TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

RC

井澤ですいざわ

■問題1
プレキャストコンクリート柱・梁部材は、国土交通大臣が定めた構造方法による場合、鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さを3㎝未満とすることができる。(一級構造:平成23No.30
■問題2
鉄骨鉄筋コンクリート構造において、鉄骨に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐火性、耐久性等を確保するとともに、鉄骨と鉄筋の納まりやコンクリートの充填性に配慮して決定する。(一級構造:平成18No.14
■問題3
鉄骨鉄筋コンクリート構造において、梁鉄骨に対するコンクリートのかぶり厚さを、主筋やあばら筋の納まりを考慮して150㎜とした。(一級構造:平成19No.14

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1、2、3ともに正。
――――――――――――――――――――――

■プレキャストコンクリート造(PCa造)のかぶり厚さ
 PCa造のかぶり厚さは、原則としてRC造と一緒ですが、国土交通大臣が定めた構造方法による場合、最小かぶり厚さ3㎝未満とすることができます。

■SRC造のかぶり厚さ
 問題2と3は同じ内容です。
 「鉄筋」ではなく、「鉄骨」に対するかぶり厚さであることに注意してください!
 「鉄骨」に対するかぶり厚さは、「耐火性、耐久性等を確保する」ためには、建築基準法施行令79条の3で定められた最低50㎜でよいのですが、「鉄骨と鉄筋の納まりやコンクリートの充填性に配慮」すると、一般に150㎜程度は必要になります。

――――――――――――――――――――――
それではポイントです。
RC造とともに比較整理しました。

ポイント
:かぶり厚さ

構造種別

最小かぶり厚さ

RC造
(計画供用期間「標準」、屋内側の場合)

柱・梁・耐力壁

30㎜以上

床スラブ・屋根スラブ

20㎜以上

PCa造の柱・梁

原則はRC造と一緒だが、国土交通大臣が定めた構造方法による場合、最小かぶり厚さ3㎝未満とすることができる

SRC造

79条の3では最低50㎜だが、「鉄骨と鉄筋の納まりやコンクリートの充填性に配慮」すると、一般に150㎜程度は必要。


■RC造の
最小かぶり厚さについての詳細は、No.263(最小かぶり厚さ)を参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/46423138.html

最小かぶり厚さ設計かぶり厚さについての詳細は、No.262(設計かぶり厚さ)を参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/46404775.html
・RC造 → 設計かぶり厚さ=最小かぶり厚さ+10㎜以上
・PCa造 → 設計かぶり厚さ=最小かぶり厚さ+5㎜以上

こんにちは。講師のセイタですせいた

いよいよTACでは今度の土日(7/18、19)から、
2級建築士 設計製図の教室講座が開講します


初回の講義では、今年の課題の特徴や、学習のポイント、
そして、製図がはじめての方への製図用具の使い方、作図の仕方など、製図の初歩から丁寧に講義します

ですので、「製図やったことないんでとっても不安です・・・」という方もご安心ください。


そしてTACでは、まだお申込を迷われている方のために、
初回の講義については、なんとまる1日「無料で」体験することができます

予約不要、参加無料ですので、ぜひお気軽にご参加ください。
TACオリジナル課題のプレゼント、入会金免除などなど参加者特典もあります)


ただし、製図用具のお貸し出しはしておりませんので、
製図用具一式は必ずご持参くださいね。

ちなみに、今年は私は「八重洲校」の講師をします!
今年も昨年につづき、高い合格率を目指します。一緒にがんばりましょう!



●八重洲校  :7/18(土)9:30~17:30(休憩1時間を含む)

●渋谷校   :7/19(日)9:30~17:30(休憩1時間を含む)



↑このページのトップヘ