TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

0.2%

井澤ですいざわ

TACでは今週末から一級建築士設計製図コースが開講になります。
教室も教材作成も設計製図一色となっていますが、「井澤式 建築士試験 比較暗記法」では、来年の学科試験合格のために、引き続いて「構造」のポイントを扱っていきます。

今年、学科試験が残念な結果だった方には、もう少しの間、試験のことは忘れてゆっくりされるのも良いことだと思いますが、このブログが、せっかく身に付けた知識を忘れないようにするきっかけになればと思っています。

ありがたいことに「合格した後も見ています」と言ってくれる方もいらっしゃいます。

それでは問題です。

――――――――――――――――――――――

■問題1
鉄筋コンクリート用棒鋼SD345の「降伏点又は0.2%オフセット耐力」は、345440/㎟である。(一級構造:平成15No.24
■問題2
建築構造用ステンレス鋼材SUS 304 Aは、降伏点が明確でないので、その基準強度については、0.1%オフセット耐力を採用している。(一級構造:平成15No.24


――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに正。
――――――――――――――――――――――

鉄筋SD
345の数値は、原則として、降伏点の下限値です。これが基準強度になります。
この辺りの詳細についてはNo.340(SN400B・SD345の数値の意味)を参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/47848865.html

それでは、
降伏点が明確に現れない場合は、どのような値を基準強度とするか?
図のSUS304は降伏点が明確に現れておらず、応力度-ひずみ度曲線がなだらかな曲線になっています。
こういうときに使うのが「オフセット耐力」です。
オフセットとは、ここでは「ズレ」の意味で使われています。図の曲線の原点と点線がズレていますね。
 

offset

0.1%オフセット耐力」とは、永久ひずみ0.1%となるときの応力度をいいます。
図の場合、「0.1%オフセット耐力」は約270/㎟です。この力をかけると、力を取り除いても0.1%の永久ひずみが残ります。
この値の下限値(235/㎟)がSUS304の基準強度になります。

同様に「
0.2%オフセット耐力」とは、永久ひずみが0.2%となるときの応力度をいいます。

試験対策上、次の内容を比較整理して覚えておきましょう。

―――――ポイント:オフセット耐力―――――
■ステンレスの基準強度
 0.1オフセット耐力
■鉄筋の基準強度
 降伏点 又は 0.2オフセット耐力
――――――――――――――――――――――

井澤ですいざわ

■問題1
鉄筋コンクリート構造において、柱のコンクリート全断面積に対する主筋全断面積の割合は、0.8%以上とする。(一級構造:平成11No.13
■問題2
鉄筋コンクリート構造の梁において、長期荷重時に正負最大曲げモーメントを受ける断面の最小引張鉄筋比については、「0.4%」又は「存在応力によって必要とされる量の4/3倍」のうち、小さいほうの値以上とした。(一級構造:平成17No.12
■問題3
鉄筋コンクリート構造において、耐震壁の梁型拘束域のせん断補強筋比は、0.2%以上とする。(一級構造:平成19No.11
■問題4
鉄筋コンクリート構造において、耐震壁の壁板のせん断補強筋比は、直交する各方向に関し、それぞれ0.25%以上とする。(一級構造:平成19No.11
■問題5
鉄筋コンクリート構造において、床スラブのひび割れを制御するため、鉄筋全断面積のコンクリート全断面積に対する割合を0.4%以上とした。(一級構造:平成18No.12

――――――――――――――――――――――
■解答
■問題1 正。
柱の主筋量は0.8%以上です。
■問題2 正。
梁の引張鉄筋比は0.4%以上です。なお、圧縮鉄筋が引張鉄筋と同量だとすると、梁の主筋全断面積の割合は0.8%になり、柱の主筋量と同じになります。また、存在応力(応力計算で求めた応力)が小さいことを確かめたら、引張鉄筋比が0.4%未満であっても、存在応力によって必要とされる量に余裕をもたせ、その4/3倍以上の量としてもよい。
■問題3 正。
梁型拘束域とは、耐力壁を囲む梁のことをいいます。そのせん断補強筋比は、通常の梁のせん断補強筋比と同じ0.2%以上です。
■問題4 正。
耐力壁のせん断補強筋比は0.25%以上です。柱・梁のせん断補強筋比0.2%よりも大きい。
■問題5 正。
床スラブのひび割れを制御するための床スラブの鉄筋量は0.4%以上です。

―――――――ポイント:鉄筋比―――――――

問題1~5の順番に並んでいます。

tekkinnryou

↑このページのトップヘ