TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

解答

二級建築士_TACオリジナル解答プラン

↑まずは今年の試験のTACオリジナル解答プランです。
seita2
さて皆さんこんばんは、二級講師の清田(セイタ)です。

 

本日は二級建築士設計製図試験、大変お疲れ様でした。

皆さんは、いかがでしたでしょうか?

では、どこよりも早い速報(プラン)をお届けします

 

今年の課題は要求室に特に大きなサプライズ条件はなかったものの、既存樹木が建物の配置計画に大きな影響を及ぼし、難しく感じた受験生もいた模様です。
また平成29年の課題条件が引き続き出題されたことも大きな特徴でした。

以下、課題のポイントを示します。

●外壁の仕上げ→乾式工法
平成29年の出題と同じでした。乾式工法→窯業系サイディングなどとすれば良く、TACの課題でもやっていたので十分対応できたと思われます。

●バルコニーの出題
実務ではほとんどの住宅にあるものですが、なぜか試験では出題されなかった「バルコニー」
そろそろ出題の可能性を感じ、TACの課題でも課題の中でインナーバルコニーをやっていましたので対応できたのではないでしょうか。

●階段の踏面、蹴上げの寸法指定
こちらの条件も、過去の試験(平成29年の出題)と同じでした。TACの課題でも7課題中、2課題でやっていましたので大丈夫だったのではないでしょうか。

●部分詳細図
2階屋根部分の出題でした。TACの課題でもやりましたので、対応できたのではないでしょうか。


総体的には、大きなサプライズはなかったものの、やはり敷地の「既存樹木」が計画のキモとなり、プランニング力が試された試験であったと言えるでしょう


では、明日15時頃までの講評第2弾を本ブログにアップします。
お楽しみに





【お知らせ】
先日、令和2年試験より受験資格の緩和について公表されました!
二級から一気に一級まで合格を目指す方向けに2つのイベントをご用意しました

受験資格緩和イベント開催!!
Ⅰ「無料セミナー」参加無料・予約不要

令和2年より一級建築士の受験資格が緩和されることが決定しました。その詳細や、二級から一気に合格をするにはどうすればよいかなどを解説します!
終了後には個別の受講相談もできます。是非、ご参加ください。

【実施概要】
●日時 9/23(月・祝)14:00~15:00
●場所 TAC新宿校(地図はこちら→
●参加特典 TAC入会金免除券

Ⅱ二級受験生向け「奨学生選抜試験」受験無料
二級から一気に合格をする方をサポートするため、「奨学生選抜試験」を実施します!
成績上位者は対象コース「最大80%OFF」!自宅で受験可能!
参加者全員に入会金免除券進呈
(お申込み期間:9/18(水)~9/26(木))

【実施概要】
●日程 9/29(日)0:00~23:00
●実施形態 TAC Web SchoolのWeb上のみ
●対象コース 2020年一級総合学科本科生・学科本科生
●対象者 二級受験経験者

詳細はこちら(PDF)

せいたこんにちは、清田です。

平成29年 二級建築士学科試験の講評を公開いたします。

昨日の二級建築士学科試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした

 

全体的な難易度としては、午前中の計画はやや易しく、法規はやや難しく、午後の構造は標準的、施工はやや難しかったと言えます。
4科目全体で見ると、
「標準的~やや難しかった」と言えるでしょう。

また、例年に比べ、目新しい出題が比較的少ない印象でしたが、建築の本質を突いた出題、これから実施する設計製図試験をにらんだ出題などがあったように思われます

 

■計画■

全体的にやや易しい問題でした。
ただ、環境工学のNo.5(壁内の内部温度分布)は、断熱性の大小、温度分布の勾配ともに、断熱材>密閉空気層>コンクリートという知識を求める難問でした。

・次のような新規論点も出題されましたが、それに惑わされないだけの過去問の理解があれば正解できた問題構成になっていました。

No.10枝2、3、4(風速増加率、冷房デグリーデー、風配図)、No.12(L・D・Kの組合せ形式)、No.18枝5(共同建替、協調建替)、No.20枝3(誘引ユニット)、No.25枝2(天井チャンバー方式の圧力損失)

No.19(建築設備)は、枝1、2(ウォールウォッシャ、ストレーナ)の2つには絞れたと思われますが、ともに新規問題でしたので難しかったと思われます。

 

■法規■

全体的にやや難しい問題でした。昨年に続いて「問題文が長文化」しており、問題を読み解き、理解するだけでも時間がかかったのではないでしょうか。

・図・計算問題(No.6軸組、No.14用途制限、No.16建築面積、No.19高さ)は定番の問題ばかりでしたが、No.1高さ等」、「No.5採光」の問題は平成25年以降の出題がなかったため、久しぶりの出題となりました。また、№8(確認申請書に添付する図書)は新しい傾向の出題で戸惑った方も多かったと思われますが、問題文どおり建築基準法施行規則第1条の3を順に調べれば、解答枝は見つけられた問題でした。

・その他、次のような近年の法改正内容からの出題が数多く見られました。

No.2枝2、No.10枝1(幼保連携型認定こども園)、No.3枝5(不服申立ての審査請求)、      

No.7枝5(特定天井)、No.9枝5(強化天井)、No.17枝3(特定避難時間倒壊等防止建築物)、

No.21枝5(延べ面積300㎡超の場合の書面による契約締結の義務)

 

■構造■

全体的に標準的な問題でした。
力学6問は標準的な難易度でした。No.(断面の性質)は、過去10年で1回しか出題のなかった「断面一次モーメント」の問題でした。№4(3ヒンジラーメン)では、初めて応力(せん断力)まで求める出題でした。

・構造計画の4問(№7、8、1819)は比較的易しい出題でした。

・各種構造、建築材料は、№12枝1(土台継手の下木)など新規問題が解答枝のものもありましたが、過去問の知識で十分対応できたのではないでしょうか。また、今年の設計製図試験の「外壁の仕上げ指定」を意識してか、№25枝2(窯業系サイディング)などの出題もありました。

 

■施工■

・出題の構成は例年とほぼ変わりませんでしたが、全体的にやや難しい問題でした

№1(ネットワーク工程表)の問題は、枝3を正解としましたが、枝5も正解となる可能性があります。また、各種工事についても数値を問う問題が多く、かつ新規論点が混在していたことから、解答に戸惑ったかもしれません。一方で、№10枝4(コンクリートの打継ぎ面)は、水がたまらないようにすべきなど、「施工の本質」を問う問題もいくつか見られました。

・施工でも設計製図試験の「外壁の仕上げ指定」を意識してか、№15枝3(外壁の通気構法)などの出題がありました。

・№25は、工事請負契約約款に関する条文問題で、枝3も221項の条文どおりとはいっても細かい知識を要求する問題でした。
近年の傾向としては、施工の難易度が高くなっており、今後も数値の暗記とともに、材料の性質や工法の特徴の理解が必要といえるでしょう。



合格推定点■
 さて、TACの合格推定点を公表いたします。

TAC合格推定点  60点以上

TAC各科目基準点 計画13点以上、法規13点以上、構造13点以上、施工12点以上


 以上により、施工の基準点は1点引き下げられる可能性がありますが、全体の合格基準点は例年通り60点になるものと推定いたします。

 なお、この推定点はTACが独自に算出したものです。実際の合格点と異なる場合がありますことをあらかじめご了承ください。試験実施機関による正式な合格発表は
822日(火曜日)が予定されています。

皆様の好結果を祈念しています

 


 


こんにちは。セイタですせいた

受験生の皆さま、お疲れさまです。
いよいよ明後日7/3(日)は、平成28年度 2級建築士の学科の本試験ですね


私からの最後のアドバイス、「試験当日の心得」です。

当たり前のことも多いですが、受験生の方はぜひ一読を




① 
試験開始ギリギリまでテキスト・問題集の見直しを
 人目を気にして、余裕な人を演じない
 今まで使ってきた自分の教材を見直そう
 大丈夫、こんなにボロボロになるまで勉強したのだから。



② 
問題文は、絶対に飛ばし読みはしない
 全ての問題が「最も不適当なものはどれか。」ではない
「正しいものはどれか。」もなきにしもあらず。


 
新規問題(見たことのない問題)に惑わされるな
 必ず見たことのない問題は、出ます
 でも分からないのは、あなただけじゃない。
 周りの受験生みんな分かっていません

 これまでの知識で解ける問題をていねいに解こう。


④迷う問題、時間のかかる問題は「後回し」

 簡単な問題、難しい問題、時間のかかる計算問題、すぐに解ける問題・・・
 →どれも解答できれば同じ1点
 満点は目指さなくてOK6割得点で合格できる試験です。


⑤見直しの落とし穴にはまるな
 余程、明らかな間違いを発見した場合以外は、答えを修正しない
 意外とファーストインプレッションが正しいことが多いですよ。


⑥早く終わっても油断しない、十分に見直しを
 ケアレスミス(読み間違い)、単純な計算ミスを必ずチェック




大丈夫です、これまで一生懸命頑張ってきた皆さんなら、必ず合格できます

多くの受験生の方が、2級建築士に受かることを心から願っています

がんばってください



なお、試験当日中に、当ブログにて「解答速報(解答番号)」を出します

登録不要、誰でも見れますので、ぜひチェックしてみて下さい

せいたこんにちは、講師のセイタです。

各資格学校においても、早速、総評の動画が出ていると思いますが、どうしてエスキスプランを見せてくれないのでしょうか??
どこも皆さんの大事な個人情報を登録したり、説明会に出席しないと見せてくれないんですよね。。。


ということでTACでは惜しみなく出しちゃいます。
今回は、プランを2つ載せます

【プラン②】 ↓↓下の画像をクリック
H27_2級設計製図本試験_エスキスプラン2
※速報で出したプランの改良版です。2階屋外プレイスペース上部に3階を載せないようにしました。皆さんのご意見にもありましたが、やはりこちらの方がよりいいプランですよね。夫婦寝室が南面できればベストでした



【プラン③】 ↓↓下の画像をクリック
H27_2級設計製図本試験_エスキスプラン3
※共用部分までの客動線を建物内部からのみとしました。スパン割が細かいのが少々難点ですが、梁せいを高くする等の配慮をすれば、東西方向を8mスパンとすることもできそうな気がします。



こうやってプランニングしてみるといろいろなパターンが考えられて、
まさに近年の試験傾向である「設計の自由度の高い課題」だなあと、つくづく思います。

さらに、全ての条件をパーフェクトに満たすのは、なかなか難しいですね
例えば、ここには載せませんでしたが、プランはスッキリ綺麗にまとまったんですが、夫婦寝室のウォークインクロゼットの面積が3.75㎡で、どうしても要求の4㎡に0.15㎡足りない!とか



パーフェクトを目指すのは大事なことですが、
パーフェクトでないと合格できない訳ではありません
多少のことには目をつぶってでも、割り切りって時間内に大きな条件違反なくプランニングをし、表現力のある図面をしっかり描く!これが合格への近道だと考えます

近年は、時間内に全ての条件を完璧に満たすのは結構難しくなってきています



ということで、こちらに載せているプランもパーフェクトとは言えないかもしれませんが、
試験として受かるためのプランとしては十分なものだと考えます
皆様の参考になれば幸いです。


皆様の合格を心から願っております

せいたこんばんは、講師のセイタです。

平成27年度 2級建築士設計製図の本試験、受験生の皆さま、本日は大変お疲れ様でした

早速、本日の試験のエスキスプランと講評を、日本一早く皆様にお届けします


まずは、一番気になるエスキスプランを載せます下の画像をクリック↓↓

H27_2級建築士設計製図試験_エスキスプラン


TACの受講生は、この敷地(南北の2方向道路と縦長の敷地)、この建物のボリューム、このスパン割、見覚えありませんか??

そう、TACの最初の「課題1」です↓↓下の画像をクリック↓↓
とても似てませんか?

H27_TAC課題1


講義の中で学習した「基本グリッド(5×7m)」で計画すれば納まる課題でした
さらに、ゾーニングも1階を売場、2階を交流スペースと位置づけて売場の要求のないものでしたので、本試験とも非常に似ておりましたね



さて、今年の課題の講評です。
今年の課題のポイントは、3つでした。

①縦動線(共用部分)をうまく計画できたか?
縦動線の数は、合計3つ(階段2つ、EV1つ)で、屋内直通階段及びEVは、3階に住むオーナーも3階の玄関への行き来に使用し、かつ、お客さん(ベビーカー等利用者)も利用するという、少々特殊なものでした。。。

さらに、1階と2階の貸店舗からも行き来できるようにしなければならず、それぞれの動線を確保しつつ計画をうまく納めることができたか?がカギとなりました


②2階の交流スペース(屋外プレイスペース、屋内プレイスペース、喫茶コーナーの3つ)を条件どおりに計画できたか?
2階には売場はなく、子ども達が遊ぶスペースとして屋内外にプレイスペースを設ける計画で、さらに喫茶コーナーからの「見守り=近接」条件があり、これらをうまく条件どおりに計画できたかどうか?がカギとなりました。


③1階売場スペース、3階住宅の要求室は納めやすかった
1階については、売場スペースの面積指定もなく、要求室も少なかったため、比較的余裕のある計画ができたのではないでしょうか?
また、3階住宅についても、
3階部分に玄関の要求(TACの課題4と課題6でもやりましたね)があったためか、
要求室は少なく(子ども室の要求なし→TACの課題7でもやりましたね)、比較的納め易かったと思います。


総評として、今年はRC課題であったこともあり、「未完成」の方は少なかったようです。
ですから、ほとんどの方が完成した=作図表現・計画のまとめ方で、しっかりと差をつけないといけない課題だったと言えるでしょう。
 

↑このページのトップヘ