TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

30㎝

井澤ですいざわ

■問題1
吊り足場の作業床については、幅を30cmとし、かつ、隙間がないように設置した。(一級施工:平成17No.6)
■問題2
スレートで葺かれた屋根の上の作業において、踏み抜きによる墜落の防止措置として、幅30㎝の歩み板を設け、防網を張った。(一級施工:平成19No.6)


問題1はNo.235の復習ですね。
――――――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 誤。作業床の幅は、40㎝以上とする。隙間がないように設置したのは正。
 問題2 正。

―――――ポイント:作業床の幅、歩み板の幅―――――
■足場の作業床の幅
 ・40㎝以上(単管足場、枠組足場、吊り足場とも)
■スレート、木毛板で葺かれた屋根の歩み板の幅
 ・30㎝以上
――――――――――――――――――――――――――
sagyouyuka

井澤ですいざわ

問題1
鉄筋は、角材により地面から10㎝以上離して置いた。
(一級施工:平成10No.3)

■問題2
左官工事に使用するセメントについては、床を30cm以上高くした倉庫に湿気を防ぐ状態で保管した。
(一級施工:平成17No.4)

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2ともに正

―――――――――ポイント―――――――――
■鉄筋
 角材により地面から10以上離して保管
■セメント
 床を地面から30以上高くした倉庫に保管
――――――――――――――――――――――
reinforcement
 

↑このページのトップヘ