TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

透過損失

井澤ですいざわ


■問題1
障壁は、一般に、音の回折現象によって、低周波音よりも高周波音の遮断に有効である。(一級環境・設備:平成17No.8

■問題2
単一材料からなる壁体の遮音性能について、質量則によれば、周波数が低いほど、壁の透過損失は大きくなる。(一級環境・設備:平成22No.8改)

――――――――――――――――――――
■解答
問題1 正
問題2 誤


■問題1について
音の回折現象とは、音が伝搬途中にある障害物の裏側に回り込む現象を言います。
一般に、高音よりも低音のほうが大きく回折する傾向があります。
kaiseki
このため、騒音防止のために設ける障壁は、高音の遮断には有効ですが、低音の遮断にはあまり有効ではありません

■問題2について
質量則は、No.36でも扱いました。
質量則によれば、周波数が高い高音のほうが、壁の透過損失は大きくなります。
周波数が2倍になると、透過損失の値は約6dB増加します。
透過損失が大きいということは遮音性能が高いことを意味しましたね。
したがって、周波数が高い高音ほど、壁の遮音性能は高くなります。
逆に、低音のほうが、壁の遮音性能は低くなります

問題1と問題2は、ズバリ「
低音の処理は難しい」ということです。
ペアで覚えておきましょう!

井澤ですいざわ

■問題1 (一級25No.9
質量則において、単層壁の厚さが2倍になると、透過損失の値は約3dB増加する。

■問題2 (オリジナル)
質量則において、単層壁に入射する音の周波数が2倍になると、透過損失の値は約6dB増加する。

――――――――――――――――――――
今回の問題は、透過損失に関する質量則についての問題で、細かい数値は平成25年に初めて出題されました。
まず、はじめに透過損失についての基本中の基本から。

透過損失が大きいほど、遮音性能が高い。
透過損失とは、「入射音の音の強さのレベル」-「透過音の音の強さのレベル」です。

transmission loss

「損失」という単語の響きから、透過損失が大きいほど良くない、と勘違いしないように注意!
これは決して勘違いしてはいけません。
音が壁を透過するときの損失ですから、それが大きいほど遮音性能が高いことを示します。

――――――――ポイント―――――――――
透過損失は、
単層壁の厚さ(すなわち、質量)が2倍になると、約6dB増加する。
音の周波数が2倍になると、約6dB増加する。
これを質量則といいます。
――――――――――――――――――――
■解答
問題1 誤
問題2 正

↑このページのトップヘ