TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

2級建築士

せいた
こんにちはセイタです

「動画de二級学科」、第2回目です。先週に続き、今週も科目は計画です

 

<今週の前半>計画:空気調和設備―空調方式

空気調和設備に関する出題は、近年は毎年2問出題されており、落せない大事な分野です

Pointは、

①最低限、試験に必ず出る空調方式3つ(定風量単一ダクト方式、変風量単一ダクト方式、ファンコイルユニット方式)を押さえること

②それぞれの空調方式の長所、短所を理解して覚えること

③その他の空調方式(省エネ空調方式など)は、どんなタイプの空調方式か?
概要だけ知っておけばOK


計画第3回20
https://youtu.be/X3XEdU5hrbE

<過去の本試験では>

①変風量単一ダクト方式は、一般に、定風量単一ダクト方式に比べて、室内の気流分布、空気清浄度を一様に維持することができる。

②ファンコイルユニットと定風量単一ダクトとを併用した方式は、定風量単一ダクト方式に比べて、必要とするダクトスペースが大きくなる。 

 

①誤→一般に、一様に維持することが難しい。

②誤→ダクトスペースを小さくすることができる。





<今週の後半>計画:給水設備

試験では、給水設備、給湯設備、排水設備、衛生設備(便器など)の融合問題として、
近年は毎年1問出題されています

Pointは、

逆サイホン作用、バキュームブレーカ、クロスコネクション、ウォーターハンマーなど、混乱しやすい用語を区別して覚えること

特に以下は混乱しないように

●給水の逆流防止バキュームブレーカを設置。

ウォーターハンマー防止エアチャンバーを設置。
計画第4回20
https://youtu.be/OjWf9Ev43SY

<過去の本試験では>

①飲料用受水槽のオーバーフロー管は、一般排水系統の配管に直接接続する。

②一般的な事務所ビルにおける設計用給水量を、在勤者1人1日当たり80 l とした。

③シングルレバー水栓や全自動洗濯機への配管において、ウォーターハンマーの発生を防止するためには、エアチャンバーの設置が有効である。

 

 

①誤→排水が槽内に逆流しないように、間接排水としなくてはならない。

②正

③正


来週は、住宅、商業建築、公共建築などなど計画各論について学習をします






せいた
こんにちはセイタです
TAC
では、先週から二級学科が開講し、学習がスタートしました

そこで
これから毎週、二級建築士学科試験でのポイントを動画と共にお届けしたいと思います。

少しでも皆さんの試験勉強にお役に立てたら幸いです


科目は、計画→構造→法規→施工の順となります。

では早速、計画から

<今週の前半>計画:室内環境―空気線図

空気線図の問題は、近年、2年に1回の割合で出題があります。

Point

①空気線図のグラフの各パラメーターを覚えること

②簡単なグラフを自分で描けるようにすること

③空気線図の読み方を覚えること
計画第1回20
https://youtu.be/hlpW34qPnLU

<今週の後半>計画:日照・日射・採光

日照・日射・採光の問題は、毎年1問出題があります。

まずは

日照:太陽の光効果。直射日光。

日射:太陽の熱効果。

採光:太陽の光を室内に取込むこと。

これらの違いを意識して勉強していくと、理解度が違います

Point

試験でよく出る用語、大気透過率、大気放射などを理解して覚えること

計画第2回20
https://youtu.be/wfh0u8ILxiE

<過去の本試験では>

①天空日射量は、一般に、大気透過率が高いほど大きい
誤→小さい

大気放射とは、日射のうち、大気により吸収、散乱される部分を除き、地表面に直接到達する日射のことである。
誤→直達日射量



来週は、空調設備や給排水衛生設備など、設備の学習をします





こんばんは、清田(セイタ)ですせいた

本日は2級建築士設計製図試験、大変お疲れ様でした。
皆様、いかがでしたでしょうか?

どこよりも早い速報です

今年の課題は、総評として昨年よりも易しい課題であったと思われます。
理由として、大きなサプライズ条件がなかったことが挙げられます。
強いて言えば、階段の蹴上げ、踏面の寸法指定くらいでしょうか。それ以外は要求室も目新しいものはなく、内部計画はまとめやすかったと思われます。
ただ屋外施設の要求がたくさんあり、それらをうまくまとめ、計画できたかどうかがポイントでした。


①計画について
西道路で、敷地形状は17m×17mの正方形でした。TACの課題3でも西道路やりましたね

要求の駐車スペース2台分のうち、奥行きが7,000㎜もの大きな車椅子使用者用には、少し驚いた方もいたかもしれません。
なお2台分の駐車スペースの配置の仕方は、南側にまとめる、南北に1台ずつ分けるなどによって全体計画が変わってきたかと思われます。

②各図種について
(1)立面図
  オーソドックスな南側立面図でしたので、作図しやすかったのではないでしょうか。

(2)部分詳細図
  予想通り、2階床組み部分の出題でしたね
  この場合、切断位置における構造部材(胴差、床梁)の寸法が伏図と整合性がとれていることが大切です

(3)外壁の仕上げ
  出題は乾式工法ということで、これまでの湿式工法(モルタル塗り)でない、窯業系サイディングや金属系サイディングなどを部分詳細図・仕上表に記入すればOKでした。
 TACでも7課題中、6課題を「窯業系サイディング」で練習してきましたから大丈夫でしたね


以上からすると、ほとんどの方が時間内にプランをまとめ、作図も終えているのではないでしょうか。
ということは、要求事項の記入漏れの少なく、作図表現の良い図面をしっかりと描けたかどうかで合否が分かれてくるのではないでしょうか。

最後にプラン例です↓
(速報ですので、パーフェクトなプランではないかもしれませんが、悪しからず
2017_二級建築士設計製図課題プラン01


2017.9.13 追記
南北に駐車スペースを分離したプラン2を掲載しました

2017_二級建築士設計製図課題プラン02


せいたこんにちは、清田です。

平成29年 二級建築士学科試験の講評を公開いたします。

昨日の二級建築士学科試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした

 

全体的な難易度としては、午前中の計画はやや易しく、法規はやや難しく、午後の構造は標準的、施工はやや難しかったと言えます。
4科目全体で見ると、
「標準的~やや難しかった」と言えるでしょう。

また、例年に比べ、目新しい出題が比較的少ない印象でしたが、建築の本質を突いた出題、これから実施する設計製図試験をにらんだ出題などがあったように思われます

 

■計画■

全体的にやや易しい問題でした。
ただ、環境工学のNo.5(壁内の内部温度分布)は、断熱性の大小、温度分布の勾配ともに、断熱材>密閉空気層>コンクリートという知識を求める難問でした。

・次のような新規論点も出題されましたが、それに惑わされないだけの過去問の理解があれば正解できた問題構成になっていました。

No.10枝2、3、4(風速増加率、冷房デグリーデー、風配図)、No.12(L・D・Kの組合せ形式)、No.18枝5(共同建替、協調建替)、No.20枝3(誘引ユニット)、No.25枝2(天井チャンバー方式の圧力損失)

No.19(建築設備)は、枝1、2(ウォールウォッシャ、ストレーナ)の2つには絞れたと思われますが、ともに新規問題でしたので難しかったと思われます。

 

■法規■

全体的にやや難しい問題でした。昨年に続いて「問題文が長文化」しており、問題を読み解き、理解するだけでも時間がかかったのではないでしょうか。

・図・計算問題(No.6軸組、No.14用途制限、No.16建築面積、No.19高さ)は定番の問題ばかりでしたが、No.1高さ等」、「No.5採光」の問題は平成25年以降の出題がなかったため、久しぶりの出題となりました。また、№8(確認申請書に添付する図書)は新しい傾向の出題で戸惑った方も多かったと思われますが、問題文どおり建築基準法施行規則第1条の3を順に調べれば、解答枝は見つけられた問題でした。

・その他、次のような近年の法改正内容からの出題が数多く見られました。

No.2枝2、No.10枝1(幼保連携型認定こども園)、No.3枝5(不服申立ての審査請求)、      

No.7枝5(特定天井)、No.9枝5(強化天井)、No.17枝3(特定避難時間倒壊等防止建築物)、

No.21枝5(延べ面積300㎡超の場合の書面による契約締結の義務)

 

■構造■

全体的に標準的な問題でした。
力学6問は標準的な難易度でした。No.(断面の性質)は、過去10年で1回しか出題のなかった「断面一次モーメント」の問題でした。№4(3ヒンジラーメン)では、初めて応力(せん断力)まで求める出題でした。

・構造計画の4問(№7、8、1819)は比較的易しい出題でした。

・各種構造、建築材料は、№12枝1(土台継手の下木)など新規問題が解答枝のものもありましたが、過去問の知識で十分対応できたのではないでしょうか。また、今年の設計製図試験の「外壁の仕上げ指定」を意識してか、№25枝2(窯業系サイディング)などの出題もありました。

 

■施工■

・出題の構成は例年とほぼ変わりませんでしたが、全体的にやや難しい問題でした

№1(ネットワーク工程表)の問題は、枝3を正解としましたが、枝5も正解となる可能性があります。また、各種工事についても数値を問う問題が多く、かつ新規論点が混在していたことから、解答に戸惑ったかもしれません。一方で、№10枝4(コンクリートの打継ぎ面)は、水がたまらないようにすべきなど、「施工の本質」を問う問題もいくつか見られました。

・施工でも設計製図試験の「外壁の仕上げ指定」を意識してか、№15枝3(外壁の通気構法)などの出題がありました。

・№25は、工事請負契約約款に関する条文問題で、枝3も221項の条文どおりとはいっても細かい知識を要求する問題でした。
近年の傾向としては、施工の難易度が高くなっており、今後も数値の暗記とともに、材料の性質や工法の特徴の理解が必要といえるでしょう。



合格推定点■
 さて、TACの合格推定点を公表いたします。

TAC合格推定点  60点以上

TAC各科目基準点 計画13点以上、法規13点以上、構造13点以上、施工12点以上


 以上により、施工の基準点は1点引き下げられる可能性がありますが、全体の合格基準点は例年通り60点になるものと推定いたします。

 なお、この推定点はTACが独自に算出したものです。実際の合格点と異なる場合がありますことをあらかじめご了承ください。試験実施機関による正式な合格発表は
822日(火曜日)が予定されています。

皆様の好結果を祈念しています

 


 



せいた講師のセイタです。いろいろありまして、大変ご無沙汰しておりました


さて、気づけば来週の6/7(水)には、平成29年度 2級建築士 設計製図の課題が発表される予定です


今年の課題は、これまでの傾向からすると「木造課題」で専用住宅だと思うのですが、実際はどうなんでしょうね
店舗併用住宅の可能性もありますね


予め分かっていればいいのですが、こればかりは受験生の皆さんと同様、7日の課題発表を待たないと分かりません

ここでいきなり「鉄筋コンクリート造」の課題が出たら、相当びっくりしますが(笑)

とにかくドキドキしながら7日を待ちましょう



課題発表の当日、井澤先生に今年の課題についての「速報」を本ブログで出していただきます

(残念ながら、セイタは当日朝から終日、2級の直前演習ゼミの講義をしているもので。。。スミマセン




↑このページのトップヘ