TAC建築士講師室ブログ

TAC建築士講座の講師・スタッフのブログです。

SRC造

井澤ですいざわ

■問題1
大梁の終局せん断強度は、鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分のそれぞれについて計算した終局せん断強度の和とした。(一級構造:平成24No.19
■問題2
部材の終局せん断耐力は、鉄骨部分と鉄筋コンクリート部分において、それぞれの「曲げで決まる耐力」と「せん断で決まる耐力」のいずれか小さいほうの耐力を求め、それらの耐力の和とすることができる。(一級構造:平成22No.19

――――――――――――――――――――――
■解答
問題1、2ともに正。問題1の「終局せん断強度」と問題2の「終局せん断耐力」は同じものです。
問題1は、前回のNo.373でも扱いました。「終局耐力」については、「曲げモーメント」であれ「軸力」であれ「せん断力」であれ、累加強度式で算定できますので、問題1は正です。
問題2は、問題1の内容をさらに掘り下げたものです。
―――――――――――――――――――――

■問題1の内容は次のとおりです。
(終局せん断耐力)=(Sの終局せん断耐力)+(RCの終局せん断耐力)

■問題2は、問題1に加えて、右辺の(Sの終局せん断耐力)をどうやって求めるか?
同じく右辺の(RCの終局せん断耐力)をどうやって求めるか?
という論点が加わっているのです。

(Sの終局せん断耐力)であれ、(RCの終局せん断耐力)であれ、
「曲げで決まる耐力」と「せん断で決まる耐力」のいずれか小さいほうの耐力とします。
図示すると次のとおりです。

SRC sendan

せん断力には、「純粋なせん断力」だけでなく、「曲げモーメントによって決まってくるせん断力」があります。
後者は、ズバリ次の式から算出されるせん断力です。力学で見たことがあるはずです。
Q&M
「純粋なせん断力」と「曲げモーメントによって決まってくるせん断力」のいずれか小さいほうまでしか耐えられませんので、
(Sの終局せん断耐力)、(RCの終局せん断耐力)ともに、それぞれの「曲げで決まる耐力」と「せん断で決まる耐力」のいずれか小さいほうの耐力を求めます。
そして最後に次の累加強度式で足し合わせるのです。
(終局せん断耐力)=(Sの終局せん断耐力)+(RCの終局せん断耐力)

井澤ですいざわ

学科試験に合格された方、本当におめでとうございます。今年は特に狭き門でしたので喜びもひとしおのことと思います。
残念だった方、この悔しさを忘れずに、少しずつ一歩ずつでも良いので来年に向けて歩み始めましょう。このブログがそのきっかけになれば幸いです。

■問題1
鉄骨鉄筋コンクリート構造において、柱梁接合部における帯筋は、一般に、鉄骨梁ウェブを貫通させて配筋する。(一級構造:平成18No.14
■問題2
鉄骨鉄筋コンクリート構造の柱・梁接合部において、梁の主筋が柱の鉄骨フランジに当たったので、貫通孔をあけて鉄筋を通した。(一級構造:平成5年No.14

――――――――――――――――――――――
■解答
 問題1 正。
 問題2 誤。鉄骨フランジに貫通孔を設けるのは不可。
――――――――――――――――――――――

さっそくポイントです。

―――
ポイント:SRC造の鉄筋貫通孔――
■鉄骨ウェブ鉄筋貫通孔を設けるのは「
■鉄骨フランジ鉄筋貫通孔を設けるのは「不可
――――――――――――――――――――――
SRC_reinforcement_hole

■ウェブについて
鉄骨ウェブはせん断力を負担します。
せん断耐力は、曲げ降伏先行のために余裕を持たせているため、影響のない範囲で鉄筋貫通孔が許容されています。
鉄骨梁のウェブにダクト貫通孔が設けられているのを見たことがある人も多いと思います。このようにウェブへの孔あけは許容されているのです。

■フランジについて
鉄骨フランジは曲げモーメントを負担します。
その断面欠損は、全塑性モーメントの低下に直結します。

――――――――――――――――――――
関連する内容として、No.359(曲げモーメント負担・せん断力負担)もぜひ参照してください。
http://kentikushi-blog.tac-school.co.jp/archives/48248069.html

↑このページのトップヘ