TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

2級建築士

こんにちは、講師の清田(セイタ)ですせいた

本日、平成30年の二級建築士設計製図試験の課題が発表されました。

課題から読み取れることを、どこよりも早く、速報としてお伝えします!


■平成30年二級建築士「設計製図の試験」の発表課題

---------------------------------------------------------------------------------
「地域住民が交流できるカフェを併設する二世帯住宅」
 鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3階建て

◆要求図面
  1階平面図兼配置図[縮尺1/100]
  • 2階平面図[縮尺1/100]
  • 3階平面図[縮尺1/100]
  • 立面図[縮尺1/100]
  • 断面図[縮尺1/100]
  • 部分詳細図(断面)[縮尺1/20]
  • 面積表
  • 主要構造部材表
  • 計画の要点等

(注)答案用紙には、1目盛が5ミリメートル(部分詳細図(断面)については10ミリメートル)の方眼が与えられている。
-----------------------------------------------------------------------------------

■課題の分析■

1.「鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)3階建て」について

予想どおり今年はRC造でした。

なお3階建ての要求は、前回のRC課題(平成27年)に続いて2回連続の出題となります。

この文末に類似課題である平成
21年本試験のTACオリジナル答案例を掲載しましたので、RC造3階建ての作図内容等の参考にしてください。

 

2.「二世帯住宅」

二世帯住宅(親世帯、子世帯(夫婦、子供)が共に住まう住宅)で、居間・食事室・台所、浴室、洗面などを共用するのか、あるいは別に設けるのか、で計画は大きく変わります。いろいろなパターンを学習する必要がありそうです。

 

3.「地域住民が交流できるカフェ」

地域住民が気軽に集い、コミュニケーションがとれる「コミュニティカフェ」と呼ばれるカフェがあります。カフェとして飲み物や軽食を食べられるだけでなく、地域社会の中での「たまり場」として、地域の人が作った作品を展示するための「展示スペース」や作った商品を「販売するスペース」があったり、あるいは地域交流のためのイベントやワークショップを行ったりなど、そのためのスペースも大いに考えられます。つまり、カフェ機能+地域コミュニティの核としての機能が求められるでしょう。


そして、これまでの試験でよく出題されてきた、店舗などの「併用住宅」ではなく、「併設」というキーワードがポイントです。「併用住宅」では、店舗を経営する人は、主に建物の住人ですが、今回は「併設」とあるので、カフェを経営するのは建物の住人ではない可能性が高いと考えられます。
その場合、住宅とカフェの管理区分を考慮した、ゾーニングや動線計画が求められるのではないでしょうか。

 

4.計画のポイント

上記のキーワード「二世帯住宅」、「地域住民が交流できるカフェ」において、計画上の大きなポイントは次の3点が考えられます。

●二世帯の共用と分離

・二世帯が共用する空間・分離する空間のパターンに応じた、ゾーニングと動線計画

●バリアフリー

・親世帯に配慮し、段差や通路幅員、エレベーターなどのバリアフリーに配慮した計画

・カフェを利用する幅広い年齢層の客(高齢者~妊婦、乳幼児など)にも使い易い、バリアフリーに配慮した計画(ユニバーサルデザイン)

●カフェと住宅の動線計画

・カフェと住宅について、敷地外から玄関までのアプローチをどう計画するのか

・建築物内では、カフェと住宅について1~3階までの縦動線(階段およびエレベーター)をどう計画するか

 

5.要求図面について

要求図面について注目すべきは、「部分詳細図(断面)〔縮尺1/20です。木造課題では、近年の定番として出題されていますが、RC造で部分詳細図が求められたのは、今回が初めてでしょう。なお、だいぶ前の試験ですが、平成10年以前においては「矩計図(かなばかりず)」の要求があったことがあります。

「部分詳細図(断面)」とは、「部分的な矩計図」です。次の3つの部分の部分詳細図のどこが出題されるのか試験当日まで分かりませんので、全ての練習が不可欠です。

●基礎部分

●2・3階床部分

●屋根部分

なお、これまでのRC課題で要求されていた「仕上げ表」については要求図面からは外れましたが、部分詳細図内に仕上げ名称を記入することになるので、主な仕上げ材料名は覚える必要があります。

 

6.近年の出題傾向を踏まえた受験対策を

近年はサプライズがなくオーソドックスな出題となっています。

消化しきれないほど多くの課題を解くことははっきり言って遠回りです

厳選された良問をしっかり消化すること。これが合格の秘訣です

 

――――――――――――――――――――

以上、課題から読み取れることを速報としてお伝えしました。

 

■TACの二級建築士設計製図コースについて■

TACの二級建築士設計製図コースは7課題です。

厳選された課題であれば7課題で十分合格できます

無理なく無駄なく合格しましょう

 

試験対策としては、まずは作図です。

お申込みをされるとすぐに作図練習セットが届きます。設計製図試験から受験される方は今から作図練習をしておきましょう。

講義の中でも作図の仕方から丁寧に指導していきますので、初受験の方も安心してくださいね

 

●TAC二級建築士設計製図コースのHPはこちらです。

https://www.tac-school.co.jp/kouza_kenchiku/kenchiku_crs_2kyu_16seizu.html

定員がありますので、お申込みはお早めにお願いします。

 

●二級建築士「課題の概要説明会」を、なんと本日実施いたします

渋谷校  6/6(水)190020:00

どこよりも早くやります!そして、しつこい勧誘もありません。

奮ってご参加ください。

一緒にニ級建築士を勝ち取りましょう!

 

 

■参考図面■

以下は、平成21年本試験「商店街に建つ陶芸作家のための工房のある店舗併用住宅〔鉄筋コンクリート構造(ラーメン構造)3階建て〕」
H21-2Q製図-オリジナル答案例









こんにちはセイタです
せいた
「動画de二級学科」、第16回目、今回が最終回となります

科目「施工」のうち、補強コンクリートブロック造工事について学習します。

 

<今週の講義>施工:試験によく出る 補強コンクリートブロック造工事

なかなか身の回りで見かけない「補強コンクリートブロック造」の建築物ですが、二級の試験では、例年1問程度出題があります。
なお、近年はALCパネル工事との融合問題としても出題されることがあります。

 

 

Pointは、

●施工上の細かい注意点を押さえる

ブロック同士を一体化させるための、配筋上の注意点、空洞部へのコンクリート・モルタルの充填を行う際の注意点などがよく出題されます。

「なぜそのような方法で施工するのか?」を理解して覚えるとよいでしょう

施工第6回20

 https://youtu.be/Hsu3spdpg9A

 

<過去の本試験では>

①モルタルと接するブロック面については、付着物等を取り除き、十分に乾燥させた後に、ブロック積みを行った。

②ブロックは、フェイスシェル厚の薄いほうを下にして積み上げた。

③縦目地空洞部には、ブロック4段ごとにモルタルを充填した。

 

 

 

 

①誤:乾燥させるのではなく「水湿し」を行う。モルタル中の水分がブロックに吸収され(ドライアウト)、モルタルが硬化不良を起こす。

②正

③誤:ブロック2~3段ごとに充填する。

 

  

 

 

さて、二級建築士受験生を応援する「動画de二級学科」の連載は、今回で終了となります

試験まで残り1ヶ月ほどですが勉強のギアを1段上げて、悔いのないように試験に臨んでくださいね




TACでは、6月2日(新宿校),3日(渋谷校)から二級建築士「直前演習ゼミ」が開講します
試験によく出て、かつ絶対に落してはならない重要問題を取り上げ、問題演習と解説の繰り返しによる、非常に実践的な講義です
特にこれまで独学で勉強されてきた方、直前期1ヶ月の「総仕上げの学習」として有効です

わたくし清田(セイタ)は、渋谷校にて講義を行います

初回講義は無料で体験もできますので、今年絶対に合格したい人は、ぜひぜひ







こんにちはセイタです

せいた
東京は、夏並みに暑い日が続いております
受験生の皆さん、体調崩さないようにお過ごし下さいね

さて「動画de二級学科」、第15回目です。

今回は科目「施工」のうち、鉄骨工事、タイル工事について学習します。

 


<今週の前半>施工:試験によく出る鉄骨工事(仮ボルトの締付)

二級の試験では、鉄骨工事から例年2問出題されています。

そのうち仮ボルトの締付けについては、毎年のように出題があるので必ず覚えてくださいね

 

Pointは、

①仮ボルトの種類

原則、本接合と同軸径の「普通ボルト中ボルト:仕上げの程度が中程度)」を用いる。ただし例外として、現場溶接にて柱を継ぐ場合の仮ボルトは「高力ボルト」を用いる。

②締付け本数

一般部では、ボルト一群に対して、「1/3程度かつ2本以上」。混用接合や併用継手の場合は、締付け本数を「1/2程度」に増やす。なお、現場溶接にて柱を継ぐ場合は「全数締め付け」、しっかりと固定する。

施工第4回20
https://youtu.be/s-Cb6MURy6M 



 

<今週の後半>施工:試験によく出るタイル工事(モルタルによる後張り工法)

二級の試験では、タイル工事については、左官工事、石工事などと共に融合問題として例年1問出題があります。各タイル工事についての特徴を押さえておく必要があります。ここでは、セメントモルタルを使った後張り工法について解説します

 

Pointは、

①張付けモルタル(タイルを張るためのセメントモルタル)を壁面に塗布するのか、タイル裏面に塗布するのか、あるいは両方に塗布するのかに着目

●壁面に塗布 → 密着張り、モザイクタイル張り

●タイル裏面に塗布 → 改良積上げ張り、マスク張り

●両面に塗布 → 改良圧着張り

 

②タイルの張付け手順(上から下or下から上)に着目

●上から下 → 密着張り(1段おき)、改良圧着張り

●下から上 → 改良積上げ張り(下から上へ積上げる)
施工第5回20
https://youtu.be/5C1ov_yVuhc









こんにちはセイタです

せいた
気づけば2級建築士の学科試験まで、ちょうど残り2ヶ月、1級は3ヶ月を切りましたね

ちなみに、2級の設計製図試験の課題発表は、あと1ヶ月ほどです

世間はGWですが、気を引き締めて頑張りましょう


 

さて「動画de二級学科」、第13回目です。

今回から科目は「施工」になります。

 

<今週の講義>施工:試験によく出る「枠組足場・単管足場」のポイント

二級の試験では、仮設工事の問題は、必ず毎年1問出題されます。仮設工事の問題は、細かい数値が問われることも多く、中でも枠組足場、単管足場は出題の中心となります。

 

Pointは、

①各足場の違い・特徴を図や写真で知る。

②覚えにくい数値は語呂合わせなどを使って覚えよう

今回は、試験でよく出る「壁つなぎの間隔」についての語呂合わせをご紹介しています
施工第1回20
https://youtu.be/99bw1pKHt4I


<過去の本試験では>

①高さが12mの枠組足場における壁つなぎの間隔は、垂直方向を9m、水平方向を8mとした。

②単管足場における壁つなぎの間隔は、垂直方向5.5m、水平方向5mとした。




 

 

①正

②誤:水平5.5m以下、垂直5m以下








こんにちはセイタです
せいた
いよいよ、二級建築士では明日から受付会場での受験申込がスタートしますね

建築技術教育普及センターのHPをよく確認して、忘れずにお申込みください
 

さて「動画de二級学科」、第11回目です。

「法規」の中でも、今回は、木造の壁量計算、容積率についてです。

 

<今週の前半>法規:建築基準法 試験によく出る令46条(木造の壁量計算)

二級の試験では、構造強度の分野でも、木造に関しては毎年ほぼ1問出題されており、中でも壁量の計算問題は、過去10年では5回も出題されています。

決して難しくはないので、この類の問題には慣れて必ず解けるようにしましょう

 

Pointは、

①張間方向、けた行方向、別々に、壁の種類ごとに、46条4項表1から正確に壁倍率を拾い出す

②壁倍率=(壁の種類による倍率)+(筋かいの倍率)

③実際の軸組み長さに、②で求めた壁倍率を乗じたものの合計が「構造耐力上有効な軸組の長さ」

 

法規第5回20
https://youtu.be/CmXYeJZK_8U 
 


<今週の後半>法規:試験によく出る容積率

容積率を求める計算問題は、毎年ほぼ1問出題されます

今回の解説にあるような、「敷地が2つの用途地域にまたがる場合」の容積率の考え方は必ずマスターしましょう

 

Pointは、

①容積率は、前面道路幅員に関係するため、「指定容積率」と「全面道路幅員による容積率」のいずれか厳しい値を使って算定する。

②敷地が2以上の用途地域にわたる場合の容積率の算定は、それぞれの地域ごとに延べ面積の最大限度を求め、最後に足し合わせる(法52条7項)。

③前面道路幅員は、接する敷地の最大幅員の道路を採用する。

④③の道路幅員に乗じる数値は、住居系の用途地域の建築物=4/10、その他の用途地域の建築物=6/10は覚えてしまおう

 

法規第6回20
https://youtu.be/8XQJyOKM-34 

容積率については、この他にも、法52条3項、6項、8項、9項の緩和規定を押さえておきましょう







↑このページのトップヘ