度の課題は、想定内のオーソドックスな要求室ばかりでサプライズ条件がなく、プランは比較的まとめやすかったと思われます。ただし、プラン以外において以下のようなサプライズがあり、難しく感じた受験生も多くいたようです。


 

●エレベーターシャフトについて、床面積に「算入する」。

建築基準法上、容積率算定上の床面積については、エレベーターシャフトは床面積に算入しませんが、容積率算定以外の規定を考えるときは、算入することになります。

算入する、算入しない、引っ掛けのようで釈然としませんが「問題文をよく読んで従う」ことが大切ですね

 

外観及び外構計画に配慮する条件。

 カフェ(店舗)としての外観(ファサード)や、外構計画が求められました。外観については、主に立面図や計画の要点で表現することになり、例えばカフェとしてのちょっとした看板や外壁をレンガ仕上げの表現にするなどの工夫が求められました。

外構については、「地域住民が交流」という観点から、屋内から出入りできるテラスを設けたり、外の植栽を眺めながらくつろぐために緑豊かに植栽を植えるなどの配慮が必要でした。

 

住宅の竪穴部分(階段、エレベーター、吹抜け)は防火区画し、その表記が求められた。

 法的な解釈としては、住宅部分が200㎡を超えた場合に、階段、EVシャフト、吹抜け等について竪穴区画が必要となります。

ただ、試験の問題文の中で、住宅の竪穴部分(階段、エレベーター、吹抜け)は防火区画してください」とあるので、200㎡超えていなくともこの条件に従う必要があると考えられます。あくまで、問題の指示に従うことが第一優先です。

 

延焼のおそれのある部分の範囲(破線)を記入し、隣地境界線までの離れを記入することが求められた。

【延焼のおそれのある部分】


道路側:道路中心線から、1階にあっては3m以下、2・3階にあっては5m以下。

隣地側:隣地境界線から、1階にあっては3m以下、2・3階にあっては5m以下。

→課題の道路条件から、道路側については延焼ラインの記入は不要。建物の配置によっては、北側、東側の隣地境界側に延焼ラインの記入が必要となります。

 

 延焼ラインについては学科の法規で学習したとは言え、かなり難しい条件でした。

正しく記入できた受験生は、少なかったのではないでしょうか?延焼ラインにかかる開口部には全て、防火設備の表記が必要となります。

 

●計画の要点において、環境負荷低減(省エネルギー等)に関する工夫点が求められたこと。

 これも記述としては難しい問題でした。例えば、南面や西面に庇やルーバーなどを設けて日射を遮る工夫をしたとか、ガラスにLow-Eガラスを使用したなどが一例でしょうか。

 

●部分詳細図は、3階屋根部分の要求であった。

今年はRC造課題で初めての部分詳細図の出題されたことで、作図時間が懸念されましたが、多くの受験生が時間内に作図完成まで持っていけたようです。TACでは7課題中、後半の2課題で3階屋根部分の練習をしていたので、問題なく対応できたのではないでしょうか。

 

 

【総評】

延焼ライン、防火設備の記入及び防火区画については、多くの受験生がつまずいた所だと考えます。どうしてもそこだけに注目しがちですが、皆ができていない=この部分では差がつかない、ということになります。

この試験は相対試験です。上記以外の所で条件違反がなく、要求事項の記入漏れの少ない、表現の良い図面を描けたかどうか?で合否が決まってくるのではないでしょうか。

 

それでは、TACオリジナル解答例をご覧下さい。

※パーフェクトなプランではないかもしれませんが、合格するには十分だと考えます。

 

プラン1

※2階の子夫婦寝室の動線には目をつぶっています。

※2階バルコニーにおいて、十分な開放性がない場合、一部床面積に算入することも考えられますが、その場合でも2㎡プラスで298㎡となり、面積オーバーとはなりません。

2018_2kyu_seizu_sankou

 

プラン2

※西側道路に平行に駐車を設けたパターンです。
※交差点の「歩道の斜線部分」に駐車のためのアプローチを計画してはいけません。「駐車スペースを計画してはいけない」ではありません。(このプランのアプローチは(車の道路からの出入り)は斜線の範囲から外しています。問題文はよく読まないといけませんよ


二級建築士 TACプラン2


※ブログにコメント頂いた方々
個別の対応については際限がなくなるため、申し訳ございません


こんにちは、講師の清田(セイタ)ですせいた

本日、平成30年の二級建築士設計製図試験の課題が発表されました。

課題から読み取れることを、どこよりも早く、速報としてお伝えします!


■平成30年二級建築士「設計製図の試験」の発表課題

---------------------------------------------------------------------------------
「地域住民が交流できるカフェを併設する二世帯住宅」
 鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3階建て

◆要求図面
  1階平面図兼配置図[縮尺1/100]
  • 2階平面図[縮尺1/100]
  • 3階平面図[縮尺1/100]
  • 立面図[縮尺1/100]
  • 断面図[縮尺1/100]
  • 部分詳細図(断面)[縮尺1/20]
  • 面積表
  • 主要構造部材表
  • 計画の要点等

(注)答案用紙には、1目盛が5ミリメートル(部分詳細図(断面)については10ミリメートル)の方眼が与えられている。
-----------------------------------------------------------------------------------

■課題の分析■

1.「鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3階建て」について

予想どおり今年はRC造でした。

なお3階建ての要求は、前回のRC課題(平成27年)に続いて2回連続の出題となります。

この文末に類似課題である平成
21年本試験のTACオリジナル答案例を掲載しましたので、RC造3階建ての作図内容等の参考にしてください。

 

2.「二世帯住宅」

二世帯住宅(親世帯、子世帯(夫婦、子供)が共に住まう住宅)で、居間・食事室・台所、浴室、洗面などを共用するのか、あるいは別に設けるのか、で計画は大きく変わります。いろいろなパターンを学習する必要がありそうです。

 

3.「地域住民が交流できるカフェ」

地域住民が気軽に集い、コミュニケーションがとれる「コミュニティカフェ」と呼ばれるカフェがあります。カフェとして飲み物や軽食を食べられるだけでなく、地域社会の中での「たまり場」として、地域の人が作った作品を展示するための「展示スペース」や作った商品を「販売するスペース」があったり、あるいは地域交流のためのイベントやワークショップを行ったりなど、そのためのスペースも大いに考えられます。つまり、カフェ機能+地域コミュニティの核としての機能が求められるでしょう。


そして、これまでの試験でよく出題されてきた、店舗などの「併用住宅」ではなく、「併設」というキーワードがポイントです。「併用住宅」では、店舗を経営する人は、主に建物の住人ですが、今回は「併設」とあるので、カフェを経営するのは建物の住人ではない可能性が高いと考えられます。
その場合、住宅とカフェの管理区分を考慮した、ゾーニングや動線計画が求められるのではないでしょうか。

 

4.計画のポイント

上記のキーワード「二世帯住宅」、「地域住民が交流できるカフェ」において、計画上の大きなポイントは次の3点が考えられます。

●二世帯の共用と分離

・二世帯が共用する空間・分離する空間のパターンに応じた、ゾーニングと動線計画

●バリアフリー

・親世帯に配慮し、段差や通路幅員、エレベーターなどのバリアフリーに配慮した計画

・カフェを利用する幅広い年齢層の客(高齢者~妊婦、乳幼児など)にも使い易い、バリアフリーに配慮した計画(ユニバーサルデザイン)

●カフェと住宅の動線計画

・カフェと住宅について、敷地外から玄関までのアプローチをどう計画するのか

・建築物内では、カフェと住宅について1~3階までの縦動線(階段およびエレベーター)をどう計画するか

 

5.要求図面について

要求図面について注目すべきは、「部分詳細図(断面)〔縮尺1/20です。木造課題では、近年の定番として出題されていますが、RC造で部分詳細図が求められたのは、今回が初めてでしょう。なお、だいぶ前の試験ですが、平成10年以前においては「矩計図(かなばかりず)」の要求があったことがあります。

「部分詳細図(断面)」とは、「部分的な矩計図」です。次の3つの部分の部分詳細図のどこが出題されるのか試験当日まで分かりませんので、全ての練習が不可欠です。

●基礎部分

●2・3階床部分

●屋根部分

なお、これまでのRC課題で要求されていた「仕上げ表」については要求図面からは外れましたが、部分詳細図内に仕上げ名称を記入することになるので、主な仕上げ材料名は覚える必要があります。

 

6.近年の出題傾向を踏まえた受験対策を

近年はサプライズがなくオーソドックスな出題となっています。

消化しきれないほど多くの課題を解くことははっきり言って遠回りです

厳選された良問をしっかり消化すること。これが合格の秘訣です

 

――――――――――――――――――――

以上、課題から読み取れることを速報としてお伝えしました。

 

■TACの二級建築士設計製図コースについて■

TACの二級建築士設計製図コースは7課題です。

厳選された課題であれば7課題で十分合格できます

無理なく無駄なく合格しましょう

 

試験対策としては、まずは作図です。

お申込みをされるとすぐに作図練習セットが届きます。設計製図試験から受験される方は今から作図練習をしておきましょう。

講義の中でも作図の仕方から丁寧に指導していきますので、初受験の方も安心してくださいね

 

●TAC二級建築士設計製図コースのHPはこちらです。

https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_crs_2kyu_16seizu.html

定員がありますので、お申込みはお早めにお願いします。

 

●二級建築士「課題の概要説明会」を、なんと本日実施いたします

渋谷校  6/6(水)190020:00

どこよりも早くやります!そして、しつこい勧誘もありません。

奮ってご参加ください。

一緒にニ級建築士を勝ち取りましょう!

 

 

■参考図面■

以下は、平成21年本試験「商店街に建つ陶芸作家のための工房のある店舗併用住宅〔鉄筋コンクリート構造(ラーメン構造)3階建て〕」
H21-2Q製図-オリジナル答案例









こんばんは、清田(セイタ)ですせいた

本日は2級建築士設計製図試験、大変お疲れ様でした。
皆様、いかがでしたでしょうか?

どこよりも早い速報です

今年の課題は、総評として昨年よりも易しい課題であったと思われます。
理由として、大きなサプライズ条件がなかったことが挙げられます。
強いて言えば、階段の蹴上げ、踏面の寸法指定くらいでしょうか。それ以外は要求室も目新しいものはなく、内部計画はまとめやすかったと思われます。
ただ屋外施設の要求がたくさんあり、それらをうまくまとめ、計画できたかどうかがポイントでした。


①計画について
西道路で、敷地形状は17m×17mの正方形でした。TACの課題3でも西道路やりましたね

要求の駐車スペース2台分のうち、奥行きが7,000㎜もの大きな車椅子使用者用には、少し驚いた方もいたかもしれません。
なお2台分の駐車スペースの配置の仕方は、南側にまとめる、南北に1台ずつ分けるなどによって全体計画が変わってきたかと思われます。

②各図種について
(1)立面図
  オーソドックスな南側立面図でしたので、作図しやすかったのではないでしょうか。

(2)部分詳細図
  予想通り、2階床組み部分の出題でしたね
  この場合、切断位置における構造部材(胴差、床梁)の寸法が伏図と整合性がとれていることが大切です

(3)外壁の仕上げ
  出題は乾式工法ということで、これまでの湿式工法(モルタル塗り)でない、窯業系サイディングや金属系サイディングなどを部分詳細図・仕上表に記入すればOKでした。
 TACでも7課題中、6課題を「窯業系サイディング」で練習してきましたから大丈夫でしたね


以上からすると、ほとんどの方が時間内にプランをまとめ、作図も終えているのではないでしょうか。
ということは、要求事項の記入漏れの少なく、作図表現の良い図面をしっかりと描けたかどうかで合否が分かれてくるのではないでしょうか。

最後にプラン例です↓
(速報ですので、パーフェクトなプランではないかもしれませんが、悪しからず
2017_二級建築士設計製図課題プラン01


2017.9.13 追記
南北に駐車スペースを分離したプラン2を掲載しました

2017_二級建築士設計製図課題プラン02


↑このページのトップヘ