TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

2級建築士

講師の清田ですseita2

令和2年 二級建築士学科試験の講評を公開いたします。
昨日、二級建築士学科試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

■TAC合格推定点■
TAC合格推定点  60点以上
TAC各科目基準点 計画13点以上、法規13点以上、構造13点以上、施工13点以上

午前の計画の難易度が比較的高かったものの、法規、構造、施工とおおむね標準的な難易度だったことから、総合推定点は60点以上と考えられます。
なお、この推定点はTACが独自に算出したものです。
実際の合格点と異なる場合がありますことをあらかじめご了承ください。
試験実施機関による正式な合格発表は8月25日(火)が予定されています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

それでは続いて総評です。

 ■計画■
やや難易度の高い問題でした。目新しい新規問題が多く出題され、受験生は難しく感じたことでしょう。1級建築士の問題から下りてきていた傾向がありました。ただし、過去問の知識を理解し、記憶していれば消去法で解ける問題も多く、過去問の知識で基準点は確保できたことでしょう。

・[№1]建築史の問題は新規の内容ばかりでしたが、過去によく出題されている「伊勢神宮内宮正殿」のキーワード「平入りの神明造り」、「掘立柱」、「2本の棟持柱」などを記憶していれば解けました。丸暗記ではなく、理解して覚えることが大切です。

・[№4]解答肢の2.「空気齢」の用語は、2級では新規で目新しいですが、1級では平成22年、24年、令和元年に出題されており、1級の問題が2級に下りてきている傾向を示しています。この問題は難問なので、捨て問でしょう。

・[№16・17]建築計画の問題では、高齢者や車椅子使用者に配慮した出題があり、「鉛直型段差解消機」、「便所のブースの出入り口有効幅」、「エレベーターに関する問題」などは、今年の計製図試験(高齢者の住まい)を意識した出題とも考えられます。

■法規■
やや易しい~標準的な問題でした。建築基準法20問、関係法令5問は例年通りでした。法規で高得点を確保し、総合点の点数を伸ばしたいところです。

・[№5]採光の計算問題、[№16]特定道路の容積率の計算問題などは、直前演習ゼミの講義でも今年出題の可能性の高い問題で優先して学習すべき!と案内した通り、出題されましたね!

・[№11]内装制限の問題は「学校は内装制限を受けない」ということを覚えておけば、法令集を調べるまでもなく解けました。このように、覚えられることは覚えておく!ことが法規で効率よく短時間で解くポイントです。

・[№18]斜線制限の問題は例年難しく、受験生の多くが得点しにくい問題ですが、今年は比較的簡単な問題でした。A点の高さは、道路斜線制限のみから決まり、緩和は「2以上の前面道路」と「セットバック緩和」の2つを使うだけでした。
・[№23~25]建築士法以外の関係法令では融合問題が2問、都計法が1問出題されましたが、難易度は標準的なものでした。

■構造■
標準的~やや難しい問題でした。№1~6の力学の問題の難易度が比較的高く、出鼻を挫かれた受験生もいたのではないでしょうか。ただ、後半の文章問題では、目新しい問題もあったものの、過去問の知識と各構造の原理・原則を理解ができていれば基準点は得点できたことでしょう。

・ [No.2]応力度の問題では、例年「単純梁」の応力度を求める問題でしたが、今年は「片持ち梁」で驚いた受験生もいたのではないでしょうか。ただ解法の仕方は同じです。

・[No.3]単純梁の荷重の種類を変えた場合の記述の正誤を問う問題ですが、難問でした。肢3、5と迷うところですが、肢3たわみについては、公式の係数まで正確に覚えていないと正誤を判断できません。これは捨て問でしょう。

・[No.4]この類の曲げモーメント図が示された問題は、近年よく出題されています。ただし、この問題も難問でしょう。


■施工■
標準的な問題でした。見た事がない新規の問題も見受けられましたが、過去問の正確な知識があれば惑わされずに得点できたでしょう。

・[№6]木造住宅の基礎の問題は、解答を見つけにくい難問でした。

・[№8]コンクリート工事では、打継ぎ面は湿潤にすること、[№12]鉄骨工事では、建入れ直しは本設の構造である筋かいを用いないこと、などその他の問題でも、基本事項を問う問題が多かったことが、標準的な難易度と感じた要因と言えるでしょう。

・[№23]測量の問題は、捨て問と言えるでしょう。受験生を惑わせるためのトラップのような問題です。このような問題には時間をかけず、他の問題で確実に得点することが合格の秘訣です。



二級建築士学科試験の総評は以上です。

――――――――――――――――――――

合格見込みの方、次は設計製図試験です

TACでは課題説明会が7/8(水)から始まります!

二級製図の「課題説明会」については、
こちらをご確認ください。

つかの間の休息をとった後、いよいよ設計製図試験に向けて頑張りましょう!







こんにちは
TAC二級建築士の講師の清田(セイタ)ですseita2
新型コロナの影響で実施が懸念されましたが、本日、令和2年9月13日(日曜)に実施の二級建築士設計製図試験の課題が発表されました。
発表課題のポイントをどこよりも早く速報としてお伝えします!
 
――――――――――――――――――――
シェアハウス併設した高齢者夫婦の住まい(木造2階建て)」

◆要求図書
1階平面図兼配置図[縮尺1/100]
2階平面図[縮尺1/100]
2階床伏図兼1階小屋伏図[縮尺1/100]
立面図[縮尺1/100]
矩計図[縮尺1/20]
面積表
計画の要点等
(注)答案用紙には、1目盛が4.55ミリメートル(矩計図については10ミリメートル)の方眼が与えられている。

◆注意事項◆
試験問題を十分に読んだうえで、「設計製図の試験」に臨むようにしてください。
なお、設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図書に対する重大な不適合」と判断されます。
――――――――――――――――――――

以下、課題のポイントです。

1.シェアハウス
近年、若年単身世帯を中心に注目を集めている「シェアハウス」の出題です。1つの建物に親族ではない複数の入居者が共同で生活する賃貸住宅の一種です。
●どの室を共用するか?
他の入居者と共用する空間としては、リビング、台所、浴室、洗面、便所などが想定できます。特にリビングは、様々な国籍・年代・職業の入居者達が集い、多様な出会いや交流を楽しむことができるよう、明るく開放的な広い空間が求められるのではないでしょうか。
また入居者が集いやすい、中心的な配置が想定されます。
●入居者は何人か?
入居者の各室は、同じ大きさの個室を計画すればよいわけですが、問題は何人の入居者がいるのか?によって建物のボリュームが大きく変わり、計画を大きく左右する重要な条件となるでしょう。

2.高齢者夫婦の住まい
高齢者が住まうので、当然、バリアフリーの計画が求められるでしょう。高齢者配慮だけでなく、車椅子使用に配慮することも想定しておくべきでしょう。
具体的には、
●スロープの計画
●車椅子使用者用の駐車スペースの計画
●広めの廊下の幅、出入口の幅
●広めの洗面脱衣室、浴室、便所、手すりの設置
●上り下りしやすい階段(段差・踏面の寸法の指定)、屋内エレベーターの設置
などが想定されます。

3.要求図面について
平成25年以来、7年ぶりの「矩計図(かなばかりず)」の出題です。
試験の見直し後、平成26年以降は「部分詳細図」+「断面図」のセットが出題の定番でしたが、今年の要求図書は昔に戻ったとも言えます。
作図のボリュームは「部分詳細図」よりもはるかに多いので、適切な訓練でのスピードアップが必須となるでしょう。

4.注意事項
昨年に引き続き「注意事項」が発表されました。問題文に忠実に従ったプランニング・作図を行っていない場合は、大きな減点となることが示されているので、問題文の条件の「読み間違い」、「読み落とし」、「思い込み」のないプランニング・作図を行う訓練を徹底的に行う必要があるでしょう。

――――――――――――――――――――
以上、課題から読み取れることを速報としてお伝えしました。

●TACの二級建築士設計製図コースのご案内
TACの二級建築士設計製図コースは厳選した「7課題」で合格できる講座です。
9月の設計製図試験までの2~3か月で、消化しきれないほどの膨大な量の課題をこなすことは、効率的な学習とは言えません。
厳選した課題を繰り返し、1つ1つの課題を完全消化する行うことが合格への近道と考えます。
無理なく無駄なく合格しましょう!

詳細はこちらをご覧ください。
定員がありますので、お申込みはお早めに。

●二級建築士「課題の概要説明会」を実施いたします!
・新宿校  7/8(水)19:00~20:00
・渋谷校、梅田校  7/12(日)11:00~12:00
私、清田は渋谷校にて講義します。ふるってご参加ください。
一緒に合格を勝ち取りましょう!


■参考図面■
平成25年「レストラン併用住宅」のTACオリジナル答案例です。
今年と同じ、矩計図の作図要求なので作図量の参考にしてください。
★H25-2Q製図-本試験-答案例_2019設計早期


こんにちはtashiro


無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】
 4月4日(土)14:00~/梅田校
 4月11日(土)11:00~/横浜校

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券

強引な勧誘はありませんので、お気軽にご参照ください


★設計早期クラス詳細はこちら→



こんにちはtashiro

昨日はセミナーに多数のご参加をいただき、ありがとうございました
2月の中旬になり、設計製図対策にもたくさんのお申込みをいただいております。

TACでは設計製図対策において、個別指導があるため定員制としております。
定員となった場合には急きょ締め切る場合もありますので、ご注意ください


無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】
 3月22日(日)11:00~/八重洲校
 4月4日(土)14:00~/梅田校
 4月11日(土)11:00~/横浜校

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券

強引な勧誘はありませんので、お気軽にご参照ください


★設計早期クラス詳細はこちら→



こんにちはtashiro

本日、公益財団法人 建築技術教育普及センターより、
令和元年の一級建築士試験の12月実施分の合格発表がありました。

合格された皆様、本当におめでとうございます


〇製図実受験者数 5,937名(9,251名)10月実施は4,214名
〇合格者      2,030名(3,827名)10月実施は1,541名
〇合格率      34.2%(41.4%)10月実施は36.6%
●学科からの最終合格率 12.0%(12.5%)
※( )内は昨年

ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。
ランクⅠ:34.2%(合格)10月実施は36.6%
ランクⅡ:5.3% 10月実施は3.0%
ランクⅢ:31.9% 10月実施は29.2%
ランクⅣ:28.6% 10月実施は31.3%


設計製図試験の合格率としては35%を切る厳しい結果となり、また最終合格率は12.0%で昨年より0.5%下がりました。

izawa
井澤講師からの講評は本日、夕方UPいたします!


【お知らせ】
TACでは来年の一級建築士設計製図試験に向けた「設計早期クラス」を開講します。
設計早期クラス詳細はこちら→
開講に向けて以下のイベントを開催します!

無料特別公開セミナー「TAC式 設計製図試験攻略法」開催

設計製図試験の受験経験者向けにTACの設計製図コースのノウハウを解説します。参加無料・予約不要なので、ご興味のある方は是非ご参加ください!※終了後は個別のご質問にもお答えいたします!

【実施日時/校舎】
 2月12日(水)19:00~/新宿校
 2月16日(日)11:00~/渋谷校
 3月22日(日)11:00~/八重洲校
 4月4日(土)14:00~/梅田校
 4月11日(土)11:00~/横浜校

【特典】TAC入会金(10,000円)免除券


↑このページのトップヘ