TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

面積基準

井澤ですいざわ

今回も面積についてのペアです。

■問題
介護老人保護施設において、療養室の入所者1人当たりの床面積7㎡とした。
(一級計画:平成23No.15


―――――――ポイント――――――――
■病院の病室・・・6.4/人・・・・・・・・・・①
■病院の小児病室・・・6.4/人×2/3 ・・・・②
■介護老人保健施設の療養室
 ・多床室・・・8㎡/人 ・・・・・・・・・・・③
 ・ユニット型(個室)・・・10.65/人・・・・④
■特別養護老人ホームの居室・・・10.65/人・・⑤

―――――――覚え方
―――――――――
①これが基準ですので、これは丸暗記。というわけで語呂合わせを。
「病室は無用(6.4)!」
②こどもは6.4×2/
③高齢者は6.4×5/4=8㎡
④と⑤は、老健と特養で近年の主流となっている(国がしようとしている)ユニット型(個室)の基準。今年の二級製図課題にも関係が深いですが、車椅子使用者の寝室は8畳は欲しい。というわけで、むかしは13.2㎡(8畳)だったのですが、個室化の普及を推進するため、近年約8割にコンパクト化されました。
したがって、13.2×0.810.65㎡。

――――――――――――――――――――
■解答
 誤。ユニット型(個室)という条件がなければ、多床室と考えなければいけません。したがって、8㎡/人以上となります。

井澤ですいざわ
今回も面積についてのペアです。

■問題
保育所の計画において、定員15名の1歳児のほふく室の有効面積を30㎡とした。
(一級計画:平成24No.16

――――――ポイント―――――――――
保育所の面積基準
■保育室 1.98/人以上・・・1.2/
■乳児室 1.65/以上・・・1畳/
■ほふく室 3.3/以上・・・2畳/
――――――――――――――――――――

「保育室」は、2歳以上の室です。
「乳児室」は、0、1歳児のベビーベッドのある室です。
「ほふく室」は、0、1歳児がハイハイする室です。ほふく前進の「ほふく」。

―――――――覚え方―――――――――
■保育室は「ほイク(19)」→1.98
■乳児室とほふく室は1畳と2畳。
ベビーベッドの室とハイハイする室と、どっちが大きいかはわかりますね。
―――――――――――――――――――

■解答
 誤 15人×3.3/人=49.5㎡以上必要になります。
 設問は、ほふく室の面積基準が「1.65/以上」だったかな?「3.3/以上」だったかな?と、あいまいな知識だと間違えてしまうように作られています。

↑このページのトップヘ