TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

部分詳細図

部分詳細図

https://www.youtube.com/watch?v=qpMmcXfE09Q&feature=youtu.be




お久しぶりです。講師のセイタです
せいた
気づけば、もう8月中旬ですね。
二級製図受験生の皆様、学習は順調に進んでいますでしょうか?

今年は、RC造の「部分詳細図」が初めて出題されることから、
これまでのRC造課題よりも、はるかに「作図スピード」が必要となります

多くの受験生方が、苦手意識を持ちやすい「部分詳細図」。。。
TACでは講座の中で、この図面をスピーディに描くための合理的な手順をマスターして頂きました。

今回は、その一部を少しだけご紹介します。

実はどの部位の「部分詳細図」を描く場合でも、作図のコツは一緒です。
「へそ」を基準に描けばいいんですよ

それでは残りの期間、図面を描いて描いて、描きまくりましょう




s_201608041044_0009

こんにちは、セイタですせいた

いよいよ今週末から、TACでは1級設計製図講座が開講するため、建築士講座もバタバタ&盛り上がっています

2級設計製図講座はというと、今週末でもう4回目の講義となります早いですね。。。

受験生の皆さんは、部分詳細図はしっかり描けるようになりましたか??

「どこから描いていいのか分からない。。。」という悩みにお答えして、部分詳細図の作図手順の一例(基礎まわり)を今回はご紹介します
(写真サイズが小さくてスミマセン

ポイントその①、図面の「へそ」を決めること。
「へそ(基準点)」を決めて、そこから順に描いていけばよいのです

ポイントその②、マス目をうまく使うこと。(スケールをなるべく使わず、マス目を数えて描けるように)

ポイントその③、線種を明確に区別すること。(切断面は太線、見え掛りは中線)

ポイントその④、たくさん枚数を描くこと。(手順が分かったら、後は練習あるのみ


では、パラパラ漫画でご紹介
s_201608041044_0001
s_201608041044_0002
s_201608041044_0003
s_201608041044_0004
s_201608041044_0005
s_201608041044_0006
s_201608041044_0007
s_201608041044_0008
s_201608041044_0009
9ステップで出来上がり
あくまで一例です。参考にしてみて下さい

↑このページのトップヘ