TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

足場

井澤ですいざわ

■問題1
落下物に対する防護のための工事用シートの取り付けに当たっては、足場に水平支持材を垂直方向5.5mごとに設け、足場に緊結した。(一級施工:平成15No.6改)
■問題2
落下物に対する防護のためのメッシュシートを鉄骨外周部に取り付ける場合、垂直支持材を水平方向5.5mごとに設けた。(一級施工:平成24No.5)

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 正。
 問題2 誤。鉄骨外周部に取り付ける場合は、垂直支持材を水平方向4m以下ごとに設け、それにメッシュシートを取り付けます。
――――――――――――――――――――――

No.237で学習した、物の落下防止措置の一つであるメッシュシートの取付け間隔についての問題です。メッシュシートは、工事用シートの一種です。
メッシュシート端部の「はとめ(小穴)」と水平支持材または垂直支持材とをロープで緊結します。

―【ポイント:メッシュシートの取付け間隔】―

■足場への取付け間隔
 水平支持材を垂直方向5.5m以下ごとに設け、
 メッシュシートを取り付ける。

足場を設けない、鉄骨外周部への取付け間隔
 垂直支持材を水平方向4m以下ごとに設け、
 メッシュシートを取り付ける。

――――――
――覚え方――――――――
■メッシュシートは、原則として、足場に取り付けます。
足場への取付け間隔である「垂直方向5.5m」の数値は、枠組足場の高さ約1.8mの3層分(1.8m×3層=5.4m)です。
■足場を設けない、鉄骨外周部への取付け間隔である「水平方向4m」の数値は、鉄骨の1スパン約8mの半分です。
―――――――――――――――――――――― 

合否を分ける「なかなか正確に覚えられない過去問」の典型と言える問題です。

井澤ですいざわ

■問題1
地下躯体の工事において、切ばり上部に設けた作業用通路の手すりについては、高さを100㎝とし、中桟を設けた。(一級施工:平成17No.6)
■問題2
単管足場における高さ2.8mの位置にある作業床において、墜落の危険を及ぼすおそれのある箇所には、作業床からの手摺の高さを95cmとし、高さ40cmの中桟を設けた。(一級施工:平成18No.6)

――――――――――――――――――――――――
■解答
問題1、2ともに正。

―――
―ポイント:仮設の手すりの高さ――――
仮設通路(切ばり上通路、鉄骨上通路)、足場の手すりの高さについては、
試験対策上、850mm上だったら正、それ未満だったら誤と考えてよい。
――――――――――――――――――――

仮設の手すりの高さについては、労働安全衛生規則、JASS2、監理指針、業界団体基準等で850mm900mm950mmと異なる規定となっているため、試験対策上、850mm以上だったら正、それ未満だったら誤と考えてよい。出題もそれを意識して、上記設問のように、正しい記述の場合は950mm以上で出題している。

―――
―――ざっくりとした考え方――――――
ざっくりとした考え方としては、次のように考えてよい。
労働安全衛生規則では、架設通路(空中に架け渡した通路)全般について、
高さ85㎝以上の手すり、高さ35㎝以上50㎝以下の桟(85㎝の真ん中の42.5㎝±7.5㎝)」としている。
一般的には、安全性を高めるため「高さ90cm以上」としている。
JASSでは、特に、切ばり上通路・鉄骨上通路について、より厳しく
高さ95㎝以上」としている。
――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

「作業主任者の選任」だけならまだ覚えやすいのですが、「届出」が入ってくるとややこしくなってきます。。

問題1
型枠支保工の支柱の高さが3.5m以上であったため、労働基準監督署長への届出を行った。
(一級施工:平成10No.6)
■問題2
高さ15mの足場を設置するに当たって、組立てから解体までの期間が60日未満であったので、その計画を労働基準監督署長に届け出なかった。
(一級施工:平成18No.6)

―――――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに正

【ポイント】

todoke
※1 吊り足場は、高さに関わらず、作業主任者の選任も届出も必要です。
※2 届出先は、どちらも労働基準監督署長です。
   
届出期限は、どちらも工事開始日の30日前まで。

↑このページのトップヘ