TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

2級建築士

本日、2019年一級建築士学科本試験の合格発表がありました。

【実受験者数】25,132人(昨年25,878人
【合格者数】  5,729人 (昨年4,742人
【合格率】    22.8%  (昨年18.3%

合格基準点は、各科目過半、総得点97点でした。総得点97点は過去最も高かった平成21年と同じ基準点になります。
合格率は、平成18年以降で最も高い合格率となりました。
昨年よりも受験者数は微減、合格者数は1,000人弱増加しています。

さて、合格した皆様本当におめでとうございます
製図試験まで残り1か月少し、このまま合格を目指して頑張ってください
また、残念な結果となってしまった皆さま、この悔しい気持ちを忘れずに気持ちを新たにして次年度に向けて頑張りましょう


〇●お知らせ●〇

9月末日まで早割キャンペーン第一弾を実施中です。

【対象コース 一級・二級総合学科本科、一級・二級学科本科、一級上級パック】
 さらにモバイル問題集「快速スタディ」で今から問題集の実施可能!
 一級・二級総合学科本科にお申込みの方はWebで「力学基礎講義」を先行して視聴可能!

「無料セミナー」最新!法改正情報と法令集の活用法(参加無料・予約不要)
令和2年本試験の出題対象となる最新の法改正情報と法令集の活用法を講師が解説します。
 <開催日時>※60分程度を予定しています。
 ●9/23(月・祝)11:00~新宿校
 ●9/25(水)19:00~水道橋校
 <各校の地図はこちら→

一級試験を受ける方に役立つ動画配信中!

seita2
こんにちは、二級講師のセイタです。
本日、2019年二級建築士学科本試験の合格発表がありました。


 ●学科試験(合格発表:8/27)
 【実受験者数】19,389人(19,557人)
 【合格者数】  8,143人( 7,366人)
 【合格率】    42.0%(  37.7%)

 ※( )内は昨年の数字です。

合格基準点は、各科目、総合点ともにTACが試験後に推定したとおり、各科目13点、総合点60点でした。
合格率は、直近3年の中では一番高い合格率となりました。
昨年よりも受験者数は微減、合格者数は800人弱増加しているので、設計製図試験の方で合格者数が絞られるのではと予想できます。(合格者の方、気合いを入れましょう
速報ですが、私、セイタが教えた渋谷校では受験番号判明者のうち83%が合格しています

各問題の正解番号→
合格基準点→

さて、合格した皆様本当におめでとうございます
製図試験まで残り3週間を切りましたが、このまま一発合格を目指して頑張ってください
また、残念な結果に終わった皆さま、この悔しい気持ちを忘れずに気持ちを新たにして次年度に向けて頑張りましょう




〇●お知らせ●〇

9月末日まで早割キャンペーン第一弾を実施中です。

【対象コース 一級・二級総合学科本科、一級・二級学科本科、一級上級パック】
 さらにモバイル問題集「快速スタディ」で今から問題集の実施可能
 一級・二級総合学科本科にお申込みの方はWebで「力学基礎講義」を先行して視聴可能


二級試験を受ける方に役立つ動画配信中!

こんにちは、セイタですせいた
2級建築士「梅田校」ライブ中継クラス、
昨年より開講しまして、好評につき今年も2月からスタートします
つきましては、今週末、1/26(土)に梅田校で無料公開セミナーを開きます


【無料公開セミナー概要】予約不要・参加無料
 タイトル:二級建築士 学科・製図 一発合格のコツを伝授!
 ◆実施日時:1/26(土)11:00~12:00
 ◆会場:TAC梅田校(地図はこちら→
 ◆参加特典:入会金(¥10,000)免除券


■無料公開セミナーについて
当日は私、清田が梅田校に伺ってお話します
「どうすれば合格できるのか?」「効率的な学習方法は?」など、
学科と製図について「合格への近道」についてお話します。


■「梅田校」ライブ中継クラスについて
・渋谷校とまったく同じ講義を梅田校でも受けられます!
・質問があればメールで通常2、3日、遅くても1週間以内に回答します。
・関西地区の方へ、私の講義をタイムリーにお届けしたいと思います。
・ここだけの話、昨年の梅田校ライブ中継クラスの学科合格率は100%、全員合格でした

 ぜひ、お気軽に梅田校へお越しください




こんにちは、セイタですせいた

2級建築士の受験生皆様、大変お待たせいたしました。
平成30年版TAC建築基準関係法令集の線引きデータ(2級用)をアップいたしました

近年の2級の出題に沿って、1級の膨大な線引き量を減らし、
さらに2級だけに出題される箇所は追加しており、完全に2級建築士用にカスタマイズしてあります
インデックスシールも2級用を見て貼ってください。

① 建築基準法
② 建築基準法施行令、施行規則
③ その他関係法令

リンクはこちら
 
     なお、線引きには、こすると消える下記のPILOT FRIXION(フリクション)がお奨めです。

    ① オレンジマーカー
    ② イエローマーカー
    ③ ピンクマーカー
    ④ ソフトブルーマーカー
    ⑤ オレンジ0.5mm(下線用)
    ⑥ ライトブルー0.5mm(下線用)

    この6種(4色)をご用意ください。

    オレンジは、ポイントにマークする基本色
    ピンクは、用語の定義
    ブルーは、但書きや除外規定
    イエローは、法と令の関連等

    という意味合いで線引きをしています。

    やり方は、線引きPDFデータをタブレットやスマホで開いて見ながら、自分の法令集にコピーしましょう。
    フリーハンドで構いません

    年末年始のまとまった時間のとれる時に、しっかり終わらせておいて下さい 




    こんちにはセイタですせいた

    本日、公益財団法人 建築技術教育普及センターより、
    平成30年の二級建築士 設計製図試験の合格発表がありました。
    また、9月6日に発生した地震の影響で2ヶ月ほど延期となった「北海道地区」の合格発表も同時に公表されました。

    合格された皆様、本当におめでとうございます


    〇製図実受験者数 10,920人

    〇合格者      5,997人

    〇合格率      54.9%


    ランクⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのそれぞれの割合は次のとおりで、「ランクⅠ」のみが合格となります。

    ランクⅠ:54.9%(合格)

    ランクⅡ:14.5%

    ランクⅢ:24.2%

    ランクⅣ:6.4%



    結果は、ほぼ例年通りの合格率でした。

    ただ、上記のランクⅣに注目すると、昨年に続いてランクⅣ該当者(失格項目該当者)が非常に少なく、「ほとんどの受験生が大きな条件違反なく、作図まで完成させた」ということが読み取れます。

    つまり、昨年に続いて、今年の設計製図試験も「多くの完成図面の中からの合格者の選抜=高い完成度が求められた試験であった」ことが数値からも分かります。

    また、サプライズ条件の「延焼ライン、防火設備の記入及び防火区画」については、多くの受験生がつまづいた所でしょう。
    どうしてもこの部分にだけ注目しがちですが、実は「ほとんどの受験生ができていない=この部分では大きな差はつかない」ということになります。
    実際、公表された、合否判定の採点ポイントにも「延焼ライン、防火設備、防火区画」については一切記載がありません

    合否の分かれ目は、それ以外のところで大きな条件違反、RC造としての構造的な違反がなく、また要求事項の計画漏れが少ない、作図表現のよい図面をしっかり描けたか否か だと考えられます。



    TACでは来年度も、さらに多くの合格者を輩出できるよう我々も努力を継続していく所存です
    また、今回残念な結果に終わった皆様、気持ちを新たに次年度に向けてがんばりましょう





    TACでは来年の二級建築士設計製図試験に向けて
    早めのスタートを切っていただくための「設計早期コース」を2月から開講します


    講座の詳細は、
    こちらのリンクからご覧ください


    来年は木造課題の可能性が非常に高いです
    今年RC造の勉強をされた方にとって、木造は全くの未知の世界だと思います
    一息ついたら、来年の設計製図試験に向けて早めのスタートを切り、他の受験生に差をつけましょう

    TACではがんばる受験生を精一杯応援いたします











    ↑このページのトップヘ